パーゴラを作る(1)

かあさんがハーブ園に作り上げようとしている畑、4ブロックに分かれ、それぞれが石で囲まれているが、その中央十字路にパーゴラを建てるというので、自称素人大工こと、屋久島のショーンコネリーさんに頼み、設計図を書いてもらいました。その設計図に基づき、プレカットした材木(防虫防腐材を注入した木材)をオーダーしたのが、畑に届きました。
画像











パーゴラとは庭に蔓バラなどを這わすためのアーチの骨組みのようなものですが、ここに作るのは半端な大きさではありません。3.6m四方の正方形に高さ2.6mの柱を立てて木材で囲うでかいものです。まったくかあさんの道楽もここまできたかというところです(>_<)
設計図に基づいてプレカットしているので、土台を作って組み立てればいいようになっています。プレカットは設計図に従ってコンピュータで材木をカットしたり穴あけをしたりしてある材料です。設計図通りにカットされているので狂いはありません。
画像












この材料を使って、またまた友達に手伝ってもらって(というか、ほとんどやってもらうのですが)、パーゴラを建てます。
パーゴラのほかに畑の入り口にはエントランスアーチという三角屋根のアーチも建てる予定です。いったいどうなる事やら・・・

この石台(束石)を地中に埋め込んで、4寸の柱を立てます。
画像










まずは、土台作りから始めます。束石を地中に埋めて、コンクリートで固めまなくてはなりません。
工事の進捗に従ってまたこのブログにアップさせていただきます。



"パーゴラを作る(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント