豆太とチョロが混合ワクチン注射


我が家にいる2頭の犬、柴犬系雑種の豆太と甲斐犬系雑種のチョロ、今年は屋久島も例年より蒸し暑く初めての屋久島の夏は辛そうである。
そんな厳しい中さらに彼らに追い打ち、ワクチン注射の通知が来た。暑くて疲れている中気の毒だが、2頭を連れて動物病院に行った。
写真は尾之間にある動物病院。
画像








今年の3月に屋久島にやって来たチョロは4月に狂犬病の注射をして以来の注射で、屋久島では初めてのワクチン注射である。
診察台に乗ったチョロは大人しく、獣医さんの注射にも全く抵抗なし、良い子でした
(^^)
画像

画像

画像








この後豆太も病院に入れようとするが何をされるかを察知しているのだろうか、抵抗する。
画像









それでも何とか豆太もワクチンを打ち終わり、2頭を病院前の日陰で少し休ませた。2頭ともハーハーと下を出し、心臓はバクバク状態であった。少し落ち着かせてから家に戻った。
画像









犬のワクチン注射は年に1度だが、費用は1頭当たり7,000円かなりの出費である。
この日は2頭分で14,000円、さらに2頭のフィラリア予防薬3ヶ月分と合わせて22,000円の大幅な出費となった。犬も飼うにはかなりの出費が伴うのだ。
狂犬病注射や、ワクチン注射それにフィラリア予防は飼い主の義務だから致し方ないですね。

"豆太とチョロが混合ワクチン注射" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント