久しぶりに感動した、やくしま森祭り


10月19日の土曜日、「屋久島総合自然公園」で「第8回 やくしま森祭り」が行われた。
「やくしま森祭り」はシンガーソングライターの池田綾子さんが屋久島の自然に感動し、屋久島の自然の中で音楽祭をやってみたいとの発想から生まれたものです。第1回は2006年に行われました。
毎年10月の満月の日に行われるこのイベント、私たち夫婦は第1回から第3回までは参加したのですが、ここ数年足が遠のいていました。
今回私が行ってみようと思ったのは、何といっても今回は歌手の岩崎宏美さんが出演することを知ったからでした。あまり音楽に興味も知識もない私ですが、昔聞いた岩崎宏美さんの美しい澄んだ歌声だけは耳と心に残っていたからですかね。
画像

画像









開演は夕方6時ですが、5時過ぎのシャトルバスに乗って開演40分ほど前に会場である屋久島総合自然公園に到着。
会場となる広場にある野外舞台に向かって公園の中を参加者が次から次へと歩く。
広場にはキャンドルを点灯するための容器があっちこっちに立てられています。
画像

画像









午後6時開演です。司会者が開演を知らせます。雨模様にもかかわらず、いつの間にか会場には多くの参加者が集まってきていました。
画像

画像









開演と同時に会場に準備された2000本のキャンドルが一斉に点灯されました。
参加者も主催者側と一緒になって2000本のキャンドルに次から次へと火を付けていきます。
画像

画像









舞台にもキャンドルがつけられました。
画像

画像








暗くなってきました。
会場内は2000本のキャンドルが点灯され、幻想的な風景になりました。
画像

画像

画像









この後、歌は池田綾子さんと岩崎宏美さん、ピアノは塩谷哲さん、チェロが溝口肇さんなど一流のアーチストが屋久島の夜空に向かって素晴らしい音楽を聞かせてくれました。残念ながら満月は拝めなかったけれど、それにも増した素晴らしい音の競演でした。
真っ暗な中フラッシュは使えないので、写真がボケてしまいましたが、雰囲気だけお伝えできればと載せました。
画像

画像

画像









終わってから家に帰ったのが夜10時半ごろ、見上げるとしっかりと満月が見下ろしていました。同じ屋久島でも南と北ではかなり天気が違います。会場は時折雨が降るなど悪天候でしたが、南の平内ではこうしてお月さまが拝めるわけです。
画像








で、久しぶりにこのやくしま森祭りに参加して本当に良かったと思っています。
会場は標高が高い場所なのでこの時期かなり寒いのが普通だが、この日は雨模様のためか思ったより寒くなくそれほど寒くなかったのは幸であった。
お目当てだった岩崎宏美さんの歌は本当に素晴らしかった。生で聞いた彼女の美しい歌声は予想通り、いやそれ以上に感激ものでした。きっと彼女も屋久島の自然の中でいつも以上のオーラが出ていたのではないでしょうか。
全部で何曲歌ってくれたでしょうか、どの歌も心に響き、久しぶりに涙が出るほど感動出来ました。

"久しぶりに感動した、やくしま森祭り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント