狂い生りのパッションフルーツ


狂い咲きと言う言葉はあるが狂い生りと言う言葉は聞いたことがない。しかし我が家のパッションフルーツ、今年は間違いなく狂い生りである。
もちろん、狂い生りの前には時計草の花の狂い咲きがあったことは事実なのだが。
ご覧の通り鈴生りである。
画像

画像








時期外れなのだが決して小さい実ではなく立派な実なのだ。
画像

画像








そして赤く熟しているものもある。これはもう食べられそうだ。
画像








折角なので熟したものは収穫して食べている。夏に採れるものよりも中身が若干少ないがそれでも十分に食べられる。
一番美味しい食べ方は何といってもバニラアイスクリームにのせて食べる食べ方だ。アイスクリームの甘さと、パッションフルーツの酸味がベストマッチである。

"狂い生りのパッションフルーツ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント