タンカンの第一陣が届く


2月に入り屋久島南部では通称「タンカン千切り(チギリ)」と呼ばれるタンカンの収穫が始まった。今年は通年より早めである。
毎年2月には家族、友人、知人にタンカンを箱詰めにして送るのが私たち夫婦の習慣となっている。以前は我が家の畑でもタンカンの木がたくさんあり、そこで千切ったタンカンを送っていたのだが、今はタンカンの木も3本になってしまい、新たに植えた苗木はまだ幼木で多くの実は生らない。とても全員に送る量は我が家のタンカンだけでは確保できない。そこでここ何年かはタンカン農家の方から分けてもらっている。
その第一陣が届けられた。
今年のタンカンはやや小ぶりである。聞くと昨年の10月~12月あたり、タンカンの実が成長する時に雨量が少なかったのが原因らしい。
画像







今回届いたのは全部で11キャリー。キャリーとはタンカンを収穫して入れて運ぶための黄色い箱のことで、一つのキャリーで通常20kgのタンカンを運ぶ。
11キャリーなので有に200kg以上はある。
画像

画像







タンカンの実を見ると小ぶりだが艶もあって美味しそう(^^)
画像

画像







この第一陣に加えて我が家のタンカンも追加しなければならない。近日中に我が家のタンカンも千切らなければならない。
ついこの前までは遅採りのポンカンをいただいていた。しかしこれからはやはりタンカンが主役になるのである。
タンカンはポンカンと違い皮を剥くのが難しく嫌がる人もいるが、外皮が付いたまま2つか4つに手で切り分けてから皮を剥くのがコツである。

"タンカンの第一陣が届く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント