早くもパッションフルーツの実が


つい先日花が咲き始めたと記事にした我が家のパッションフルーツの木、ふと見たら何ともう青い実が生っているではないか。花が咲き始めたばかりだというのにちょっとビックリ。
葉っぱの中から顔を出している青い実。
画像

画像






棚全体は青々とした葉っぱと蔓で覆われている。そんな中で既に咲き終わり萎んだ花も目立つ。
画像







棚の内側に入って見上げてみると、そこにも既にいくつかの実があった。
画像

画像







生っている実を見て気がついたのだが、実の形が去年のモノよりも少し長細いような気がする。実はパッションの木は2カ所に植えてあるのだが、今年は南側の木が元気でそれが実を付けているらしい。らしいというのは、棚の中で蔓(枝)が複雑に絡み合っていてどっちの木の実か判別不能なのだ。
まだ人工受紛はしていないのにこれだけ実を付けたということは、今年も豊作?になるに違いない。
画像







つこの前まで前年に生った実を収穫して食べていたのに、もう1ヶ月もすれば今度は新しい実を食べられる。
パッションは本当に手が掛からず気軽に育てられるフルーツなのだ。

"早くもパッションフルーツの実が" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント