幸志郎のゴールデンウィーク


ゴールデンウィークも後半に入った3日、東京に住む孫の幸志郎が屋久島にやって来た。今回は娘の勤めの都合から4泊5日と短い滞在である。
最終便の飛行機が屋久島空港に着いた。
画像

画像






この日の鹿児島―屋久島最終便の飛行機は到着時刻が20分ほど遅れ、17時30分着の予定が17時50分ごろになってしまった。空港に迎えに入っていた私は空港で20分ほど時間潰し。
画像







4月にかあさんが同じ便で帰ってきたとき、乗客はかあさんたった一人であったが連休中の今回は70席が満席状態であった。
飛行機が着いていち早く幸志郎が走ってきた。年末に遊びに来ていたのでたった4カ月ぶりなのだが、少し男の子らしく成長してきたかのように見えたのはひいき目であろうか。
画像







翌朝家の前を走り回る幸志郎の姿があった。もう何回も来ているので勝手がわかっているのである。
画像







普段は保育園で過ごす幸志郎、短い時間ではあるが、屋久島でのびのびと過ごしてほしいものだ。
画像







屋久島の晴れた空を眺めながら何を想っているのだろうか。
画像






もうじき5歳を向かえる幸志郎、この春からは保育園も年中組となった。下に年少組があるので時にはお兄ちゃん役を務めることもあるという。少しづつだが男の子として自立しつつある。歳をとってくると孫の成長は何よりの楽しみである。

"幸志郎のゴールデンウィーク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント