気持ち悪いキノコが芝生に


梅雨どきで湿度が高い屋久島、我が家の庭の芝生の上に何やら不気味なものが生えてきた。どうやらキノコらしいが、名前がわからない。
白くてヒョロヒョロとモヤシのように伸びている。しかも、芝生の一部に固まって生えている。どうして、この部分だけなのか不思議ではある。
画像

画像






この芝生では他のキノコが生えることもある。何故だろうかと考えた。
我が家の芝生、最近はほとんど手入れをしていないが、数年前に目土を大量に入れたことがある。関東からはるばる運んだ目土であったが、もしかしたらその中に菌が入っていたのかもしれない。
今回の白くて細いキノコ、ちょっと気持ち悪い感じがするキノコである。
画像

画像






ネットで調べてみたら、意外にも直ぐ見つかった。
名前はシロソウメンタケ(白素麺茸)だそうだ。白い素麺をイメージしているらしいが、私にはソーメンには見えない(笑)
画像

画像

画像





しかもこのキノコは毒ではないらしい。一応食菌らしい。ただ、食べてもお世辞にも美味しいとは言えないらしい。
もちろん、私は食べるき気など毛頭ない(笑)

"気持ち悪いキノコが芝生に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント