このパッションフルーツの実はブラジル産か?


こんなに涼しくなったのに庭の棚でまだトケイソウが花を咲かせている。数は少ないが毎日のように花を見る。一日花なので花はその日のうちに終わりますから毎日見るということは毎日新しい花が咲いているということですね。
この日も一厘の花が咲いていました。
画像

画像



秋になってからトータルはかなりの数の花が咲いたのですが実は一つも生りません。
実は植えてあるトケイソウは2種類あり一つは屋久島産、もう一つは詩吟の師匠がブラジルから持ち帰った種から育てたものです。もし後者だったら実の中身が黄色いと聞いているので生ったら嬉しいのですが・・・
で、棚の下で1個の実を偶然見つけました。「あれっ、生っていたんだ」。まだ青い実でしたが先日来の台風で落とされたものと判断しました。
真ん丸の実だったのでもしかしたらブラジル産か?と興味が湧いたので切ってみました。
画像


しかし未熟だったので中はご覧の通りスカスカ、これから種が出来始めるところだったんですね。これでは屋久島産かブラジル産か判断が付きません。残念!
画像



ブラジル産は実生なので花が咲いても実が生らないのかもしれないとは薄々思っていたのですが。これはもしかしたらブラジル産かもしれません。来年に向けて楽しみが一つ増えました(^^)

"このパッションフルーツの実はブラジル産か?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント