ドラゴンフルーツが10日間で変化


西側に植えてあるドラゴンフルーツに蕾が出来たことは先日の記事でお伝えしました。
北海道旅行のため屋久島を出たのが6月28日、ちょうどその日の朝花が咲いていました。雨が降っていたので花は開き切れない状態でした。雨水で花弁が重たくなり開きたくても開けなかったのでしょうかね。
IMG_3848.jpg




一番天辺では真上に向かってこれから咲き始めるところですが中に水が溜まってしまいそうでした。
IMG_3849.jpg
IMG_3846.jpg




一方中間あたりではもう咲き切った花がすでに萎んでいました。雨に打たれたのでしっかり開かないうちに萎んだのでしょう。ちょっと気の毒な感じです。
果たして受粉は出来たのでしょうか?
IMG_3847.jpg
IMG_3850.jpg



あれから10日余り、旅行から帰ってみたら見事に結実していました。ラッキーです
(^^)
まずは天辺に咲いていたのがこんな実になっていました。すでに花びらは落下したようで丸く太った実だけがしっかりと生っていました。
IMG_4249.jpg




一方中間あたりで萎んでいた花もちゃんと実になっていましたよ。花は開き切れなかったけれど萎んだお陰?で中で受粉したのかもしれません。
すでに小さなアリが甘い果汁を狙って群がっていました。
IMG_4250.jpg
IMG_4251.jpg



さらに出かける前は小さな蕾だったものが花になりもう受粉も済んだようで花房のあたりが膨らんで実になろうとしていましたよ。これもラッキーです。
IMG_4252.jpg


旅行に行っている間の10日間ほどでこんなにも変化があったんです。これで3個の実は収穫できそうです。
これからもまた花芽が出るかもしれませんから楽しみにしています。夏休みにやって来るであろう孫たちに食べさせたいな(笑)



"ドラゴンフルーツが10日間で変化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント