珍しい、屋久島で柿の実が



最初見たときはまたカラスウリの実かと思いました。
県道の平内集落と小島集落の境くらいにブーゲンビリアが大量に咲いている場所があります。その紫色のブーゲンビリアの花の上に柿色の実がたくさん生っています。
てっきり木に絡みついたカラスウリに実だと勘違い、よくみると柿の実であることに間違いありません。
IMG_5283.jpg
IMG_5293.jpg



屋久島では柿の実いや柿の木すら珍しいです。しかもこんなにたくさん生っているではありませんか。まあ渋柿でしょうけどね。
IMG_5284.JPG
IMG_5288.JPG



それにしてもブーゲンビリアの紫と柿の実の橙、素晴らしいコントラストです。屋久島ならではの組み合わせですね(笑)
IMG_5290.JPG


柿は渋柿でもヘタに焼酎をかけておけば甘くなるので食べられます。でもこの柿の木の持ち主は収穫する気は無さそうです。きっとヒヨドリなどの鳥の餌になるのでしょうかね。もったいない!




"珍しい、屋久島で柿の実が" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント