リンゴツバキ(屋久島ツバキ)の実



近所にリンゴツバキの大きな木がありました。リンゴツバキにはこぶし大の大きな実が生ります。別名をヤクシマツバキ(屋久島椿)と言います。いや正確にはヤクシマツバキが正式名でリンゴツバキが別名かもしれません。
リンゴツバキの実はその名の通り生った時は青(緑)色ですが熟すにつれ赤くなっていきます。
この写真がリンゴツバキの大木です。実はもう茶色くなり割れていますがまだ木に付いているのが見えています。
IMG_8210.jpg



こんなに硬くて大きな実がパックリと割れて種子が外に飛び出したのでしょうね。
IMG_8211.JPG
IMG_8213.jpg



下を見たら落ちた実が転がっていました。やっぱり大きな実です。
IMG_8215.jpg
IMG_8214.jpg


屋久島に自生している椿の木の多くがこのリンゴツバキです。熟した時の実は正に林檎のようで美味しそうに見えます。でも残念なことに食べることは出来ません(><)




"リンゴツバキ(屋久島ツバキ)の実" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント