テーマ:植物

復活グアバ、ゴムの木は死なず、クズは最強

台風で倒れたグアバの木をおこして真っ直ぐに立てた。根元から倒されたので根が浮いてしまっていた。後ろにあるケタンキの幹に紐を繋ぎグアバを支えた。何とか立ったが少し心もとない。非常に強い次の台風21号が近づいてきている。果たしてどうなるか。 実はこのグワバにはすでに実がいっぱい生っているtので何とか助けたいのだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活した庭の木々

一時台風の塩害で葉っぱが枯れてしまった我が家の庭の植物たち、どうなるかと思っていたらちゃんと復活してきました。そう簡単には枯れないのです。植物は復活力もちゃんと備えていました。 屋久島はここのところ雨が多くお日様が顔を出しません。そんな雨が木々の復活に力を貸したのかもしれません。家の庭ではほとんどの木々の葉が青さを戻しています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変わった花の数々

先日知り合いの畑に案内してもらった時、その周囲に植えてある名前の知らない木々に花が咲いていたので写真を撮ってきました。この知人は変わった植物が大好きでいろいろと植栽しているんです。 ほとんどが熱帯地方が原産の木々だそうです。花がとっても変わっていますのでご覧下さい。 まずはこちら、木には葉が全く付いていません。ピンク色と紫色の中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪に耐えた植物

先日の雪で我が家の庭でも多くの植物が霜枯れ状態になってしまったことは先日記事にしましたが、裏の畑などの植物たちはどうなっているでしょうか。裏の畑を見てきました。畑と言ってもほとんど手入れをしていないので荒れ放題ですが、意外と植物たちは頑張っていました。 まずはバナナの木、さすがに葉っぱは強風でやられていますが、幹は大丈夫そうです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

捨てたトラノオが

我が家の東側の花壇の中にはトラノオが植えられていて、どんどんその数が増えてきている。はじめは数本だったかと思うが今やニョキニョキと数十本の葉が伸びている。 林立する姿は見事である。 名前の由来はこの葉の文様が虎の尾に似ているからなのか。面白い文様である。 余りにも増え…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枯れ木に新芽

実際には枯れ木ではなく生きているのだが、外からみたら枯れ木にしか見えない木にもよく見ると新芽がで始めている。春近しの合図だ。 家の東側の斜面にある鬼山椒(オニザンショウ)の木は今葉っぱが完全に落ちて枯れ木のように見える。 しかし、よく見ると枝の先っぽには新しい芽が出てきているのが分かる。もう春…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いつの間にか可愛い花が

庭の片隅で可愛い花をつけている木があった。名前は分からないが、母さんが植えたものだ。細長い葉っぱの形状からするとショウガ科の仲間かも知れない。 ヒョロヒョロと伸びた先に白くて小さな花がいっぱい付いている。目立たなかったので気が付かなかった。いつ花を付けたのだろうか。 よく観察すると、これはまだ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブドウのような木の実

屋久島も本格的な冬に入ってきました。家の周りの草木を観察すると実を付けているものがいくつかあったのでご紹介します。 こちらは家の前の斜面に蔓をどんどん伸ばし、こんなに増えてしまった植物です。写真手前に茂っている葉っぱです。奥の方の薄い緑はハイビスカスです。 これは正面から見たところです。7~8mも横に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

なよなよでもガウラは強い

何年も前に枝を切ってもらい庭に挿し木したガウラ、ほぼ1年中なよっとした感じで花を咲かせています。見かけはなよなよですが、屋久島の気候に合っているのか、繁殖力は強くどんどん増えます。適当に間引きしてあげないと庭中ガウラだらけになってしまうのではないかと思うくらいである。 写真の奥に水道メータがあるのですが、ガウラがボウボウになると検…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

イソギク(磯菊)の清楚な花

我が家の南側の庭で今咲いている小さな黄色い花がある。植物音痴の私は名前がわからないのでネットでサーチした。いつもはなかなか名前が見つからないのだが、際立った特徴である葉の裏が真っ白ということがキーワードとして使えたので、名前が直ぐに分かった。 ネットで出てきたそれと花は全く同じ、葉っぱが我が家のものが丸過ぎるが多分イソギク(磯菊)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポインセチアが赤くなってきた

普段はそこに植わっていることさえ忘れてしまうほど地味な植物であるポインセチアだが、この時期一番上が赤くなってきてその存在をアピールする。 ポインセチアが赤くなってくると屋久島にも冬が来るなと感じるのである。 屋久島でポインセチアと言えば、高平周辺に多く植えられていているものが代表的である。高平のポインセチアも見頃を迎えているが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツワが咲き始めました

屋久島で至る所に自生しているツワブキ、寒さの中黄色い花がボチボチ咲き始めました。 道の端に多く自生しているので、散歩したりすると目に入ってきます。色が黄色なので目立つし、周りがパーっと明るくなったような気がします。まだ咲き始めで、咲いている花は少ないですが、これからどんどん咲いてくることでしょう。 まるでお日様にとどけとばかりヒ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

でかっ、クワズイモの葉

屋久島の我が家、裏の畑の側にデカイ葉の植物が植わっている。いや、正確には植えたのではなく生えていたのだ。 クワズイモである。屋久島ではポピュラーな植物で至る所に生えている。都会では観葉植物として鉢で育てる人がいると聞くが、もちろんこんなに大きなものではないだろう。 クワズイモは里芋の仲間だが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

葛(クズ)の花

雨が降らず渇水状態が続く屋久島ですが、季節は確実に秋になってきています。 この時期里で目に付くのが葛(クズ)の花です。 葛は屋久島では至る所に蔓延り困った存在です。他の草木に絡みつきどんどん蔓を伸ばし、その植物全体をその葉っぱや蔓で覆ってしまいます。時には蔓を電柱を支えるワイヤーに伸ばし、電線まで届くとショートして停電の原因とも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家のプルメリア

夏も終わりを告げたように涼しくなってきた屋久島、我が家の庭にあるプルメリアはまだ花を咲かせ続けています。 今年の夏は異常と思うほど蒸し暑かったですが、この花にとっては問題なかったようですね。 本当に綺麗に咲いてくれています。 まだまだ蕾を付けているからもう暫くは咲いてくれるものと思われま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだまだ熟さないモンステラ

昨年の11月初旬に実を付けた我が家のモンステラ、あれから10ヶ月経過した今、その実はというと、まだまだ熟すのは大分先になりそうです。 一般にモンステラは熟すまでに1年はかかると聞いています。 まだまだ青い、我が家のモンステラの実。 屋久島のモンステラは都会の観葉植物としてのモンステラとは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンゼルトランペットの花

屋久島の我が家、庭の南西側に細長くて大きなエンゼルトランペットの花が沢山咲いていました。 我が家のエンゼルトランペットは白色の花ですが、屋久島では黄色のものを多くみかけます。そしてたまにピンク色のものもあります。 元々下を向いて咲く花ですが、盛りが過ぎているのでだらっと垂れ下がっている感じです。ものすごい数です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

先日咲いたドラゴンフルーツの花は結実したか

先日花が咲いた我が家の庭にあるドラゴンフルーツ、花はしぼみ実になるか期待をもたせる状態になった。 細長くしぼんだ花の元の方が上手く結実すれば実になるのだが・・・ この写真を見る限り実が出来そうな感じであったのだが・・・ 今年は既に1個実を生らせてくれた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまたドラゴンフルーツの花が咲いた

先日1個実が生って美味しく頂いた我が家のドラゴンフルーツ、またまた新しい花が咲いた。 今度は2つ同じに咲いた。それも咲いたばかりの新鮮な状態を写真に撮れた。バッチリだ。 咲いたばかりなので白も本当に綺麗だ。大きな花なので中まですっかり見通せる。 どうでしょう、美しい花ですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラゴンフルーツの実が出来た

庭のパッションフルーツの木の下でドラゴンフルーツの実が1個だけだが結実した。 7月18日の記事に書いたドラゴンフルーツの花、あれからほぼ1ヶ月上手く受粉出来て結実したのだ。 花の下がだんだん膨らんできて実らしくなってきた。 写真左下に先っぽがピンク色になった実が見える。 ここまでくればもう落ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

林檎椿(屋久島椿)の実

林檎椿(リンゴツバキ)は、別名屋久島椿(ヤクシマツバキ)と呼ばれるほど屋久島で多く見られるヤブツバキ系の変種である。 花は赤く、冬から早春にかけて咲く。 そして、その名の通りまるでリンゴのような実を生らす。 散歩道でこの実が生っていたので写真に撮ってきました。 形はほぼ球形である。この実はもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野いちごの白い花が咲き始めました

もすぐ春、屋久島の里では野いちごの白い花が咲き始めました。 この花が終わると丸い膨らみになり、やがて赤い実が生ります。その赤い実が少し黒ずんだ頃が食べどきなのです。島の小学生が学校の行き帰りに摘んで食べたりしています。 普段はトゲトゲがあって邪魔な植物ですが、こうやって可憐…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アオモジの花が咲いています

爪楊枝にするクロモジなお仲間で、同じクスノキ科のアオモジが花を咲かせていました。私の住む屋久島南部の雑木林では所々にこのアオモジが生えています。 ネットで調べたら、アオモジも香りが良いので爪楊枝にするそうです。 枝が緑色をしていているのでアオモジと呼ばれているそうです。香りはレモンの香りだそうです。 これは家の前の松の木の向こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でもプランターで

東側の小さな花壇と狭い通路の所にゴチャゴチャとプランターや植木鉢が所狭しと並んでいます。かあさんがあれやこれやと何でも植えてしまうからどんどん増えています。 それが意外とみんな元気そうに育っていくから不思議です。 このミニトマトは以前食べたものの種をここにこぼしておいたら、芽が出てきて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同じポインセチアでも

クリスマスも近付き、屋久島のポインセチアも赤くなってきている。例年大量のポインセチアが見事に赤くなる高平のポインセチアも、赤くなっていた。その模様はまた後日お知らせするとして、今回は我が家のものとご近所のポインセチアが全然違っているのを見てください。 まずはご近所のポインセチアです。背丈が高く3mほどもあるでしょうか。見事に赤くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫式部(ムラサキシキブ)の実

紫式部といっても源氏物語の話ではない。私にそのような高尚な趣味はないのである(笑) 屋久島の我が家、家の東側、雑木林の斜面に今紫色の実をいっぱい生らせている木がある。 おそらくムラサキシキブの仲間であろう。 写真右側にその木が生えている。 虫にやられたのか葉っぱは悲惨な状態、穴だらけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔓を伸ばしてきた時計草

家の西側に植えてある時計草(パッションフルーツの木)、「ぱからさん」に頂いた馬糞の堆肥を入れたげたら、みるみるうちに元気が出てきた。 葉っぱは青々と繁り、無数の枝を四方八方に伸ばし、その先には蔓が上へ上へと手を広げている。この時計草は湯泊で時計草をハウスでいっぱい育てているTさんに頂いたものである。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

面白い出方をするモンステラの若葉

実が生っている庭のモンステラ、その実の横に棒状の緑の柱が出来ていたが、その正体が分かりました。モンステラの新芽(若葉)でした。 モンステラの葉は非常に大きな葉で、どのように新しい葉が出てくるのかと思ったら、こんな感じで出来るのですね。 大きな葉の下で柱のような若葉が出来ています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポンカンの木の矯正

かあさんの畑に、今年の2月の終わりに植えたポンカンの大苗、植えてから1年もたっていないのに幾つか実を生らせている。 いくつか植えた苗のうち、このポンカンの大苗が一番順調に育っているようだ。 このまま放っておくと上へ上へと伸びてしまうので、矯正して枝を横に伸ばすようにした。 適当な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラの花が実に変化

先日開花をお知らせした庭のモンステラ、その後中の花が実に変わりつつあります。 外のカバーのようなものが茶色くなってきて、中の棒状のものが黄色から緑色に変化してきました。花が実に成りつつあるのでしょうか。 いずれは外側にあるマントのようなものが剥がれて、棒が丸出しになるはずです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more