テーマ:祝い申そう

1月7日の屋久島はイベント?がいっぱい

屋久島いや鹿児島県全体かも知れませんが、1月7日とは色々とイベントが重なる日です。もちろん関東に住んでいた時も七草粥などの行事?はありましたが単にお粥を食べるだけで別段特別な日だとは思っていませんでした。 15年前屋久島に移住してから1月7日は鹿児島にとって特別な日だということが少しずつ分かってきました。 まずは「祝い申そう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

正月行事「祝い申そう」

1月7日、屋久島では正月の区切り?でしょうか行事3つも行われます。 1つ目は本土の七五三と似たようなお祝い事をする「七草」の行事、数えで7歳になる子供たちをお祝いします。 2つ目は「鬼火焚き」です。本土のどんと焼きと同じような行事です。 3つ目は子供たちが各戸を回りお祝いの甚句?を歌う「祝い申そう」という行事です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝い申そうと鬼火焚き

屋久島では1月7日に正月の締めとなる行事がいくつか行われます。代表的な行事が「祝い申そう」と「鬼火焚き」です。 「祝い申そう」は子供たちが集落の各家を回りその家庭のその年1年間の幸せと繁栄を願う甚句のような歌?を玄関で歌ってくれます。それが終わると松飾りを取り除いていきます。 我が家には午後2時半過ぎに子供たちがやってきました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も子供たちが「祝い申そう」

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、1月7日はいろいろな行事が屋久島の各集落ごとに行われます。 「鬼火焚き」と呼ばれる鬼を火で燃やす神事や子供たちが各家庭を回り1年間の家内安全を祈念した甚句?を歌う「祝い申そう」という行事があります。いずれも東京やその近郊ではなかった正月の行事で移住した当初は何をどうしたらよいのか分からず戸惑っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝い申そうの行事

今年も「祝い申そう」がやって来た。 日にちは前後するが、1月7日の屋久島(というか鹿児島全体かも)では色々な行事が執り行われる。7才になる子供を祝う「七草粥」の行事、1年の無病息災を祈念する「鬼火焚き」そして子供たちが集落の各家を回ってその家の繁栄を祈念する「祝い申そう」などである。 「祝い申そう」がやって来るのでこの日は子供た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「祝い申そう」の行事

1月7日の七草の日、屋久島の各集落では「祝い申そう」と「鬼火焚き」という行事が行われている。 今年も午後の2時半ごろ我が家に8人の子供たちがやって来て「祝い申そう」の甚句?を歌ってくれた。これで、今年一年の家内安全は約束された(^^) 本来は玄関で行なってもらうのだが、狭いので庭のベランダで「祝い申そう」をしてもらった。今年来て…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

祝い申そうと鬼火炊き

1月7日は七草である。私の故郷である東京では七草粥を食べるだけであるが、ここ屋久島と言うよりおそらく鹿児島県では「鬼火炊き」や「祝い申そう」と言う風習があります。また、7歳になる子供を祝ったりもするのです。 午後3時過ぎ、平内集落の子供たちが我が家にもやって来た。「祝い申そう」である。 今年は子供たちの数が多く、玄関ではなく、南…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島1月7日の行事「祝い申そう」

屋久島では毎年1月7日七草の日に2つの大きな行事が行われます。 「祝い申そう」と「鬼火焚き」です。 「祝い申そう」は、子供たちが集落の家々を回って、新年を祝う唄?いや甚句のような歌を大きな声で歌い、その家の1年間の安全と繁盛を願う習わしです。 午後3時、我が家にも子供たちがやってきました。玄関を開け、大きな声で挨拶しています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島の伝統的正月行事「祝い申そう」

1月7日、屋久島の各集落では「祝い申そう」と「鬼火焚き」という行事が行われました。私の住む平内集落でも、毎年この行事が行われています。 「祝い申そう」は子供たちが各家を周り、お祝いと、その家の繁栄を願った甚句のような歌を歌い、1年間の安全を祈願してくれる風習です。 午後3時半ごろ私の家の近所にも、子供たちの元気な声が聞こえ始めました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more