テーマ:屋久島

敬老の日のプレゼント

9月21日は敬老の日、以前はたしか9月15日だったのですが連休を作るために9月の第3月曜日に変更になったのです。変更になったのが2003年だそうです。もう17年も経っているのですね。 後期高齢者になった私たち夫婦は立派?な対象者ですね(笑) 例年敬老の日には平内集落の敬老会では集落のお年寄りを集めて食事会を催していたのですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫ちゃん

尾之間温泉には現在全部で12匹の猫がいるとのことです。12匹?これって餌代だけでも大変ですね。何でもここには猫を飼ってくれるということで密かに捨てに来る人がいるそうです。温泉の管理人さんにとってはえらい迷惑です。 温泉を出て涼んでいたら12匹のうちの1匹がコンクリートの上でウトウトしていました。 寒いわけではないのに、手足が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サフランモドキとタマスダレ

先日、タマスダレがしているところを記事に載せましたが、今度は同じ仲間のサフランモドキも咲いていました。やっぱり雨の降った後です。 タマスダレは地味ですがサフランモドキは色がピンクで花も大きいので目立ちます。 咲いたばかりなのでしょう、まったく汚れがなく綺麗な姿です。 形は6弁でまったくタマスダレと同じで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豆太12度目の予防注射

我が家の愛犬?豆太と言います。11歳になりました。 今はもう成人している孫が捨てられていた子犬をどうしても飼うのだと持ち帰ってから早や11年です。当人たちはもう忘れているかもしれませんが、飼ったきっかけは間違いなく孫二人何なんすよ。 慎重派で臆病な豆太、最近は猫ちゃんにも脅されています。 毎年春にやる狂犬病…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴンズイ(権翠)の実

農道沿いに多く見られる木のひとつがゴンズイです。変な名前です。ゴンズイと言うと私はどうしても魚のゴンズイを思い浮かべます。エラに毒があり触ると大変なことになる魚です。昔、海で会社の人が被害を受け救急車で運ばれたので記憶に残っているのです。 ゴンズイという名前の木、魚のゴンズイと同様に“役に立たない”ことから付けられたという説が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2ヵ月ぶりの温泉

今年の夏は異常なほど暑かった屋久島です(と言っても他の地域と比べればたいしたことは無かったようですが)。 あまりにも暑かったのでまた新型コロナの件もあって7月中旬ごろから毎日通っていた温泉に行くのを止めていました。ちょうど夏休みに入ったあたりで観光客や帰省客も多くなっていたので遠慮したのです。この間は家の風呂を使っていました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今度は白でした

台風10号にもめげず生き残ったドラゴンフルーツの実2個が熟したので収穫しました。今まで収穫したのは全て赤だったのですが、今度は白でした。 包丁で真っ二つに切るとゴマのような黒い種が散らばった白い実が飛び出しました。 採りたてなので瑞々しいです。 前回収穫した赤の実と比べてみましょう。紅白饅頭の様で目出度いか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋根の応急処置

台風10号の強風で破壊された屋根のスレート(コロニアル)の応急処置を私の信頼する便利屋さんにお願いしました。台風被害でブルーシートが品不足状態だそうで、中古品を見つけてきてくれました。この翌日雨が降ったので応急処置をしてもらっておいて良かったです。 この姿を見て去年の台風15号の被害があった千葉県で多くの住宅の屋根がブルーシー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公園も台風被害

台風やその後の雨などでずーっと中止になっていたテニスを一週間ぶりに楽しみました。台風が去った後初めてテニスコートのある「健康の森公園」に行ったらやはりここにも台風の爪痕が残っていました。 駐車場近くにある私の好きなあのアブラギリの並木です。葉っぱもあまり落ちずに残っているのでホッとしたのですが・・・ ちょっと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蘇鉄の実

歩いていたら赤い実がたくさん転がっていました。何の実だろうか?と上を見たら太い椰子の木のような木?が立っていました。着生植物が葉を茂らしているほどですから相当に古い木なのでしょう。 よく見たら固まった赤い実がたわわに生っています。 台風10号の強風で落とされたのでしょう、地面には実がこんなにゴ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の好きな幻想的な風景

台風が去って一安心の屋久島です。 台風が去ってからは台風一過の快晴とはいかずぐずついた天気が続いています。気温がかなり低くなり半袖半ズボンでは寒く感じるほどです。 ずーっと雲がかかっているので山側を眺めると屋久島らしい幻想的な風景が広がっています。 畑越しに見た屋久島南部の山々、雲が流れています。 少しア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風にも負けなかったドラゴンフルーツ

我が家のドラゴンフルーツは今実が幾つか生っています。台風10号が襲来する前から生っていて落ちてしまうのではないかと心配していたのですがどっこいドラゴンは強かったです。 台風前、こちらのドラゴンフルーツは1日でこんなに変化しました。 真っ赤になる寸前 翌日はもう真っ赤に熟しました。 台風が迫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タマスダレの群生

タマスダレは雨の跡などに突然首をもたげて群生で花を咲かせます。雑草と一緒に生えているので草刈りの時に切ってしまっても土の中の球根は生きているので何回でも復活します。同じ仲間にサフランモドキがあります。両方とも雑草花ですが、サフランモドキはピンク色、タマスダレは真っ白い綺麗な花です。 道端に咲いていたタマスダレの群生です。一部分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風10号の爪痕

台風10号、我が家では屋根の一部やソーラーパネルなどに被害があり大変な損害が出ましたが屋久島の全体的には大きな被害は無かったようです。台風は屋久島のやや西側を通過したのですが、そんな時はまず東の風が吹きます。強烈な東風でした。我が家の東側は大きく開いているのでまともにこの東風を受けたのでしょう。 ただ雨は大した事がなく幸いでし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風10号の被害

台風10号はほぼ屋久島を直撃しました。屋久島直撃は久しぶりのことです。そのうえ今回の台風は風が強く瞬間的には秒速70mはあったでしょうか。 日曜日の朝から月曜日の朝までほぼ丸1日停電しました。 何もする事が出来ないので日曜日は夕方6時にはベッドに入り寝てしまいました(笑) 台風が過ぎ去った月曜日の朝、家の周囲をチェックする…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雲が沸き上がる瞬間

先日テニスコートから明星岳の見える山側を見たらまるで噴火しているかのように見えました。もちろん屋久島には火山がありませんからそんなはずはありません。 ちょうど積乱雲が作られているところだったのではないでしょうか。 湿った空気が温められどんどん上に向かい雲に変化していく姿です。凄い姿です。 原爆のキノコ雲のよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤナギバルイラソウ

毎年この時期空き地や道端でよく見かける花の一つにヤナギバルイラソウという花があります。もともとはメキシコあたりの原産で園芸用に輸入されたのだそうですが九州以南では野生化しているようです。 残念ながら今年は草払いのタイミングがちょうど成長時期と重なってしまったのかあまり見かけません。 数は少ないですが、我が家の東側の花壇の中で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナイスなコラボレーション

裏の畑で2色の花が綺麗にコラボして咲いていたので写真に撮りました。荒れ放題の畑ですがいつの間にかこんなことになっていました。 白い方はネコノヒゲですが紫色の方の名前が分かりません。多分ハーブの仲間だとは思うのですが・・・セージの仲間ですかね。 このアップの写真、いかにも猫の髭と言う感じです。それを目立たせ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

孫(幸志郎)の元気な姿

娘から孫の幸志郎の元気な姿が送られてきました。 コロナ禍で友達と自由に遊べない状況ですがそんな中でも大好きな野球を観に行ったりしているようです。 東京で生まれ育った幸志郎はジャイアンツの熱狂的な大ファンで家では自作自演で大騒ぎしています。 そんな幸志郎ですから野球観戦それも東京ドームで行われるジャイアンツ主催ゲームは毎試合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキシキブ、花から実へ

7月20日に載せたムラサキシキブの花もぼちぼち終わりが近づいてきました。まだ少しだけ花が残っている部分もありますがほとんどが緑色の実になっています。その量が半端ではありません。咲いた花がほとんどすべて実に変化しているのです。 あちらでもこちらでも。 どうやら花から実に変化する最後の時期でしょうか。花と実が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クワズイモの花

屋久島にはクワズイモと呼ばれるサトイモの仲間が自生しています。学名ではアロカシアと言うらしいです。 巨大な葉っぱが特徴でハート形をしています。大きいものでは葉っぱが1mにもなることもあります。 名前からして食べられないことは分かりますが、都会では観葉植物として育てる人もいるようですね。 青々として元気な葉がたくさんのクワズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まるでリゾート地

9月になりました。早いですね~ 超大型の台風9号が屋久島の西、東シナ海を北上中です。風速が70m以上とか。何事もなく過ぎ去ってくれることを祈ります。特にこの暑さなので停電だけは起こらないことを願うばかりです。エアコンなしでは生きてはいけません(笑) 我が家の東側は以前空き地だったのですが今は新築の家が建っています。ここか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アブラギリの実が落とされた

屋久島で初の新型コロナ感染者が出たのが8月19日(島民にニュースが流れたのは20日)でした。即日に行政からのお達しがあり、当面は町の体育施設などの使用を禁止することになりました。テニスも例外ではなく施設(テニスコート)が使えなくなり私もやることがなくなっていました。せいぜい朝のラジオ体操でお茶を濁していました。 その後調査が進…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

打率6割のドラゴンフルーツ

我が家のドラゴンフルーツ、今までに10個の花が咲きました。花はすぐに萎んでしまいます。萎んだ後花の根本が上手く膨らんで成長すれば実が出来るのですが、途中で落ちてしまうものもあります。 今の状態は6個ほど実が出来ています。10個の花から6個の実、野球で言えば打率6割です(笑) 野球の打者なら物凄い打率で(6割どころか3割で一流…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花が一年で一番大きくて多い時期

南国のシンボル的な花の一つがハイビスカスですね。屋久島にも至る所に植えられたり野生化したりしています。ほぼ一年中花を付けているのですがよく観察していると花の大きさや数には季節ごとに変化があります。 冬の寒い時期にも花は咲きますが一つ一つが小さくて数もやや少なく感じます。対して夏のこの時期は花も大きく数も多くなります。やっぱり南…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨らしい雨が降った

久しぶりに雨らしい雨が降った。台風8号の賜物?だ。 カラカラに乾いた庭の草木もやっと一息ついたことだろう。これで川の水も又元のように流れだすと思う。 生気を取り戻した花壇の草花。どんなにジョーロやホースで水を撒いても雨の一振りにはかなわない。 草木だけでなくベランダの板まで必死ぶりに水を吸えて息を吹き返した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿の実

先日、焼肉パーティーのついでに、かあさんが畑に水を撒くというので私もちょっと見学しました。久しぶりの畑です。 この時期は何回刈っても雑草はすぐに伸びてきます。 足元は雑草が伸びていて歩くのも大変です(><) 畑の中にも水を撒いていましたが焼け石に水ですかね(笑) この写真の右奥に気が植わっていますが、これ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何日も雨が降らない

8月に入ってから雨がほとんど降らない。たまに降ってもすぐに止んでしまう。 屋久島は水に島とも言われるほどみずが豊富な島で、数多くある川という川にはいつも清流が流れている。ふもとでは降っていなくても山の上では雨が降ることが多いからです。 そんな屋久島ですがさすがに水が少なくなってきて、川を眺めてもチョロチョロとしか流れていない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハゼの実が生っています

犬の散歩の途中でハゼノキに実が生っているのを見つけました。農道にはハゼノキが多く自生していますが、この真夏の時期にすでに一部の葉が紅葉していました。実を付けるのと葉っぱを赤くしていくがほぼ同時期なんですね。 真夏の今はいくら紅葉を見ても秋を感じることなど到底出来ませんよね(笑) 近くで実を観察しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スイッチョン?(ウマオイ)

ベランダの上に何やら緑色の昆虫がいるのを見つけた。とってもに小さい。体長は1~2cm程度だ。まだ幼虫かも知れない。 子供の頃スイッチョンと呼んでいた昆虫かな。とっても綺麗な明るい緑色をしている。 体の大きさに比べ触角が異常に長い。体の3倍くらいありそうだ。 上から見た。特に左側の触角が右に比…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more