テーマ:屋久島

ホウトウ(フトモモ)の実

散歩していたら歩道にビワの実に似た木の実がたくさん転がっていました。木に生っていたものが雨風で落とされたのでしょう。 これは屋久島ではホウトウと呼ばれています。正式名称はフトモモと言います。 こちらでは踏まれてつぶれてしまった実がありました。中から種が飛び出しています。 種までビワに似ていますね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨時の畑風景

毎日毎日雨の屋久島です。今年の梅雨はとくに雨が続くと思ってしまうのは歳のせいでしょうか?、いや今年は特別に雨が多いのは事実です。 九州本土では大雨による災害も起こっており、線状降水帯なる単語もしばしば耳にします。新型コロナの感染拡大とダブルパンチです(><) 幸い今のところ屋久島では大きな災害は起こっていませんが、今後とも災…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫の髭?

庭の花壇の中で白い花が咲いていました。シソ科の植物でその名を「ねこのひげ」と呼びます。葉っぱはシソと同じですね。 さて飛び出しているオシベが猫の髭に見えるでしょうか。微妙ですね(笑) 花は純白で清廉な感じです。 花を真上からアップで撮りました。こう見るとピンと伸びたオシベは猫の髭に見えな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初めて新庁舎に入る

7月12日の日曜日は鹿児島県知事の選挙日ですが、たまたま宮之浦に用事があり車で出かけたので期日前投票をしておくことにしました。 屋久島町で期日前投票が出来る場所は、空港の近く小瀬田地区に新しく建てられた屋久島町の新庁舎だけです。 期日前投票をするために初めて新庁舎に入りました。世間一般の庁舎のイメージとは全く違い贅沢を尽くし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四角豆が生りました

四角豆の状況を見に裏の畑を覗いてみました。 しばらく草刈りをしていないので草がいっぱい茂っていました。 ちなみにこちらは雑草ではなく何と三つ葉なんですよ(笑) ただ関東の三つ葉と違い成長が早く硬くて香りも薄いのです。。 でも最近知ったのですが若い葉だけを摘んで使うと比較的柔らかく香りも出ます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遂に巣立ちの時が

ヒヨドリの雛が生まれてから10日ほどが経過しました。この間大雨や強風にさらされながら頑張ってきた雛がとうとう巣立ちの時がやって来ました。 こちらは巣立つ前日に巣を覗いたときの雛の様子です。このときはまだ動きが無かったのでまさか翌日に巣立つとは思ってもいませんでした。 翌日の夕方のことです。玄関を開けたときに何かが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名前の分からない花ですが気に入ったので

今日の記事は短いです。 家の裏でひっそりと美しい(と私は思った)花が咲いていました。 気に入ったので社椎を撮っておきました。 いろいろと調べてみたのですが名前が分かりません。調べた中で一番似ていたのが「スイカズラ」という花でしたが色もですが形もちょっと違うような気がしました。 ちょっと変わった花です。5弁…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クマノギクかアメリカハマグルマか

今の時期空き地に黄色い花をたくさん咲かせている草があります。群落群生しています。 鮮やかな黄色で、キク科の草だとは思うのですが名前が分かりませんでした。そこでいろいろと調べてみたのですが、どうやらクマノギクかアメリカハマグルマではないかということまで分かったのですが、この2つの差が微妙で葉の形で区別します。 クマノギク(熊野…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グアバの花が咲き始めました

家の裏に植えてあるグアバの木に花が咲き始めていました。グアバの実は香りも良くジャムなどにして食べられるので重宝する食べ物です。今でも去年収穫して作ったグアバジャムをヨーグルトに入れて毎朝食べています。 この木がグアバの木です。種類が色々あります。葉っぱはグアバ茶にして飲むと血糖値を下げる効果があります。 花が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヨドリの雛、誕生から一週間

家の玄関前の「なんじゃもんじゃの木」にヒヨドリが営巣し雛を育てている真っ最中です。生まれてから一週間が経過しました。 この間大雨や強風そして落雷など自然からの試練が何度もがあったのですが親鳥の献身的なガードで雛は少しずつ成長しています。その変化をご覧ください。 生後4日目の雛の姿です。嘴がしっかりしてきて少し羽が生えてきたと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同じ仲間のハイビスカスとムクゲが咲く庭

梅雨で雨が毎日に様に降る屋久島、それでもシンボル?であるハイビスカスは毎日花を咲かせます。我が家の庭では赤、ピンクそして黄色のハイビスカスが咲いています。雨に打たれても頑張って咲いています。 赤です。 黄色です。小さなアリが群がっています。 ピンクですが濃いので赤っぽくみえます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四角豆の蔓がどんどん伸びています

裏の小さな畑で種から植えた四角豆がどんどん蔓を伸ばし葉っぱもいっぱい茂らせています。蔓を巻きつけるために補助用に土に差し込んだ1mほどの棒も目いっぱいになってきました。 葉っぱの中を覗いたら少しですが花芽が付いていました。もうじき花が咲くかもしれません。 下を見たら、ん!、これは花では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見事に咲きました、我が家のシコンノボタン

先日ご近所に咲いていたシコンノボタンの写真を載せましたが、遅れる事約10日で我が家のシコンノボタンも咲きました。綺麗です。 こんなに見事に咲いたのは初めてです。 西側の奥でもコオニユリ、ニチニチソウなどと一緒に紫紺色がありました。 色の組み合わせが美しい。 裏の畑でも咲いていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヨドリの雛、生まれて翌日、翌々日

ヒヨドリの卵が孵化して雛が生まれましたが、屋久島は梅雨の真っ最中で連日雨が続きます。時には暴風雨になったり雷雨になったりもします。雛にとっては非常に過酷な環境です。大丈夫でしょうか。 生まれた翌日の雛の様子です。このときはじーっとしていて動きませんでした。 まだ羽の生えていない雛が折り重なって寝ているように見えます。 孵化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開いたり閉じたり忙しいマツバボタン

先日記事にしました月下美人やクジャクサボテンの花は夜だけに咲く花ですが今度は昼間だけ咲く花です。 プランターに植えてあるマツバボタン(松葉牡丹)がよく咲いています。 我が家のマツバボタンは赤だけですがいっぱい咲いていて可愛いです。 5弁の花びらで形はオーソドックスですね。 このマツバボタン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遂に卵が孵化、雛が現れました

玄関前の木に作られたヒヨドリの巣、気になって毎日観察しています。産まれた卵は4個、親鳥は餌を取りに行く以外はずーっと温めていました。でも10日経っても変化がないのでもう孵化できないのではないかと心配していました。 卵が産まれてから12日経ったこの日、親鳥が留守なのを確認して巣の中を覗いてみました。 あっ、卵が孵ったぞ! は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アブラギリの実が生り始めた

私が好きなアブラギリの木、春は新緑、そして白い綿帽子のような花、花が終わると今度は梅の実と同じくらいの実を付けます。 ブログをさかのぼってチェックしたら去年はこのアブラギリの実を記事にしたのは8月1日でした。 今年はすでに実が生り始めていました。 アブラギリの並木は今緑の葉で覆われ涼しそうな道になっています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハマボウ?の花がもの凄い数で

県道を車で走っていたら、高平集落のあたりで黄色い花がいっぱい咲いていました。あまりにも凄いので車を止めて写真に撮ってきました。 名前が分からなかったのでいろいろ調べたら、これはハマボウ(浜朴)という花木のようです。いやはやもの凄い数です。 木の高さは3mほどでしょうか。たまたま晴れていたので青空にハマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

卵の位置

玄関前のヒヨドリの巣、中に4つの卵がありましたがその後はほぼ1日中親鳥が温めている姿があるだけで外見は全く変化がありません。 屋久島は今梅雨の真っただ中でほとんど毎日雨が降っています。止む時間が少なく気温もやや低め、この卵が本当に孵化するかちょっと心配になってきました。 1日に1、2度親鳥が巣を離れるのでその隙を狙って撮った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恐竜の首、正体は月下美人でした

先日、首長竜のような花の蕾をご紹介しました。そのときこれはたぶんクジャクサボテンだと書いたのですが、2日後の夜花が咲きました。 咲いて分かったのですがこの蕾はクジャクサボテンではなく月下美人でした。 咲いた日の状況を時間ごとに観察しましたのでご覧ください。 すべて同じ日に撮りました。 午前11時の写真です。膨らんでき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの晴れ間と子供たち

このところ雨続きだった屋久島(梅雨だから当然ですが)、久しぶりに青空が見えました。一体何日ぶりだったでしょうか。 たまたまこの日はテニスの練習日、テニスも1週間ぶりです。もう体が鈍ってしまいましたよ。 テニスをする「健康の森公園」に行ったら近所の保育園の子供たちが遊びに来ていました。彼らも久しぶりに外で遊べて嬉しそうでした(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シコンノボタンの花

先日我が家の裏にあるシコンノボタンに多くの蕾がついていることを記事にしました。その木はまだ咲いてはいませんが家の近所でちょうど咲き出したシコンノボタンがあったので写真に撮ってきました。 綺麗な花が咲いていますが7分咲きといったところでしょうか。これからまだ花が増えそうです。 近くで観ると本当に色鮮やかです。ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヨドリの卵発見

家の玄関前の木に巣を作ったのはヒヨドリ。発見してからは気になって玄関を出入りするたびに巣をチェックします。 ほぼ一日中親鳥(たぶんメスでしょう)は巣に入っています。そして鋭い目でこちらを睨むのでなかなか巣の中を見ることが出来ません。隙を見せませんでしたが・・・ 夕方、ちょっとチェックしたら親鳥の姿が見えません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

首長竜のような蕾

鉢の中に植えてあるのですが、そこから四方八方に伸びたこの植物、まるで恐竜の首のように花芽が伸びてその先に恐竜の頭のような蕾がついています。 たぶんクジャクサボテン(孔雀サボテン)だと思いますが、私にはちょっと気味が悪い光景に映りました(笑) 見て下さい、この蕾。私には恐竜に見えてしまいます。想像し過ぎでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

えっ、玄関前に鳥の巣が

このところ玄関を出入りすると時々前の木辺りから鳥が飛び立つことがありました。木の実でも食べに来て人が来たので慌てて逃げたのだろうと思っていたのですが、その後もそんなことが続いたので、玄関前にある木をよく観察しました。 ちなみにこの木は春から初夏にかけて白くて可愛い花を木全体にびっしりと咲かせます。名前が分からなかったのですが以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなところにハマユウの花が

散歩をしていたら草刈りをしている土手地にこんな場所では珍しい花が咲いていました。屋久島では海岸沿いでよく見られる植物のハマユウです。1本だけですが草刈り後なので目立ちました。なんでこんな場所に咲いていたのでしょうか。風で種が飛ばされたか鳥が運んだかでしょうね。 スーッと真っ直ぐに伸びた茎の天辺に王冠のように花があります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シコンノボタンがたくさんの蕾を

家の裏にあるこの木にたくさんの蕾が付いていました。葉っぱがかなり肉厚です。 多分シコンノボタンだと思うのですが。 花が咲くと紺色というか濃い紫色の花が咲くはずです。 こんなに蕾があります。咲いたら凄いことになりそうです。 一枚の葉っぱに小さなテントウムシが止まっていました。こん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気がついたら咲いていたコオニユリ

屋久島では自生するユリの仲間が多い。春先にはテッポウユリが白い花を咲かせましたが今はもう終わりました。 変わって咲き出したのが橙色に黒な斑点があるオニユリです。たぶん大きさから考えてコオニユリだと思います。 このコオニユリも自然に自生していて我が家でも全く植えた覚えがないのにシーズンになると庭や裏の畑でたくさん咲きます。ある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サフランモドキの花

梅雨のこの時期に空き地などで綺麗に咲くピンクの花、サフランモドキです。タマスダレと同じ仲間で雨の跡などによく咲きます。タマスダレは小さくて白い花ですが、サフランモドキはタマスダレよりも花が大きくそして色が本当にキレイです。 家の近くの空き地で咲いていたサフランモドキの花。この日も雨の降った後でした。 この花は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメヒオウギズイセンとユリズイセンの競演

空き地というより雑草が茂ったブッシュの中でスイセンという名前がつく2種類の花が咲いているのを見つけました。 まずはこの花です。ヒメヒオウギズイセンという名前です。屋久島南部ではあちらこちらで見かけますが群生しているところは少ないです。 ちょっとグラジオラスに似ているような気がします。色は橙色です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more