テーマ:屋久島

屋久島は馬鈴薯(ジャガイモ)の収穫期

屋久島は名産物のタンカンの収穫がほぼ終わりました。タンカンの収穫が終わると今度は馬鈴薯すなわちジャガイモの収穫となります。 今はジャガイモ収穫の真っ最中です。 毎日のように通るジャガイモ畑、何日か前は青々とした葉が茂っていたのですが、ご覧のようにすでに収穫が終わっていました。 畑には掘り起こしたばかりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドングリの木にも新芽が

テニスコート脇に大きな木が生えています。確か秋にはドングリが生り、冬でも葉は落とさない常緑樹だったと思います。そのことから考えるとウバメガシの木かもしれません。 木の高さはゆうに10m以上、樹齢は少なくとも数十年にはなるでしょう。大木です。 いつものように何気なくその木の下を通ったら、何やら新芽のようなも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭で水仙の花が咲きました

庭にある水仙に花が咲き始めました。外側は白い花びら、中央にはまっ黄色のもう一つの花が咲いているように見えます。色鮮やかですね。 東側の花壇の中で咲いた1輪の水仙です。 こちらは西側の庭に咲いていた1輪です。 ところで、水仙についてネットで調べたら面白いことが分かりました。 水仙の花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島で越前ガニを

先日タンカンを本土の友人知人に送ったら、いろいろな返礼品が届きました。お酒やお菓子などなど、かえって恐縮してしまいました。今年のタンカンは美味しかったようで皆さん揃って喜んでいたようで嬉しかったです。 そんなお礼の品に何と「越前ガニ」がありました。それも大きいカニが2杯も。 もちろん冷凍で届いたのですが、屋久島で越前ガニを食…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野イチゴの花が咲いていました

犬の散歩をしていたら雑草地の土手に白い花が咲いていました。何だろうかとよく見ると何と野イチゴの花でした。他の場所ではまだ咲いていないのでここだけが条件が整ったのでしょう。それにしても早い野イチゴの開花です。 まだ花の数は少ないですが白い花弁がしっかり開いています。 花の縁が微かにピンク、花びらにしわがある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エゴノキの新緑

毎年4月に入ると白く小さな星形の花をたくさん咲かせ楽しませてくれるのがエゴノキです。私はソメイヨシノが観られない屋久島でこのエゴノキの花をソメイヨシノの代替えとして楽しんでいます。 そんなエゴノキ、当然まだ花は咲いていませんがどんな状態なのでしょうか。 農道沿いにある比較的大きなエゴノキを観察しました。この木も4月になると無…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今度は暖流桜が見頃です

ヒカンザクラそして河津桜が咲き終わった屋久島ですが、今度はより淡いピンクの暖流桜が見ごろとなっております。暖流桜はお隣の種子島の人が何百種類もある桜の中から選び出し開発したサクラだそうです。 場所は屋久島南部の原集落にある山河公園(やまんここうえん)です。 以前はもっとたくさんの暖流桜があって満開になると素晴らしい景色が眺め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タラの芽はまだ

通り道にヒョロヒョロと伸びた2本のタラノキがあります。本当に細くて心細い限りの木です。葉は1枚もなく丸坊主です。幹には刺がいっぱいあります。 芽はどうなっているかな。毎年このタラノキの芽を採って天ぷらにして食べています。春が近いので楽しみなのです。 上の方がわずかに膨らんでいますが・・・ タ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

河津桜がもう葉桜に

2月5日の記事でご近所の河津桜が咲いたことを載せました。その時確か8分咲きとか言うたのですが、その後どうなったか覗いてみました。まだ3週間も経っていませんが、もう完全に葉桜になっていました。サクラの寿命は本当に短いですね。まあその短命さが魅力なのですがね。 花が咲いていた時は1枚の葉も無かったのに、河津桜の木は淡い新緑で覆われ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まるでヒチコックの「鳥」

ヒチコック監督の「鳥」という題名の映画をご存じでしょうか。だいぶ昔の映画なので若い人はご存じないかもしれませんが、最近でもTVで放映されたりしますからご存じの方も多いと思います。「鳥」は名監督の誉れ高いヒチコック作品の中でも代表的な映画です。 実に不気味な映画で、大量の鳥が人を襲ったりします。 そんな映画「鳥」を彷彿とさせる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビワの木の不思議

裏の小さな畑の隅っこに1本のビワの木が植わっています。冬に花を咲かせこの時期になると実を付けます。ちゃんと摘花したりしないので実は小さいです。大きな実を付けさせるためには花が咲いたときに適当に間引く(摘花)しないといけないのです。 ボチボチ実が付いたかなと見に行きました。 眺めていて不思議?なことを発見。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い、寒い、霰(あられ)が降った

2月18日木曜日、屋久島南部はおそらく今冬で一番寒かったでしょう。朝起きたときの気温は室内で13℃でしたが外では10℃を切っていたのは間違いありません。 ベランダに出ると、北西の風が強く吹き体感温度はもっと寒く感じました。私には0℃に感じられました。 ベランダで飼っている豆太も寒そうにペット用ベッドで丸くなっていました。まる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

毛虫の季節

毎年この時期になると毛虫が飛んできます(><) 毛虫を好きという人はほとんどいないでしょうね。あまり気持の良いものではありません。 毛虫にもいろいろありますが、この時期多いのはこのブログでも何回か取り上げたクワゴマダラヒトリという蛾の幼虫です。秋から冬にかけて木々の葉に卵を産み付け繭を張り越冬し幼虫になった今、春風に乗って至…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花壇で咲いている花

庭の花壇の中で今咲いている花です。赤と黄色の花が目立ちます。 こちらはよく咲いたが盛りの過ぎた花がいっぱい残っているナスタチウムです。これだけまとまって咲くのは珍しいです。 キク科の黄色い花、きれいに咲いています。 雨上がりで水滴が付いていてキラキラ光っています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島の防空壕?

毎日通っている尾之間温泉、最近温泉の周囲に生えている雑木の伐採が行われました。おかげで見通しが良くなり車を運転していても安全です。 木が無くなって、温泉近くの雑木林の下にポッカリト空いた大きな穴が出てきました。今までは雑木や雑草に覆われて見えなかったのですが、伐採したせいで見えるようになったのです。 正面から見ると2つの穴が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コブシの花が咲き始めました

車で県道を走っていたら白い花が目に入りました。この花はハクモクレンかコブシか分かりませんが蕾の形が拳みたいだったのでコブシということにします(笑) 葉っぱもなく枯れたような木に白い花が咲いていました。正確には蕾が多いので咲き始めですね。 まだ開き切っていない花が多かったですが、開くと白さが汚れてしまうので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花とハーブの苗を育てる

家の東側の花壇の手前に植木鉢とポッドに入った苗があります。かあさんが育てようとしている苗です。 一つは植木鉢に植えてある花の苗です。リビングストーンデイジーと呼ばれる花です。私のテニスの仲間であるMさんが毎年種から育てたものをたくさん持ってきてくれるのです。 すでに畑に数十は地植えしたのですが、残ったものを植木鉢に入れてあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あっという間に終わった護岸工事

先日、近くの県道沿いの小さな川で重機を使った護岸工事が始まる記事を載せましたが、2日後にはもう終わっていました。重機もすでに撤去済、早かったです。 護岸工事終了後の小さな川の姿、水量が少ないので土が見えています。 なぎ倒した樹木はそのまま放置、これが屋久島流です(笑) いずれ土に還るからこれで良いという考え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青い海と青い空に感謝

この日は久しぶりに上屋久(屋久島では北の方を上屋久(カミヤク)と言い私の住む南の方を下屋久(シモヤク)と呼びます)に出かけました。総合病院内にある歯科で定期的に歯の掃除をしてもらうためです。 思ったより早く終わったので帰り際、お天気につられて海の見える場所で一服しました。この場所は「ふれあいパーク」と呼ばれ、トイレもあり海の眺…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

テニス日和

世の中コロナ禍で大変ですが、屋久島はお陰様で平穏を保っております。 この日は晴れて暖かい日でした。そんなお天気に誘われたのか、テニスに行くといつもより大勢の人が集まりました。 ちょっと風が強くボールが思ったようにコントロール出来ませんでしたが、和気あいあい楽しくテニスが出来ました 晴れてはいましたが山を眺め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さな護岸工事始まる

散歩で通る県道脇に重機が置かれていました。小さな川の近くです。どうやらこの小さな川の護岸の工事が始まるようです。 小さいと言ってもこの川、台風などで増水するとものすごい勢いで水が流れます。怖いくらいの勢いになります。ここは川が曲がっているところで急流になると水がカーブ通りに曲がれなくて溢れてしまうのです。 こちらが重機です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アブラギリに早くも新芽の兆し

私のお気に入りのアブラギリ並木、今は大きな葉は完全に落葉し枝ばかりになっています。まあ、冬ですから当然の姿です。 春の新緑、初夏の白い花、秋の大きな実とそれぞれに見どころのあるアブラギリですが、今は見るべきものがありません。考えてみればこの丸坊主の姿がアブラギリの冬の姿なのですから、これはこれで絵になっているのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苔玉の引っ越し

我が家で育てている苔玉、少しずつ大きくなってきました。今まで入れていたガラスの小皿では少々窮屈そうになったので引っ越しというか器をもう少し大きいものに替えることにしました。 何にしようか茶箪笥などを物色した結果、適当な大きさの器を見つけました。それが織部焼?と思われるやや深めの食器です。 苔玉を入れてみると見事にすっぽりと収…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ヤクシマツバキの花

ヤクシマツバキ(屋久島椿)別名リンゴツバキ(林檎椿)さらにはオオミツバキ(大実椿)とも呼ばれる自生しているツバキの木にたくさん花が咲いていました。このヤクシマツバキはリンゴのような大きさの実が生ることで知られており、本ブログでも何度か取り上げました。 花はというと決して大きくはなく普通の椿の花と一緒です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

タンカン出荷開始

2月に入り今年もタンカンの季節になりました。今年は例年よりも少し早く収穫が始まったようで、毎年お願いしているタンカン農家さんから第一陣のタンカンが入荷?しました。 早速それらを家族や友人に送るための一回目の箱詰め作業をしました。箱詰めはかあさんの担当です。私は運び係です。運ぶと言っても1キャリーあたり20kgもあるので大変です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

河津桜も咲きました

先日ヒカンザクラが満開になった記事を載せましたが、今度は河津桜も見事に咲きすでに8分咲きになっています。おそらく本場の静岡県伊東市よりも早いかもしれません。 ヒカンザクラ(緋寒桜)よりも色が薄くよりソメイヨシノに近い色なのでサクラという感じがします。 最初の写真はご近所の庭に咲いている河津桜です。5年ほど前に植えた苗木が成長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どでかい大根

毎日通っている尾之間温泉に妙なものが飾ってありました。大根です。 大根と言ってもそんじょそこらの大根とは大違い、巨大大根です。鹿児島県といえば桜島大根と言う世界一?大きくて重い大根が有名で数十キロにもなる大根もあります。ただ形は普通の大根と違い丸い大根でどちらかと言えばカブを巨大化したような形ですね。 今回尾之間温泉に飾って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島の茶畑風景

意外?なことに屋久島はお茶の産地なのです。銘柄は屋久島茶です。おそらく日本で一番早く一番茶を収穫する場所だと思われます。 そんな屋久島茶を栽培している畑を覗いてみました。青々(緑々)とした屋久島茶の畑は美しく整備されていました。 お茶の葉はぎっしりと密度が高く茂っており、綺麗なかまぼこ型にカットされて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安房川と種子島がある風景

買い物に出たついでに以前展望所のあった場所でトイレ休憩しました。場所は安房川に架かる橋の袂です。天気は晴れで青空が広がっていましたが、海を眺めると水平線の方は微かに霞んでいました。 快晴の場合本来ならクッキリと見えるはずの種子島も霞んでいました。 安房川越しに安房の街並みが良く見える場所です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホーリーバジルが大人気

ハーブ大好き人間のかあさんが栽培しているハーブ類の中でも最近人気なのがホーリーバジルです。何でも朝鮮人参に含まれる成分と同じものがホーリーバジルには含まれていて、ハーブティーにして頂くと健康に良いとかで配った人たちが喜んでいてくれるようです。 それに気を良くしたのかどんどん増産?しています(笑) 収穫したホーリーバジルの穂を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more