テーマ:

快晴、雲が素晴らしい

この日は快晴、も少しすると梅雨入りになるであろう屋久島。素晴らしい天気でした。 テニスに行って空を眺めたらもう秋を感じるような雲が広がっていました。気温は23℃とかなり暑かったのですが、風は爽やか、最高のテニス日和でした。 テニスコートから眺めた明星岳とそこに広がっていた秋を感じる雲。気に入ったので写真に撮りました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白い雲横一線秋の空

この日は気持の良い朝でした。ベランダに出てみると目の前、南側の空に大きな雲が横に広がっていました。真っ青な空に真っ白な帯状の雲、きれいなコントラストでした。庭に咲いている赤いハイビスカスが彩を添えています。しばらく眺めてしまいました。 真南の空。 東側の空。 そして西側の空。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲のある風景

屋久島は中央が山、そこから急峻な斜面があり海に続く。人間は海から山の麓の辺りの僅かな土地に家を建てて暮らしている。そんな人の住む里から見上げればいつも山がそこにある。名のある山や名も無い山いろいろである。屋久島の山は深いがそれは里からはほとんど見えない。見えるのは前岳と呼ばれている。対して見えない奥の山は奥岳と呼ばれている。 毎日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山にかかる低い雲、屋久島らしい光景

たまに晴天もありますがここのところ屋久島南部は雨や曇りの日が多いですね。何だかもう梅雨に入ったような感じです(><) もっとも春先の屋久島では「木の芽流し」という梅雨のように雨が降り続ける時期もあるのでもうそのシーズンに入ったのでしょうか。ちょっと早すぎます。 里から見える低い山々にもどんよりした雲がかかることが多くちょっとした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

断層型地震雲?

1月3日のことでした。ベランダに出て空を見上げたら「ん?何だこの雲は!」。 雲にはいろいろな形があり2つと同じものはありません。だから私は雲を眺めるのが好きです。この雲も珍しいと思い写真に撮っておきました。 東西に広がった大きな白い雲の塊、北側は真っ青な青空なのに南側は真っ白な雲で覆われています。これだけ空と雲がはっきりと2つに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

見事な鱗雲、鰯雲

テニスをしていて休憩時に空を見上げたら変わった雲の世界が広がっていました。あまりにも見事な雲だったので写真に撮ってきました。 あるところから別れ、北(山側)半分は普通の夏の雲、南側(海側)半分は奇妙な曲線で区切られそこには鰯雲とか鱗雲とか呼ばれる秋の雲が広がっていました。 写真はちょうど境目のところですが、写真を撮っている間にも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山と雲の景色

なかなか梅雨明け宣言が出ない。晴れた日も多かったのだが長くは続かない。梅雨前線が上がったり下がったりして安定しないのだ。どうも太平洋高気圧がいつもより弱いので梅雨前線を上(北)に持ち上げられないらしい。 屋久島では雨は降るが九州本土ほどの大雨ではない。しかし山には低い雲がかかり如何にも梅雨空ではある。 テニスコートから眺めた山、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕日に照らし出された月と雲

夕方5時ごろ、南の空を見ると雨上がりの空に白い雲が西日に照らされて赤く光っていました。雲の一部だけが照らし出されて、何とも綺麗な光景です。 下の方にも黒い雲があるようですが、上の白い雲だけがくっきりと浮き出ています。高低さもあってちょうど其処だけに陽が当たっているのでしょう。 ちょっと西に目を移すと、こんな感…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モッチョム岳と雲

雨模様のこの日、モッチョム岳が真南から見えるパン屋さんにフランスパンを買いに行った。パン屋さんの駐車場からモッチョム岳を見上げたら、低いところに雲が流れていた。 モッチョム岳は見る位置によって姿が大きく変わる。一番大きくそして広く見えるのがこの真南から見た姿だ。 頂上には雲が掛かっていないのに西側の山麓に沿っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まるで火山の噴火のよう

4日ぶりに屋久島に戻ってきました。やっぱり屋久島は良いですね~(^^)疲れがいっぺんに取れました。 これは私が東京に行く前の出来事です。 この日は絶好のテニス日和、風もほとんどなく気温は23℃以上あったでしょうか。 テニスコートの周りには植樹された桜の木(種類は分かりません)はやや濃い目の色の花が満開でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲のある風景

冬に向かう屋久島は北西の風が吹くことが多いので、雲は西から東に流れる。夏の入道雲と違いこの時期の雲は低く黒いのが特徴だ。快晴の日もあるが、雲のかかる日のほうが多いかもしれない。 この冬の雲はその雲間から太陽の光が筋状に漏れ出ることが多い。雲は刻々と流れるのでどんどんその姿が変化するのが面白い。 今時期の雲は濃い所…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

くもが山のようだ

まるで向こうに山があるように見えた。向こうは大海原なので山なんかあるはずが無いのだが、あまりに大きな雨雲で海も暗くなり、そこから巨大な山が迫ってきているかの錯覚を覚えた。 海絵と続く一本道から見えた風景である。 これはきっと雨雲に違いない。だんだんこちらに近づいてきているような怖さが襲う。 これだけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

低い雲が流れる風景

梅雨どきの屋久島らしい風景を犬の散歩の途中で写真に撮ってきた。 屋久島は周りを海に囲まれ、島の中央部には高い山々(奥岳)がある。そして奥岳を包むように人の住む里の周りには前岳と呼ばれる比較的低い山々が囲んでいる。前岳の高さは数百メートル、低い山は300m~400m程度である。 その前岳に細長く雲が掛かっていた。いかにもこの時期の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

低く流れる雲

屋久島は水の島です。水の島の元は雨です。雨の元は雲ですね。 その雲が前岳を低く流れていました。こんな景色も屋久島ならではです。 写真右端はモッチョム岳です。他の前岳は雲に隠れていて見えません。いかに雲が低いか分かりますね。 この写真で見ると更に雲の低さが強調されます。 のど…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

下が一直線の雲

夏休み、屋久島は大勢の観光客や帰省客で賑わった。そんな夏休みも終わり、屋久島もだいぶ落ち着いてきたように感じる。 今の時期観光客といえば、まだ休みの続いている大学生ばかりである。これらの大学生も10月に入ればいなくなり、静かな屋久島に戻る事だろう。 散歩の途中畑の向こうに海の見える場所、遠くに入道雲その手前に黒い雲があった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雲のある風景

散歩の途中、東の空を見たら雲があったので何とはなしに写真に撮った。時刻は夕方5時ごろ、まだ日は高いが西日に照らされた雲が、黄金色に光っていた。 屋久島には中央に高い山があるので、雲がかかっている事が多いが、この雲は山側から海側にかけて出ている入道雲だ。 遠くにある台風の影響で、風は東風、雲は東から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

UFOのような雲

穏やかなこの日、空をみたら円盤型UFOのような形をした雲がポッカリ浮いていました。大晦日からず~っと天気が悪かったのですが、1月2日だけは屋久島らしい暖かい1日でした。毎年お正月はこんな感じの天気だったような気がします。ポカポカと暖かいので、雲も浮かれて、こんな形になったのでしょうかね(^^) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

低い雲が流れる屋久島ならではの風景

台風15号も予想したよりは大したことがなく過ぎ去った。13号の時よりも雨も風もそれほど感じなかった。 そんな台風15号が屋久島に近付いていた9月30日(火)、家の庭から北側の山を見たら山の下を雲が流れていた。ちょっと幻想的だったので写真に撮った。 まっ白い雲だが山より低い所を西から東(画面上は左から右)へかなりの速度で流れている。山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島らしい夏の雲

屋久島の空と雲は本当に変化が激しい。30秒と同じ雲はない。 夏の雲、夕日は西の空に沈んでいくが、南や東の雲はその夕日の反射で輝き出す。 昼間の入道雲がこのように光り出すのだ。 直接の夕日でないが、これもまた美しい。屋久島の我が家の庭から南側の海を見る。 何かが爆発したようなそんな感じの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぼけ~っと山を眺める、こんな時間がいい

屋久島の空、いや雲は1秒として同じ場所に留まることをしない。雲を見ていると次々とその表情を変える。ちょっと目を離してからもう一度見ると、全く違う世界がそこにある。面白い。 この日は雨が降った。夕方雨が上がったとき、2階のベランダから北側の山々を見ると、低く立ち込めた雲が、山を覆い、次々と流れ去っていく様が見られた。暫くはこの雲の流れを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

屋久島、春の雲

屋久島の雲は見ていて飽きません。刻一刻と形を変え、同じ形に留まることはありません。春一番のような強風(ここのところいつも吹いていますが)が吹いたこの日、空には細切れになった綿雲が一面に散りばめられていました。 沢山の綿飴が空を飛んでいるかのようです。立ち止まって空をず~っと見ていると吸い込まれそうになります。 確か、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島らしい?雲のアーチ

台風の去った翌々日、客人を春田浜に案内した。ここは、屋久島では数少ない海水浴場の一つである。浜から山側を見たら、黒い雲のアーチから、白い雲が光って見えた。屋久島の雲は、見ていて飽きない。こんな面白い形がよく見られるのだ。白い雲の奥に、屋久島の山が見える。 海水浴場は潮が引いていたが、泳ぐ人の姿は見られなかった。写真では見づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋久島梅雨明け?のUFO?雲

奄美大島が梅雨明けしたようだ。もうじき屋久島も梅雨明けになるでしょう。ここのところ3日間、昼間は快晴状態が続いた。2階から北側(山側)を見たら、お山の上に楕円形の雲が2つ、真っ青な空にその白さが目立っていた。風が強いため雲の動きも速く、まるで、UFOのようだった。 このUFO雲は今、正にお山の基地を出発したところか。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりに虹が出た!

久しぶりに虹が出た。家の南側に出て、西側を見ると、大きな七色のアーチが架かっている。ここ屋久島では虹は決して珍しくはないが、ここのところほとんど見られなかった。やっぱり雨が少なかったせいも影響していたのかもしれない。普通、屋久島に出る虹は2重に架かることが多いのだが、今回は残念ながら?、1本の虹であった。空は曇っているので、虹はあまり映…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾之間の夕暮れ時

夕方雨が止んだ。かあさんと一緒に尾之間(オノアイダ)にある屋久島温泉(JRホテルの中)に行った。夕暮れ時、海を見ると雨雲の切れ目が見えて、その向こうには陽が残っている。手前の雨雲がまるでジュータンのように覆いかぶさっている。逆光なので暗く写っていてなんだか不気味な感じ。 同じ時刻に反対側の山側を見ると、モッチョム岳の稜線がクッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

平内、秋、夕暮れ時、山、海、雲

県道で、ポインセチアや「眠れる森の美女」を見たあと、海側の農道に入る。我が家まであと徒歩で20分だ。秋の深まりを感じながら、ゆっくりと歩く。そう、ゆっくりと歩くといつも歩いている道にもいろんな発見があるのだ。 紅葉が少ない屋久島の平地でも、かすかに色づく木々がある。 ユースホステルを過ぎ、高台に出た。ここからは海が一望できる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島、秋の空、雲

日没ショーの次は、昼間の空をご覧ください。屋久島も、もうすっかり秋、この日は秋の雲が空いっぱいに広がっていました。ちょっとした雲の隙間が出来た瞬間、真っ青な青空にハイビスカスが背伸びしているようです(^^)。 真上の空は、ふわふわの雲のジュータンが引き詰められています。 ちょうど雲の中に太陽が隠れたときに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迫る夕闇

これから本格的に秋にむかう屋久島。楽しみは空、雲、星である。空の変化は秋から冬に掛けてとくに激しい。夕焼けも朝焼けもだんだん美しい季節を迎える。 この日、屋久島温泉の帰り、夕闇が空を覆い尽くす様を眺めた。 もう、お日様は沈んだが、地の果てから雲の間を通してかすかに光が残っている。 海もほんのりと見ることが出来る。間接照明で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲が流れる

屋久島の雲は見ていて飽きない。 日曜日、朝方まで大雨洪水雷警報がでるほどの大量の雨が降った。それも雷がいっしょに。ゴロゴロゴロ、雷の音は地面を揺るがし、家も震える。2階のベットの中にいて家が振動するのがよく分かった。ときどきドッカーン!とどこかに落雷する。そして停電だ。屋久島では雷が鳴るとともかく停電対策が必要だ。かあさん(妻)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more