テーマ:サツマサンキライ

サツマサンキライの花

屋久島に多く自生している蔓性の植物の一つにサツマサンキライ(薩摩山帰来)があります。サルトリイバラの仲間です。 屋久島では昔から「かからん団子」を包む葉っぱとして利用されています。 サツマと付いているので基本的に鹿児島以南に生息するようで奄美や沖縄そして台湾にも多く見られるようです。 そのサツマサンキライは冬の寒いときに花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サツマサンキライの花

屋久島では今の時期雑木林などでサツマサンキライの花が咲いています。サンキライ(山帰来)別名サルトリイバラとの違いは私には分かりませんが、屋久島ではほとんどがサツマサンキライのようですね。 サツマサンキライの葉っぱは大きくて広い葉で屋久島では名物の「かからん団子」を包むことに使われています。柏餅の柏の葉と同じ使い方です。 サツマサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これは何の実?

家の近くの坂道、木の伐採がされたので景色がガラッと変わりました。お陰で停電が減りました。 切った木はそのまま放置されていてその倒れた木に蔓性の植物が巻きついています。葉っぱかを見ると明らかにサツマサンキライですが・・・ サツマサンキライの葉は屋久島のお菓子のかからん団子を包むのに使われています。 その葉っぱの近…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まだ残っていたサツマサンキライ(薩摩山帰来)の花

1ヶ月以上前に本ブログで取り上げたサツマサンキライの花ですがまだ咲いている場所がありました。球状の変わった形の花で名前の通り鹿児島以南で多く見られるようです。 屋久島では別名「カカラ」と呼ぶ地域があり、屋久島の郷土料理(和菓子)である「かからん団子」の名前の由来と思われます。サツマサンキライの葉で黒糖を混ぜた甘いヨモギ餅を包んだも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サツマサンキライ(山帰来)の花

雑木林で可憐な花を見つけた。サンキライ(山帰来)の花だ。サンキライで調べると蔓性の落葉樹とあるが屋久島ではあまり落葉はしない。 サンキライは別名サルトリイバラ(猿捕茨)と呼ばれ、棘が猿を捕らえるほどだとのこと。本当かな。 ただし屋久島に自生しているサンキライは正確に言うと同種のサツマサンキライという植物で日本では宮崎以南に自生し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サツマサンキライ(薩摩山帰来)の花

サルトリイバラという植物があります。別名サンキライ(山帰来)です。地域によってはその葉を柏餅の葉っぱとして使うところもあるようです。私は移住して1年ほど周囲の雑木林に生えているサツマサンキライをこのサルトリイバラと勘違いしていました。と言うのもかあさんがずーっとサンキライと呼んでいたからです。サルトリイバラは前に住んでいた千葉にも自…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more