テーマ:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ、花から実へ

7月20日に載せたムラサキシキブの花もぼちぼち終わりが近づいてきました。まだ少しだけ花が残っている部分もありますがほとんどが緑色の実になっています。その量が半端ではありません。咲いた花がほとんどすべて実に変化しているのです。 あちらでもこちらでも。 どうやら花から実に変化する最後の時期でしょうか。花と実が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年は凄いぞ、ムラサキシキブの実

我が家の東側の斜面にはいろいろな植物が自生しています。毎年秋が深まるとムラサキシキブ(もしかしたらコムラサキシキブ)が紫色の小さな実を付けます。ただ葉っぱは虫に喰われボロボロ、実もビッシリではなくスカスカです。 ところが今年は違いました。見て下さい、ビッシリと実が生っているではありませんか。 もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綺麗に実ったムラサキシキブ

去年は台風などの強風と塩害で葉っぱがやられ実もちょぼちょぼだったムラサキシキブですが、ようやく美しい紫色の実がたくさん見られるようになりました。 これぞムラサキシキブの実ですね。小さな川沿いで見つけました。 光沢もありまるで宝石のような輝きがあります。これがみんな宝石だったら大金持ちになれるんですが(笑) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキシキブが色付いてきたが

家の周辺に自生しているムラサキシキブ(コムラサキシキブ)の木、見ると実が名前のごとく紫色に色付いてきました。12月になるとさらに鮮やかになると思うのですが・・・ちょっと心配なのは葉っぱや実がかなり傷めつけられている様子。これは今年9月末に屋久島を襲った台風24号の仕業です。 写真の木はまだ良い方です。そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今冬初めて見つけたムラサキシキブの実

去年までは秋が深まってくるとちゅくちょく見かけたムラサキシキブの実ですがどういうわけか今年はさっぱり見かけませんでした。 それが、意外と近くで見つけられました。今年初めての発見です。灯台下暗しでした。 それでも見つかったのはここだけですので、今年はムラサキシキブの実はハズレ年?のようですね。 葉っぱが虫に喰われて悲惨な状態…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキシキブ

この時期散歩していると小さくて紫色の実がビッシリと生っている木が目に入ります。 ムラサキシキブの実です。屋久島ではほとんどが自然に自生しているものです。結構葉っぱが虫にやられているのが多いです。 それにしても見事なそして鮮やかな紫色です。残念ながら野鳥は食べるようですが、人は食べられません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この時期目立つムラサキシキブの実

また家の周りに生っていた木の実をご紹介します。色が鮮やかな紫色の実、これは間違いなく紫式部=ムラサキシキブ(別名:実紫=ミムラサキ)です。 落葉樹なので寒いこの時期は葉っぱがかなり落ちて、紫色の実がよく見えます。青空と紫の実、美しいコントラストでした。 屋久島の雑木林にはあちらこちらにこのムラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紫式部(ムラサキシキブ)の実

紫式部といっても源氏物語の話ではない。私にそのような高尚な趣味はないのである(笑) 屋久島の我が家、家の東側、雑木林の斜面に今紫色の実をいっぱい生らせている木がある。 おそらくムラサキシキブの仲間であろう。 写真右側にその木が生えている。 虫にやられたのか葉っぱは悲惨な状態、穴だらけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫式部(ムラサキシキブ)の実が生っている

家の近所の雑木林の中で今ムラサキシキブに紫色の小さな実が沢山付いているのをよく見かけます。 まあよくこれだけ実が生るものだと感心するくらい生っています。葉っぱは虫に食われてボロボロなものが多いですが、実はしっかりと付いています。この実を食べる鳥は屋久島に存在しないのでしょうか。それともこの実には毒でもあるのでしょうか。不思議です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more