テーマ:タツナミソウ

タツナミソウ(立浪草)の花

垣根の下で雑草に混じってタツナミソウ(立浪草)の花が咲いていました。 別に植えたわけではないのに毎年春が近づくと咲き出します。年によってたくさん咲くときと少ないときがあります。今年はまだ少ないですがこれから増えてくるのかもしれません。薄い紫の花が可愛らしい。 ここにも蜂が飛んで来て蜜を吸い始めました。やはりニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タツナミソウ(立浪草)の花

垣根にしているケタンキ(ハマヒサカキ)の足元で小さな紫色の花が咲いています。特に植えた覚えがないので自然に生えたものでしょう。かあさんの大好きな花の一つでこの時期に毎年咲いてくれます。ケタンキの足元ですからそんなに日当たりが良いわけではなくむしろ日陰の時間が多い場所です。タツナミソウはシソ科の植物です。そういえば赤紫蘇もの方が育…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひっそりと咲くタツナミソウ(立浪草)

庭木の下で薄紫色の小さな花がひっそりと咲いています。タツナミソウです。特に手入れも何もしていませんが毎年咲いてくれます。 派手ではありませんが可愛い花で好きな花の一つですね。 それにしてもいつの間にかこんなにいっぱい葉が茂っています。元気ですね。 これだけ葉が茂っているのにまだ花の数は少ないです。これからどんどん咲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いつの間にか群生していたタツナミソウ

先日裏の畑の入り口で見つけたひと株のタツナミソウの記事を書きましたが、その後その奥に群生している姿を見つけました。いつの間にか、そして何で気がつかなかったのだろうか。背が低くて他の雑草の緑に隠れてしまい、紫があまり目立たなかったから見過ごしていたようです。ひと株だけ見つけて喜んでいた自分が恥ずかしい(><) もの凄い数のタツナミソ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タツナミソウ(立浪草)の花

裏庭の雑草の中から紫色の花が出てきていた。ひっそりという感じでお淑やかに咲いていました。 タツナミソウの花です。本土では晩春から初夏にかけて咲くそうですが、屋久島では1ヶ月以上早く咲いてしまうのです。 もともとここにあったのか、それともかあさんの植えたものが飛んできたのかは不明ですが、足元で「踏む…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タツナミソウ(立浪草)が咲いている

庭の隅っこで薄紫のタツナミソウの花がひっそりと咲いています。まるで目立つのは苦手ですと言っているかのように。 屋久島では今頃このタツナミソウが雑草に混じって咲いていたりします。一つ見つけると、その近くに群生している事が多いですね。 我が家のこのタツナミソウもどこからかこぼれ種が飛んできたもののようです。日本では福島以南に生息するとの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more