テーマ:自然現象

大きなアーチ虹

最近見られなかった虹が久しぶりに見られました。それも山裾から海までつながった大きな虹です。距離的には何キロもあるでしょう。 畑越しに撮った写真です。青空にかかる虹も綺麗ですがこんな曇り空で暗い中に架かる虹のアーチもなかなかですよね。 山裾です。 アーチの中央辺り。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲が沸き上がる瞬間

先日テニスコートから明星岳の見える山側を見たらまるで噴火しているかのように見えました。もちろん屋久島には火山がありませんからそんなはずはありません。 ちょうど積乱雲が作られているところだったのではないでしょうか。 湿った空気が温められどんどん上に向かい雲に変化していく姿です。凄い姿です。 原爆のキノコ雲のよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霧か黄砂はたまたスモックか

梅雨がすっかり上がった屋久島、連日猛暑が続いております。でも比較的湿度が低いので助かっています。不快感は気温と湿度の相乗効果ですから湿度が低いと不快感も和らぎます。 この日は晴れているのに何となくボヤ~とした感じの一日でした。それはいつもは緑に見える山々がまるで霧がかかったかのようにボケて見えるのです。 「健康の森公園」から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山を下りる虹

28日は仕事納めのところも多かったと思います。仕事ではありませんが私たちのテニス同好会のテニスもこの日が打ち納めでした。前日までの温かい天気とは一転して11℃ととても寒い日となりましたが今年最後のテニスなので頑張って出かけましらよ。「うー寒い!」 10時半過ぎに明星岳に虹がかかりました。薄っすらと霧雨が降ってきたのです。 時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤い月

これもちょっと前、皆既月食の前夜(7月27日)のことです。暗くなり始めた20時前、東の空に月が昇りました。月齢はほぼほぼ満月です。 いつものような白っぽい月ではありませんでした。赤かったのです。 屋久島の日の入りは19時20分ごろですから、太陽が沈んでから30分ほどです。 きれいに撮れたのはこちらの写真、どうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家の前に巨大な虹が

家の前に巨大な虹が現れました。家の中で用事をしていて何気なくふっと外を見ると南側の空に虹が立っていました。あわててカメラを持ちベランダに出て写真を撮りました。ベランダは南側にあるので最初の写真は真南からの写真です。 よく見ると外側にもう一つの虹が写っています。屋久島で時々見られる2重の虹です。 本当に虹が立っているよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの夕焼け

ちょっと前、6月15日のこと。このところあまり見かけなかった夕焼けを久しぶりに見ることが出来た。それも本当に燃えるような夕焼けで見事であった。 家のベランダから西の空を望む。夕方の7時半(19時半)である。今の時期屋久島の日の入りは19時20分ごろだが20時ごろまでは明るいのだ。 3分後に同じアングルから撮った写真、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大きな虹が

この日は東から強風が吹き霧雨も降る天気でした。鹿児島と屋久島を結ぶフェリーや高速船も全て欠航となりました。 夕方散歩に出たら大きな虹が出ていました。霧雨の日は虹が出やすいのです。太陽の光が霧雨の雲に当たり虹が出やすいのでしょう。 小島集落の農道から見た虹です。随分と低い位置に出ていました。写真の左側は山、右側は海です。写真を良く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

虹の出やすい場所

屋久島ではよく虹を見かけます。だから決して珍しい現象ではないのですが、中央が山の屋久島だからでしょうかどうも虹の出やすい場所があるようです。 曇りの日に私が通う安房の「健康の森公園テニスコート」から「明星岳」を見るとよく虹が架かっています。見ている場所では雨が降っていなくても虹が架かっている所は雨が降っているはずですから、明星岳辺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夜明けのシーン

冬至が過ぎこれからは少しずつ昼の時間が長くなる。しかし、屋久島の朝はまだまだ遅い。 朝6時40分ごろ辺りはまだ薄暗い。辛うじて地面が見える程度の明るさだ。犬の散歩にスタート。 家の前から東の空を写す。木の向こう、水平線が微かに赤みを帯びている。それの色が意外に美しく写っている。 15分ほど歩き高台にでる。こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

低くて幅広の虹

虹が移動する?、確かに虹は追いかけていくとどんどの先に逃げていく事はよくある。しかし、今回は虹が高いところから低いところに降りてきたのを目撃した。 テニスコートの駐車場に着いたとき、向こう側の山に虹が架かっていた。山頂が尖った山は明星岳、明らかにその上に架かっていた。 テニスコートに入ってから山を見たら・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西も東も朝焼け

冬至も過ぎたからこれからは少しずつ昼の時間が長くなる。そうは言っても日本の西にある屋久島はまだまだ日の出時間が遅い。 朝6時40分頃家を出て犬の散歩を始めるころはまだ薄暗い。20分ほど歩き7時頃になるとようやく明るみが出てくる。 雲があると面白い現象が見られる。 これは太陽が昇るのとは反対側の西の空、雲がピンク色に染まる。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒波到来

爆弾低気圧の一番外側の等圧線にかかっている屋久島、北海道や北陸ほどではないが、寒波が運ばれてきた。 12月18日の朝、雨は上がったようだが朝の犬の散歩時、身を切るような寒さに震えた。当然10℃未満であったろう。家の中の温度計は14℃を示していたが、外はもっと寒かったはずだ。 高台に出て山側を見ると案の定奥岳には白いものが残ってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

爆弾低気圧

爆弾低気圧が日本列島を被っている。北海道や日本海側などではもの凄い豪雪が記録されているようだ。TVの天気情報を見ると、細い縦縞模様に等圧線が16本もあり、北海道では台風よりも気圧が低くなっていて大荒れの天気のようだ。 屋久島はというと一番外の16本目の等圧線がかかっていてやはり風が強く、時折突風が吹く。瞬間的には20mを越える風が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海に架かった天使の梯

先日、エンジェルラダーとしてご紹介した屋久島の自然現象、今回は海にかかったその姿を捉えましたのでお見せします。 私が毎日犬の散歩をする高台の道で海が見下ろせます。時刻は午後4時ごろ、綺麗な梯子が空と海の間に架かっていました。 この日は雲が多くまた隙間もあったので見事でした。雲の隙間から差し込んだ日の光がその当たったところだけを照…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

珍しい虹の日暈(ヒガサ ニチウン)を見た

5月13日の火曜日、安房の「健康の森公テニスコート」でテニスを楽しんだ。テニスをしている最中に珍しい自然現象を目撃した。なんとなんと、太陽の周りに大きな虹の輪が出来ていたのだ。 時間はちょうど正午前後である。過去にも小さいものは見たかもしれないが、こんなに大きく完璧な虹の輪は生まれて初めて見た。普通の虹は太陽の反対側の空に出来るが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

珍しい環水平アーク

虹は日常茶飯事の屋久島ですが、この日(4月6日(金))は珍しい現象が見られました。調べると「環水平アーク」という現象らしい。私が屋久島に移住してから過去2回ほどしか見ていません。それも、今回のはとっても大きく長い環水平アークでした。 ちょうどお昼ごろです、南東の空を見ると、7色の帯が横たわっていました。明らかに虹とは違います。何故なら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天使のカーテンか天使の梯子か

屋久島ではよく見られる光景ですが、同じものは2つとありません。雲の合間から太陽の光が漏れて、そこだけがカーテンのように光の筋になります。 まるで「フランダースの犬」のラストシーンのようですね。このような光景を「天使の梯子」と呼ぶらしいですけど、たしかにこの光の梯子を上ると、天国にいけそうな気がします。この私でも(笑) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more