テーマ:モンステラ

また冷害を発見、今度はモンステラの葉

先日ポインセチアの冷害を載せましたが、我が家の庭でまた冷害を受けた植物を発見しました。今度はモンステラです。モンステラは屋久島ではポピュラーな植物で大帝の家には植えられています。大きな葉っぱが艶やかで観葉植物として植えるのと、その実が熟せば甘い果物となるからです。 この写真は我が家の庭の隅っこに植えてあるモンステラです。既に4本の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モンステラの実が4本

庭のすみに植えてあるモンステラ、今は新しく出来た実が4本生っている。先日以前に生った実1本が熟したのでもいで食べました。 この4本はまだ実になってから日が浅いのでまだまだ食べられません。まだ皮が取れていない状態、出来て間もないことを証明しています。 しばらくは観賞用ですね。 モンステラは葉っぱが観賞用の観葉植物…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新旧のモンステラの実

庭の隅っこにモンステラを植えてあるが、葉が茂りすぎたので一部切り取った。葉っぱの下からは新しいモンステラの実が現れた。 左端と右から2番目のものはこれから実になるもの。左から2番目、まるで水芭蕉のような格好をしているのはようやく皮がむけて実が姿を現した物。さらに右端は皮が茶色になっているのでもう少し前に実になったものである。 あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラに実が3本

去年襲ってきた2つの大型台風によって一度は倒されてしまった庭のモンステラだが、その後復活しいつの間にか実を生らせていたのです。 大きな葉も色濃くなり生命力の強さが伝わってくる。葉と同じ色なのでちょっと見辛いが、中央に3つの実が上を向いて立っているのが写っています。 実は前に生っていた実は台風のときに倒されてし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モンステラの花

都会では観葉植物として植木鉢や生花としてその緑色の葉が珍重されているモンステラだが、屋久島では露地植えが当たり前、我が家でも庭の片隅にこのモンステラが植えてある。 そのモンステラに今花?が咲いている。花と言っても普通の花ではない。水芭蕉のような、座禅草のような奇妙な形である。 中央にある芯のようなところが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

実は熟していたモンステラ

先日記事にしたモンステラの実、まだ熟していないと思いベランダのテーブルの上に置いておいたら2日後急に実がボロボロと壊れるようになっていました。 何の力も加えずに皮が剥がれてきたということは、実の内部が本当は熟していたということですかね。そりゃ1年以上木に付いたままでしたから、熟してない方がおかしいのですがね。 皮がボロボロと剥が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モンステラの実が落ちた

年が変わったからもう一昨年の11月頃に庭のモンステラに実が生ってから1年2ヶ月が過ぎた。モンステラの実は熟すのに1年以上かかると言われている。一昨年11月に生った実も1年以上経ったのにまだ青かったのだが・・・自分の重みに耐えかねてか、実の根本からポッキリと折れてしまった。 これが庭に植えてあるモンステラである。葉は観賞用と違いでか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

また1本モンステラの実が出来ました

また1本モンステラの実が出来ました。 昨年の10月後半に花が咲き、1ヶ月後の11月に実になったものが1本。写真手前のもう1本が今回新たに出来た実です。 そして写真前面の薄い緑色の丸まった棒状のものは新しい葉っぱです。 これが今回出来た実の拡大写真です。まだ茶色い殻が残っています。 新しいので実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇妙なモンステラの花

モンステラは屋久島ではポピュラーな植物で、大概の家には1本や2本は植えてある。 我が家でも庭の隅にモンステラを植えてある。そのモンステラに花が咲いた。花と言っても普通の形ではなく奇妙な形をしている。水芭蕉がこんな感じかもしれない。 写真中央白いものがモンステラの花である。下を向いてしまっている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだまだ熟さないモンステラ

昨年の11月初旬に実を付けた我が家のモンステラ、あれから10ヶ月経過した今、その実はというと、まだまだ熟すのは大分先になりそうです。 一般にモンステラは熟すまでに1年はかかると聞いています。 まだまだ青い、我が家のモンステラの実。 屋久島のモンステラは都会の観葉植物としてのモンステラとは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

面白い出方をするモンステラの若葉

実が生っている庭のモンステラ、その実の横に棒状の緑の柱が出来ていたが、その正体が分かりました。モンステラの新芽(若葉)でした。 モンステラの葉は非常に大きな葉で、どのように新しい葉が出てくるのかと思ったら、こんな感じで出来るのですね。 大きな葉の下で柱のような若葉が出来ています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラの花が実に変化

先日開花をお知らせした庭のモンステラ、その後中の花が実に変わりつつあります。 外のカバーのようなものが茶色くなってきて、中の棒状のものが黄色から緑色に変化してきました。花が実に成りつつあるのでしょうか。 いずれは外側にあるマントのようなものが剥がれて、棒が丸出しになるはずです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラの開花

数日前にモンステラの花芽の記事を書きましたが、その花芽が早くも開花して、面白い花を咲かせています。 あの棒のようだった花芽の皮が縦に割れて、水芭蕉のような形の花が咲いています。 花のなかにあるこの棒のようなものが、いずれ熟して食べられる実になるのです。 それにしても綺麗ですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラの花芽

庭に植えてあるモンステラにいつの間にか花芽が付いていた。葉っぱと同じ緑色なのでしばらく気がつかなかったのだ。 写真中央尖った棒状のものがモンステラの花芽です。これではなかなか気が付きませんよね(^^) 淡い緑色、いかにも芽が出てきたばかりですよと言っているかのようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラを食べる

先日10月11日の記事で、モンステラの実が生っているところをご紹介したが、今回はその実の中を見てみましょう。 ぱからさんに生ったモンステラの実が熟れていたのでいただいてきた。 手でもいでいくと、周りの6角形の皮がボロボロと落ちる。完熟している証拠だ。 そして、中身が少しずつ姿を現す。飴色をしていて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラ

モンステラの実が生っているところを見つけたので写真に撮ってきた。 モンステラはアメリカ大陸の熱帯地方に生息する植物だそうで、なんでも30種類以上もあるらしい。 都会では観葉植物として植木鉢に入れられて飾られることが多いようだが、ここ屋久島では路地植えでどんどん増え、しかも実が生る。その実は完全に熟すと甘く食べられるようになる。 ど…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

モンステラが根付いた

庭の西側の隅に植えておいたモンステラ、すっかり忘れていたのだが、見たらしっかり根付いていた。葉も濃い緑色になって広がっていた。生命力の強さに感心させられる。やはり、屋久島の気候風土に合っているようだ。 移植したときから付いていたモンステラの実は、さすがに表面は枯れているようだった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンステラを植える

かあさんが、庭の片隅に、知人からもらってきたモンステラを植えました。都会では観葉植物として人気があるようですが、屋久島に自生するモンステラはともかくでかいです。葉っぱも1枚が直径40~50cmもあるようなものが多いのです。それと、もうひとつの特徴は、屋久島のモンステラは実が生ります。熟すととっても甘くなります。 今回植えたモンステラも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甘いモンステラの実

屋久島に住んでから初めて食べたものの一つに、モンステラがある。過去2、3回ほど口にしたが、えぐいばかりであまり美味しくはなかったのが、正直な感想だ。 久しぶりにテニス仲間からモンステラを頂いた。十分に熟れているという。なるほど、周りの皮がボロボロと落ち始めている。モンステラが熟れるとは、こういう事だったんだと実感した。今までは熟れる前…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more