テーマ:メジロ

メジロの悲劇

先日「なかなか写真に撮れないメジロ」というタイトルで記事を書きましたが、思わぬことが起きメジロを間近で写真に撮ることが出来ました。出来ましたが、実は・・・ 居間にいたら窓の方から「コツン!」と音がしました。見るとベランダに置いた椅子の上に一羽の小鳥が寝ているではありませんか。 メジロだと直ぐに分かり、ベランダに出て様子を伺い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なかなか写真に撮れないメジロ

屋久島の家の垣根にはハマヒサカキが多く使われています。このハマヒサカキですが屋久島では何故かケタンキと呼ばれています。私も今では平気でケタンキと言っています。で、冬のこの時期ケタンキには小さな実がびっしりと生っています。そしてちょっと異様なにおいを放っています。不思議なもので移住してから数年間はこの匂いに参っていたのですが慣れた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メジロのとんだ災難

散歩から帰ってきたらベランダに1羽の小鳥が転がっていました。「あ~、またやったな」と瞬間的に理解した。居間の引き戸のガラスに体当たりしてしまったのだ。 年に何回か鳥がこのガラス戸にぶつかり脳震盪を起こしたり死んでしまったりするのだ。鳥は目が悪いのだろう、透明ガラスの存在に気がつかないのだ。 見ると目の周りの白さが無くなっていたが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまたメジロが神風特攻隊

去年の暮れにもあったことですが、我が家の居間のガラス戸にまたまたメジロがぶつかってきました。まるで、神風特攻隊のようです。 そして脳震盪を起こしたのも、前回と全く同じ状態です。屋久島のメジロはアホなのでしょうか(笑) かあさんも前回やったのと同じように手の中でメジロを生き返らせました。ここ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

脳震とうを起こしたメジロ

ちょっと前に、我が家の窓ガラスに映る自分の姿を敵だと思い、ぶつかってきたジョウビタキのお話を書きましたが、今度は屋久島にいっぱい生息しているメジロのお話です。 居間で食後のお茶を飲んでいたとき、窓ガラスの方でコツンと音がした。何だろうと思いガラス越しにベランダを見ると、板の上に一羽の小鳥がひっくり返っていました。 完全に仰向けに…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

屋久島のメジロ

この時期屋久島の南部ではハマヒサカキ(屋久島の通称ケタンキ)の花と実が独特の香りを放っています。それを目当てに大きなヒヨドリなどとともにかわいいメジロが沢山飛んできます。もともと小さい上に色が鶯色(本物のウグイスよりもメジロの方がウグイス色というのも可笑しいですがそうなんです)なので、葉の中に入ってしまうと保護色でどこにいるのか分からな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more