テーマ:自然

秋の朝焼け

秋だな~。屋久島の日の出も6時半ごろになってきた。 私の日課のひとつである毎朝2頭の愛犬の散歩。夏の間は朝6時頃には家を出ていたのだが、だんだん遅くなってきて、今では早くても6時20分、遅いときには6時半を過ぎてしまう。明け方は涼しいし、明るくなるのが遅くなって寝やすいのでついつい寝坊してしまうのだ(><) この日も6時半ごろに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕焼け

久しぶりの雨が約2日間続き、2日目の夕方雨が止んだ。 夕方7時過ぎ西の空が赤い。青と赤とのグラデーションが美しい。 その後だんだん赤くなってきた。これだけ燃えている夕焼けは久しぶりのような気がする。 西の空全体が赤い。 こんな夕焼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

低く流れる雲

屋久島は水の島です。水の島の元は雨です。雨の元は雲ですね。 その雲が前岳を低く流れていました。こんな景色も屋久島ならではです。 写真右端はモッチョム岳です。他の前岳は雲に隠れていて見えません。いかに雲が低いか分かりますね。 この写真で見ると更に雲の低さが強調されます。 のど…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海のグラデーション

この日屋久島南部は、ほぼ一日中薄曇りであった。 この日もベランダの修復作業のため材木を加工していた。ふと海を眺めたらブルーのグラデーションが広がっていた。薄曇りでも海がこんなに美しく見える時もあるのだ。 我が家の南には海が広がっているのだが、雑木で視界がさえぎられている。一部だけ逆三角形に海が開けている場所があって、そこからグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜巻の卵?

「健康の森公園」の陸上競技場を見に行った帰り、海の方に奇妙な形の雲を発見、何だこりゃ。 写真中央厚い雲があるが、そこから下に伸びてきている一本の黒い線が見えるだろうか。 ズームで撮ってみた。 黒い雨雲の中から鉛筆の芯のような黒い雲が垂れ下がってきている。 竜巻のようだ。いや竜巻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

客人と大川の滝へ

屋久島の我が家にやってきた以前の隣人ご夫妻、カヤックに乗る前に時間があったので大川の滝(おおこのたき)にご案内しました。朝比較的早い時間であったせいか、連休中だと言うのに、他に人がおらず一人占め状態で滝を見学できました。 日本名瀑100選の一つ、大川の滝の雄姿です。相変わらず水量が豊富でした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すわ、梅雨明けか?

前日までジトジト雨が降っていた屋久島南部、この日はスカッと快晴、気温もグングン上がった。まるで梅雨明けのよう。 まだ山には低い雲がかかっていたが、空は真っ青、一気に梅雨明け模様。 久しぶりの快晴、やっぱり気持ちが良いな(^^) いきなり梅雨前線が北上したのだろうか。前日ま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奇跡的に見られた金環食

5月21日は日本中が金環食一色、日本列島の太平洋側ではほとんどの地域で金環食が見られたようだ。 南九州地域は日本で金環食が最初(午前7時20分)に見られるということで、屋久島でも期待している人が多かった。 そんな中で、南九州方面は朝から厚い雲が覆い、東風も強い最悪の条件となってしまった。 私が住む屋久島南部でも朝6時ごろは雨が拭き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

群生するテッポウユリ

先だって、テッポウユリが咲き始めた記事を書きましたが、屋久島の南部では今テッポウユリが目いっぱい咲いています。 この前、蕾の状態をご紹介した畑の土手に群生しているテッポウユリもご覧の通りみんな競うように咲いていました。 緑の雑草の中、真っ白なテッポウユリの花が目立ちますね。 写真を撮って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島の風の力

屋久島では雨が多いと言われるが、風も非常に強く吹く。 私がよく行く平内海中温泉、その駐車場にその証拠(痕跡)を見つけた。何十回も何百回もここに車を止めていたのだが、今まで気が付いていなかった。 この日車を止めて、何となく駐車場の木々を見たら、えっ、こんなに曲がっていたのかと初めて気がついた。 多分樫の木だろうが、海から吹き付ける西…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

うろこ雲

テニスをしていたら、突然空がうろこ雲で覆われてしまった。すごい、すごい。 春だというのに秋のような感じ。 それにしても、空全体を覆うこのようなうろこ雲は珍しい。 一瞬空全体を覆ったので、太陽の光も閉ざされてしまった。うろこ雲は地震の予兆だという人もいるし、雨の前触れだとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明星岳(651m)に登る(その1)

2月19日の日曜日、いつもテニスコートから眺めていた三角の山、明星岳に初めて登った。いや、登ってきたと言うより楽しく行ってきたという感じ。 明星岳はあまり観光客が行かない山だ。そして安房の岳参りの山でもある。 2年ほど前の私のブログでもご紹介している。 しかし、いくら低い山だからと言って、やっぱり登って降りたのだから、登ってき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カブトムシの幼虫

かあさんの畑で土造り作業をした。「ぱからさん」からいただいた馬糞の堆肥が畑の隅に蓄積してある。畑に苗を植える穴を掘り、堆肥をそれの穴の中に撒いた。これで1カ月ほどすると、良い土が出来上がる。 その時、堆肥の中から何か出てきた。写真中央やや右下。 カブトムシの幼虫だった。せっかく温かい堆肥の中で眠っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

光のシャワーが海に落ちる

毎度のことで、屋久島では珍しくないかもしれません。それでも何故かこの光景を見るとシャッターを押したくなる衝動を抑える事が出来ません。不思議です。 雲の合間から漏れた太陽の光がシャワーのように海に降り注ぎます。いわゆるエンジェルカーテンですが、同じものは2つとありませんから、毎回違う光景を楽しませてくれます。 向こうに見える白く光って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

早くも杉花粉か

花粉症の方には嫌な話だが、屋久島では早くも杉がいっぱいの花粉を抱えだしましたようだ。 私の家のすぐ近くにある杉の木を見たら、ご覧のように杉花粉が膨らんでいた。 この写真ではちょっと見辛いですが、 アップにすると、こんなです。凄い花粉でしょ。いや正確にはまだ花粉にはなっていませんので、花ですか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島のジョロウグモ

屋久島には蜘蛛それもジョロウグモが多く生息している。ジョロウグモにも2種類があるらしい。屋久島で見かけるのは普通のジョロウグモかオオジョロウグモか分からないが、とっても大きいのもいる(3cm~5cm)から、もしかしたらオオジョロウグモもいるのかもしれない。 ともかく屋久島のジョロウグモの糸は強い。今の時期、あちらこちらにネットを張って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雲から顔を出す割石岳の雄姿

曇りのこの日、山々は雲に覆われていてほとんど隠れてしまっていた。 屋久島の雲は低い。だから、山が隠れることは日常よく見られる光景なのだ。 そんな中、割石岳(1410m)の頂上付近だけが顔を出していた。 ここだけ見るとどんな山奥の風景かと思える。 割石岳はモッチョム岳(944m)よりも標高が高く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感動する夕日

屋久島の秋、平内海中温泉から眺める夕日は、何度見ても感動します。 夏は山に沈んでいた夕日が、秋になると海に落ちます。それはそれは見事な夕日です。 夕方になると気温も涼しくなり、ゆっくりと温泉に浸かるのも最高なひと時ですが、加えてこの夕日、まったく贅沢な時間ですね。 太陽が沈むだけで、人間はこんなに感動できる動物なんですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋近し

屋久島の夕焼けが美しくなってきた。少し前までは夜7時半になっても明るかった空が、7時には暗くなってくるこの頃である。日没時間が1時間ほど短くなった。 また、夏には山側奥深く沈んでいた夕日がだんだん海寄りに近づく。今は山裾に日が落ちている。 時刻は6時半ごろ、山裾に落ちる夕日に照らされた空がピンク色とブルーで染められる。 山の稜線も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの天使のカーテン(天使の梯子)

屋久島では比較的よく見られる自然現象、雲の合間から太陽の光が漏れ出てまるでカーテンのように照らす現象である。人はこの現象を「天使のカーテン」とか「天使の梯子」とか呼ぶ。まるで天に上れるような光の悪戯である。 ここのところ暫く見ていなかったが、9月に入り屋久島の西でこの現象が見られた。 平内海中温泉の上から西の湯泊方面を撮った写真であ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モッチョムから海に架かる虹の橋

夕方、小雨が降った後、西日を受けて東の方向、モッチョム岳から海にかけて虹が出た。大きな虹であった。 左端にあるモッチョムから大きなアーチがかかり、右端の海の方向に続いている。アーチが大きすぎて全部一緒には写せなかった。 これは別の場所から撮った写真。 海に落ちていると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの二重虹

屋久島では良く見られていた二重に架かる虹、最近あまり見られなくなっていました。どうしてなのだろうか。 それが、久しぶりに見る事が出来ました。ちょっと薄いですが、家の東側にかかった二重の虹です。はっきり写っている虹の上に薄っすらとかかっているもう一つの虹があります。 この二重の虹は必ずシンメトリーになっています。1番目の虹は内側が青っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自然の中に見る命の終わり

こんな光景は東京にいたらたぶん見ことが出来なかったでしょう。我が家の東側、雑木林になっている山側に、そこの木に何かがある。 写真中央、木の枝に何かがいる。 もう少し近付いて見る。小鳥だ。枝の股に止まっているようにも見える。しかし、動かない。首が見えない。そうだ死んでいるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

家の前の海は見事なグラデーション

家の真上の空は曇り、今にも雨が落ちてきそうな天気でしたが、ベランダから南の海を見ると、綺麗なグラデーションが広がっていました。濃紺から薄い白に近い淡いブルーまで、見事なまでの彩色です。 安いデジカメでは、写真ではなかなかこの美しさは捉えきれませんが、とりあえずご覧下さい。 自然の創りだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

テニスコートの向こうに低い虹

この日は朝10時からテニスの予定、少し天気は怪しかったが平内は降っていなかったのでコートに出かけました。 屋久島は丸い島、真ん中が高い山で風や雲が微妙に変化する。従って、島のどこかで雨が降っていても、どこかは晴れていることが多い。この冬の時期は南は晴れるが、北西部から北(上屋久方面)は曇ったり、雨になったりが多い。 コートは島の東、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きれいな帯が引かれた海

屋久島、初春の海。我が家のウッドデッキから南側を見ると、逆三角に視野が開け、そこから海が見える。よくタバコを吸いながら、ここから海を眺めるのが好きで、日課のようになっています。 この日の海は、横にたくさん帯が走っていました。きれいです。 ズームしてみると、もっとはっきりと帯状の海が見え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

UFOのような雲

穏やかなこの日、空をみたら円盤型UFOのような形をした雲がポッカリ浮いていました。大晦日からず~っと天気が悪かったのですが、1月2日だけは屋久島らしい暖かい1日でした。毎年お正月はこんな感じの天気だったような気がします。ポカポカと暖かいので、雲も浮かれて、こんな形になったのでしょうかね(^^) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。屋久島は雪!

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さて、昨日の大晦日、屋久島は強烈な寒波に襲われました。私が屋久島に移住してからこれほど寒いと感じたことは初めてなくらいです。 空や海は大荒れで、飛行機もフェリーもみんなストップ、予約客のキャンセルがあいついで、ホテルなどの宿泊期間は大損害のようです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年最後の夕日ショー

今年も押し迫ってきました。今日はもう、大晦日ですね。1年経つのが毎年早くなってきます。 どうやら年末は天気が悪そうです。今年最後の詩吟のお稽古に出かけたこの日、師匠の家から眺めた夕日です。師匠の家は海を一望に眺められる高台にあります。ここから見える冬の夕日は絶品です。そして、これが今年の夕日の見納めです。 今年最後の夕日…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

夕焼けの反射で面白い形の雲

屋久島も黄昏時がだいぶ早くなってきた。夕方、西側は日が沈み赤く染まっている。その赤が反対側の雲に届き、白い入道雲が赤みを帯びてきれいに光っていました。低くたれている黒い雲がその白い雲をくるむようにして面白い形を形成していました。 直接見る夕焼けも良いが、その光を受けた反対側のこのような景色も、い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more