テーマ:自然

50年に一度の大雨翌朝の庭

テレビのニュースなどで50年に一度の大雨と伝えられた屋久島ですが場所によって雨の降り方もかなり違ったようです。もっとも山ではどこでも大雨だったようです。そのため多くの登山客の方たちが足止めをくっているのは心配ですね。 我が家にも親戚や友人から安否確認の電話やメールが入りました。まああのニュースも見たら心配しますよね。 私の住…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淀川で沢登り(3)

淀川の沢登りの続き、今回が最終回です。 さて、ポッドの多い場所で子供たちが遊びます。ポーズをとって記念撮影。 年長のヒナト君はまるで温泉に入るかのようにポッドの中に入りました(^^) この写真はポッドの中に小石が入っているのが分かります。 さあ、さらに先に進みましょう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淀川で沢登り(1)

夏休みで屋久島に来ている孫の幸志郎、この日は淀川の沢登りに挑戦です。 淀川は屋久島最高峰の宮之浦岳に上る淀川登山口から山に入り、40分ほど歩いたところにある淀川小屋近くを流れている川で、屋久島の川の中では一番流れが穏やかな川です。水は透明で澄み渡り、川底が見える美しい川です。私も宮之浦岳や黒味岳に上ったときにこの川を渡って行きまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハゼノキの生命力

我が家から農道に出る坂道沿いには雑木が茂っていましたが昨年電線にかかってきたということで大量に伐採され、今はずいぶんと空間が広がった感じがします。 さて、伐採された木はほとんどそのまま放置され自然に朽ちるのを待つばかりです。さてそんな中松の木などは倒れたまま復活する兆しはありませんが、切られた切り株からいち早く新しい芽を出し枝を伸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山河湧水で間つぶし

家の外壁塗装が行われている最中です。日中は暑いので家を閉め切ってエアコンをかけてなんとか凌ごうとしたが、塗料の匂いは家の中まで入ってきてどうにもならない。そこで家を脱出してどこかで時間つぶしをすることにした。 この日は午前中はホテルのロビー、そして午後はいつまでもホテルに居られないので外に出た。車であても無く走り、「そうだここが良…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう直咲きそう、野アザミの花

2月22日の記事でアザミの葉っぱについて書きましたが、あれから3週間、再び覘いて見ると中央から茎が伸びてきていました。いつの間にこんなに大きくなったのであろうか。自然の力って凄いです。 しかもその真ん中には既に紫色の花を包んだ蕾がありました。もう直ぐにでも咲きそうです。 ちょっとボケてしまいましたが真…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早くもイチゴの花が

農道を散歩していたら白い花が目に入った。イチゴの花だ。もちろんイチゴと言っても野いちごだ。もう咲き始めたのか、春が近づいていることが実感できる。 雑木林の手前で真っ白な花が数厘咲いている。 真っ白な花はバックが雑木林で暗いので目立つ。なかなか可憐な花なのだ。 調べると野いちごには多くの種類がある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自然に見る色々な種

今の時期農道を散歩すると植物は花よりも種が目に付きます。 12月そして1月と黄色い花で目を楽しませてくれたツワブキ、暫く忘れていましたが改めて観察すると花が終わり綿帽子のような種をたくさん付けていました。いつの間にです。 ツワブキは海の近くで多く生息するので屋久島ではどこでもいっぱい自生しており、農道沿いには特に多く見かけま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島にも寒波到来

屋久島もこのところ寒い日が続いています。2月11日建国記念の日は朝から雨模様で猛烈な?寒さでした。時折パラパラと音がしたのは霰(あられ)でした。寒いはずです。この日は一日中暖房を入れっぱなし、電気代もだいぶ嵩んだことでしょうね(><) 私の住んでいる屋久島南部の前岳(里に面した山々)も薄っすらと雪化粧でした。奥岳では相当に雪が降っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サツマサンキライ(山帰来)の花

雑木林で可憐な花を見つけた。サンキライ(山帰来)の花だ。サンキライで調べると蔓性の落葉樹とあるが屋久島ではあまり落葉はしない。 サンキライは別名サルトリイバラ(猿捕茨)と呼ばれ、棘が猿を捕らえるほどだとのこと。本当かな。 ただし屋久島に自生しているサンキライは正確に言うと同種のサツマサンキライという植物で日本では宮崎以南に自生し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

霞む空PM2.5か

昨日6日、かあさんが無事に帰ってきた。実はこの日屋久島の北東部では強風が吹いていて屋久島空港の近くではおそらく15m以上あったのではないか。従って大阪からかあさんを乗せた飛行機も条件付の飛行で、着陸できない場合は引き返すこともあるという条件で飛んだ。まあ屋久島便の場合条件付の飛行は珍しいことではないが少し心配した。しかしプロペラ機は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島はハゼノキの当たり年

本ブログでも度々取り上げているハゼノキだが、1月半ばを過ぎてから益々その赤さが目立つようになってきた。移住してから12年、こんなにハゼノキが目立った年はなかった。何故だろうか。 私が住む屋久島南部ではどこを歩いても真っ赤に紅葉したハゼノキばかりが目に入ってくる。まるで花が咲いたかのように鮮やかである。昨年までもハゼノキは同じくらい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛りを過ぎたサキシマフヨウ

9月の終わりから10月初旬にかけて咲き始めた屋久島のサキシマフヨウ、11月も中旬を過ぎてそろそろ盛りが終わった感じです。 サキシマフヨウは南西諸島では自然の中でどこでも見られる繁殖力の高い植物です。花はピンク色、薄いピンクそして白があります。私の住む屋久島の南部では薄いピンクか白が多いですね。 場所を選ばずこぼれ種で増えていきま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島のスーパームーン

11月14日は満月で、しかもスーパームーン(普段の満月より大きく見える)中のスーパームーンで何と68年振りだったそうですね。月と地球の距離がかなり近づいているからだそうです。次に見られるのは18年後だそうですから、私はもう見られないかもしれません。どうしても見たかったのですが・・・ 残念ながらスーパームーンの当日屋久島は雨でした。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

珍鳥ハシブトゴイ屋久島で発見か

10月5日の南日本新聞社会面に面白い記事が載っていましたのでご紹介しておきます。たまたま私の知っているガイドさんが最初に発見したとのことで余計に興味がわきました。 屋久島の安房川で非常に珍しい鳥が観察されたとのニュースでした。その名前は「ハシブトゴイ(嘴太五位)」と言います。私ももちろん初めて聞いた名前です。まだハシブトゴイと確定…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見事な鱗雲、鰯雲

テニスをしていて休憩時に空を見上げたら変わった雲の世界が広がっていました。あまりにも見事な雲だったので写真に撮ってきました。 あるところから別れ、北(山側)半分は普通の夏の雲、南側(海側)半分は奇妙な曲線で区切られそこには鰯雲とか鱗雲とか呼ばれる秋の雲が広がっていました。 写真はちょうど境目のところですが、写真を撮っている間にも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自然の描く絵

散歩道の途中にコンクリートの塀があり、そこに植物の蔦がへばり付いています。それが見ようによっては誰かが描いた絵画のように見えるから不思議です。 この植物の名前は何だか分かりませんが屋久島ではよく見掛けます。場所によってはもっと全体に広がり大きなカンバスに絵が描かれています。 この場所は年月が浅いのかまだ全体に広がってはいません。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初冠雪

TVのニュースで12月5日には鹿児島の桜島でも初冠雪が見られたという。同じ日我が家の北側に見える割石岳の頂上辺りが白く見えた。屋久島南部で里から見える山で今年の初冠雪であった。屋久島も高い山が多いので、奥岳(里からは見えない奥にある山々)ではとっくに雪は降っていると思うが、里から冠雪した山が見られるとやはり冬を感じる。 写真右端は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雲のある風景

冬に向かう屋久島は北西の風が吹くことが多いので、雲は西から東に流れる。夏の入道雲と違いこの時期の雲は低く黒いのが特徴だ。快晴の日もあるが、雲のかかる日のほうが多いかもしれない。 この冬の雲はその雲間から太陽の光が筋状に漏れ出ることが多い。雲は刻々と流れるのでどんどんその姿が変化するのが面白い。 今時期の雲は濃い所…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

テニスコートで低い虹を見た

ここのところの屋久島の天気は晴れ、曇りそして雨が入れ替り立ち替りである。 この11月よりテニスは月水金の3回行うようにしている。この日は朝から小雨が降り、テニスがやれるかやれないか微妙な天気であった。私たちが住んでいる平内とテニスコートのある安房地区は20kmも離れているので、判断が難しかった。結局現地に行って判断することにした。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の朝焼け

秋も深まってきた屋久島。秋の屋久島は夕日が海に沈むシーンが美しい。 夕日も綺麗だがこの時期は朝焼けも見事である。特に東の空に雲があるときに綺麗な朝焼けを拝むことができる。 我が家から見た朝焼け。雲が紅く染まり幻想的にすら感じる。 秋になると屋久島ではこんな朝焼けが頻繁に見られる。毎回感動する。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハマユウ(浜木綿)の群生

屋久島の西、栗生の青少年村の海岸はハマユウの群生地である。毎年孫たちが来て遊ぶ塚崎海岸とは反対側の海岸である。ここの海は結構深くダイビングスポットでもあり、多くの魚が見られる。 海岸のハマユウは既に盛りは過ぎていたようで、花が終わり始めていた。 海岸側から山側を見ると一面ハマユウで埋め尽くされている。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

口永良部島が噴火

8月3日、TVを見ていたら突然テロップが流れた。何だろうかと目を凝らしたら、口永良部島の新岳が噴火したというニュースであった。 口永良部島は屋久島の西北約12kmに位置し、行政的には屋久島と同じ屋久島町に属する。人口は135人程度の小さな島で、良い温泉がいくつかある。屋久島との間には町営船のフェリー「太陽」が定期運行されている。私…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

不気味な感じの夕焼け

台風が来る直前の夕方、居間から見た空の色が突然黄昏色に変化した。生暖かく柔らかい風が吹き、不気味な雰囲気を醸し出した。 いかにも台風が来そうな感じであった。 空を見ると青と紫が入り交じって何とも言えない色を創り出していた。(00945) しばらくしたら、西の空が燃えてきた。凄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

くもが山のようだ

まるで向こうに山があるように見えた。向こうは大海原なので山なんかあるはずが無いのだが、あまりに大きな雨雲で海も暗くなり、そこから巨大な山が迫ってきているかの錯覚を覚えた。 海絵と続く一本道から見えた風景である。 これはきっと雨雲に違いない。だんだんこちらに近づいてきているような怖さが襲う。 これだけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

低い雲が流れる風景

梅雨どきの屋久島らしい風景を犬の散歩の途中で写真に撮ってきた。 屋久島は周りを海に囲まれ、島の中央部には高い山々(奥岳)がある。そして奥岳を包むように人の住む里の周りには前岳と呼ばれる比較的低い山々が囲んでいる。前岳の高さは数百メートル、低い山は300m~400m程度である。 その前岳に細長く雲が掛かっていた。いかにもこの時期の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

屋久島南部に霰(あられ)が降った

寒い、寒い! 11月29日の朝、空が薄暗くなったと思ったら突然雷の轟音が轟いた。次の瞬間、屋根やベランダがバチバチと音をたてた。そして雨に混じって空から白いものが落ちてきた。 小さな氷の塊であった。霰(あられ)だ。 8年以上屋久島の南部に住んでいるが、極めて稀である。もしかしたら我が家で見るのは初めての体験かもしれない。 庭…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

屋久島の日の出、日の入り時間

朝晩がかなり冷え込んできた屋久島、私が住んでいた関東地方と比べると、日の出が遅くその分日の入りも後ろにずれて遅くなる。 この時期関東の日の出は6時半頃、日の入りは夕方の4時半頃である。対して屋久島の日の出は7時頃、日の入りは夕方5時半ごろである。日の出で約30分、日の入りで約1時間のギャップがある。 私は毎朝30分ほど犬の散歩を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の朝焼け

秋だな~。屋久島の日の出も6時半ごろになってきた。 私の日課のひとつである毎朝2頭の愛犬の散歩。夏の間は朝6時頃には家を出ていたのだが、だんだん遅くなってきて、今では早くても6時20分、遅いときには6時半を過ぎてしまう。明け方は涼しいし、明るくなるのが遅くなって寝やすいのでついつい寝坊してしまうのだ(><) この日も6時半ごろに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕焼け

久しぶりの雨が約2日間続き、2日目の夕方雨が止んだ。 夕方7時過ぎ西の空が赤い。青と赤とのグラデーションが美しい。 その後だんだん赤くなってきた。これだけ燃えている夕焼けは久しぶりのような気がする。 西の空全体が赤い。 こんな夕焼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more