テーマ:田んぼ

稲穂が出始めた田んぼの風景

今のところ雨が少なくしかも涼しい屋久島の梅雨時です。そんな中で田んぼはどうなっているのでしょうか。お隣の集落(小島)の田んぼを覗いてみました。 一面青々とした田んぼが広がり爽やかな風が通り過ぎ心地良い気分でした。バックには屋久島南部のシンボルであるモッチョム岳が見下ろしています。 長閑な風景です。 5月の連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早くも稲穂が出てきた

僅かな量であるが屋久島でも稲作をしている農家がある。おそらく自前用で外に出ることはほとんど無いであろう。そんな稲作をしている田んぼの一つが近くにある。青々とした稲が元気に育っているようだ。 雨が上がったこの日、今年の最高気温を記録した屋久島、海の青さがクッキリとしてきた。田んぼのはるか向こうに青い海が見える。 田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稲、カライモ、ウコン

散歩で通る小島地区の畑や田んぼ、日照り続きの中作物は元気に育っているようです。夏の暑い中農家の人は汗水流しながらの農作業、本当に頭が下がりますね。 まずは田んぼ、一面午後の日に照らされて黄金色に輝いていて眩しいくらいです。聞いた話では8月初旬のお祭りまでには稲刈りを終わらせるとか、お祭りには刈り取った新米を神様に捧げるのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑と田んぼの風景

私が犬の散歩をするコースの一つに海を見下ろす両サイドが畑の道がある。屋久島としては広大?な畑である。 畑は連作を避けているのであろう、毎年違うものを栽培している。どうやら今年は薩摩芋らしい。屋久島も鹿児島県なので薩摩芋と言うかと思いきや、唐芋(カライモ)と呼ぶ人が多いのは以外である。薩摩芋と言うのは県外の人の方が多いのかもしれない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島はもうじき稲刈り

私の住む屋久島南部では僅かながらお米が作られている。 4月の初旬に田植えが行われ植えられた稲は順調に成長し、稲穂を垂れるようになってきた。私の住んでいた千葉の田園風景ほど雄大ではないが、屋久島の田んぼもそこそこの大きさである。 風に揺らされて稲穂がざわついていました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

屋久島南部の畑と水田風景

私の住む屋久島の南部、今ようやく梅雨明けを向かえようとしています。湿度が高いこの時期、植物の成長は凄まじいものがあります。雑草も1日で数センチも伸びてしまいます。そんな中、散歩で歩く近所の畑や水田は今どんな状態になっているでしょうか。 まずはこの畑、何を作っている畑だと思われますか。1カ月ほど前、畑に黒いシートとそれに等間隔に竹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田んぼとコスモスのアンマッチ

去年の秋、一面コスモス畑になっていたところが今は田植えが終わったばかりの田んぼがあります。ちなみに屋久島でもコメは作られています。 その田植えが終わった田んぼとコスモスの花が同時に見ることができます。この時期、もう夏も近くなった屋久島で、何故コスモスが咲いているのでしょうか。不思議ですね。きっと去年の秋のこぼれ種から咲いたのでしょう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島の南ではすでに田植えが終わった

4月の初めではあるが屋久島の南部ではすでに田植えが終わったところがある。小島集落には多くの田んぼがあるが、ご覧のようにすでに苗が植えられている。水面に木々を写し田んぼは苗を育て始めた。 ここ屋久島で出来るお米を私はまだ食べたことは無い。スーパーなどにも出回ることがないからだ。今田植えが終わったと言うことは7月の後半…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more