テーマ:

いよいよ本格的な工事が始まった

我が家から東に50mほど、海を一望できる素晴らしいロケーションの土地が造成されたのはかなり前ですが、先日ようやく家が建つ兆しが見えてきました。 そしていよいよ工事開始です。 大きなダンプカーが行き来して土を盛っています。駐車場にする場所の整地でしょうか。 海に下りられそうな下の土地にはユンボが入って工事をし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光る海に松の幼木

快晴のこの日家から歩いて30秒の海の見下ろせる場所に行ってみました。ここはかなり前に造成が終わりいつでも家が建てられるように準備された場所です。今年中にも着工するのかと思っていたのですがその後何ら進展がないようです。どうしたのでしょうかね。 海を眺めたら太陽に照らされた海面がキラキラと光っていました。 長閑な景色です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の海とススキの風景

こところの屋久島は雨が降らず快晴続きです。空気も乾燥していて気持ちがいい。でもあまりにも雨が降らないので畑や庭木に水をやらなければならない。雨と違って人がする散水は大した量は撒けないです。 東側の海の見える場所に出てみた。いかにも屋久島の秋らしい風景、ススキと広がる海が写真に撮れました。 風がなく海もべた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海の風景、屋久島はまだ夏

関東などはこのところかなり涼しくなったようですね。朝晩は寒く感じることも多いとか。羨ましい?ですね。屋久島はやや涼しくなったものの日中はまだまだ夏です。 この日は島の西にある栗生診療所の耳鼻科に行きました。私は耳が痒くなるのが常でついつい綿棒などで耳の中をほじってしまう癖があるのです。そのため外耳が炎症を起こしたりします。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四ツ瀬浜で泳ぐ

この日は島の反対側にある四ツ瀬浜まで泳ぎに行きました。でも台風の余波で波が高くちょっと危険なのであまり沖には出ないように注意して浜の近くだけで遊ばせました。 波はあったものの景色は相変わらず美しい場所です。そして誰もいないのでまるでプライベートビーチのようです。 誰もいないビーチを歩くミウとシホちゃん。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湯泊と栗生の海で遊ぶミウ

一番上の孫ミウが中学そして高校時代の同級生と一緒に屋久島にやって来ています。来るときはちょっと飛行機が遅れましたが無事に到着してホッとしました。一緒に来たお友達はシホさんと言い偶然ですが先日まで来ていた私の娘と同じ名前です。 そんな2人の来客ですが、生憎と台風19号と20号が近づいてきていてこの先の天気が心配となってきました。台風…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

幸志郎、屋久島の海で遊ぶ

幸志郎、この日は屋久島の反対側、永田集落近くの海に泳ぎに行きました。「パカラさん」そして「南の島の素人大工さん」のご夫婦そしてお友達のヒナト君とユタカ君も一緒です。 行ったのは四つ瀬の浜と言ってあまり人が来ない海です。この日も他に誰もいなく貸しきり状態でした。 小さな浜ですが砂浜は美しい。浜には小さな沢が流れ込んでいます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関東に先を越された?

沖縄や奄美の梅雨は明けたようです。そして何んと何んと関東甲信地方が梅雨明けになった。屋久島というか南九州よりも関東のほうが梅雨明けが早いなんて聞いたことが無い。 ああ、屋久島の梅雨明けはいつになるのだろうか。 家の東側を歩いて30秒、海の見下ろせる空き地に行ってみた。時々ここに来ては気分転換を計ることにしている。 梅雨が明けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白波立つ海と亀のような岩

この日は晴れたが午後から強風が吹きました。鹿児島と屋久島を結ぶフェリーも一部が欠航となったほどです。 いつものように犬の散歩で海が臨める場所にやってきました。手前は畑、向こうは海です。この写真だけでは長閑な風景に見えますが、 海を見ると大きなうねりと共に白波がいっぱい立っています。白波の多さは海を駆け抜ける風の強さを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のような海

昨日(2月9日)の屋久島南部は気温が19℃まで上がり、テニスを半袖でしましたよ。それでも動いたら汗がわいてきました。 一昨日は久しぶりの快晴、風も無く穏やかな日になったこの日(2月8日)、私は栗生の診療所に向かいました。気温も平内では15℃まで上がり心地よく車を運転しました。 途中、海が余りにも青く美しいので車を止めて写真を撮り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸志郎がやって来た

夏休みで孫の幸志郎が今年も屋久島にやって来た。 次の日、「パカラさん」が栗生の海で遊んでくれました。最初はぐずっていた幸志郎ですが「パカラさん」の根気よい説得で何とか海に入りました。 写真はすべて「パカラさん」が撮ってくれたものです。 現金なもので海に入ったらハイテンションな幸志郎でした。 海で「パカラさん」にロープ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハワイの海でで泳ぐ

お互いに歳をとった私たち夫婦、結婚47周年のハワイ旅行でした。 思えば47年前新婚旅行で行ったのがグアム島でした。47年前のグアム島はそれはきれいな海でした。20代の若者だった私たちはほとんど人のいない海で泳いだものでした。20年後に行ったグアム島は人がいっぱい、ホテル乱立で昔の面影もありませんでした。 今回のハワイ旅行、さすが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光る海と船

晴れて気持ちの良い朝、家に直ぐ東側にある造成地(どうやら当分は家が建たないようです)から海を眺めた。朝日が海を照らし眩しいばかり。光が反射して海は青く見えず、まるで白黒の画面を見ているようであった。 しばらく眺めていたら、一艘の船が現れた。何の船だろうか? 肉眼では良く見えないのでカメラのレンズをズーミングして覘いて見た…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひねもすのたりのたりかな

家の東側20秒ほど歩いた所に現在発売中の宅地があり、そこから海が見渡せる。天気が良い日などはそこに出て行って海を眺めると気持ちが晴れる。 この日は若干雲があるものの穏やかな天気であった。海を観るとベタなぎであった。波はほとんど無く、ゆったりとしたうねりがある程度、のどかな海である。 雲間から薄日が差し込んでいる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の海、光る海

良い天気だな~。快晴だ。ここのところ雨模様の日が多かったがこの日はうって変って青空が広がった。 空を見上げると本当に真っ青だ。秋らしい空だ。 おっとこれじゃ青い色紙を撮ったみたいですね。 ちょっとだけ木を入れてみました。これで空の青さが分かりますね。 余りにも気持ちが良かったので海を見に行きました。海…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忘れていた快晴が戻った

7月も半ばとなった。例年の屋久島なら梅雨の最中でも数日に1日くらいは快晴の日があるものだが今年は梅雨入り以降快晴日はずーっと無かった。 7月14日の火曜日、屋久島にようやく快晴が戻ってきた。もちろん暑い。暑いのだが湿度が低いので気持ちが良い。やっぱり夏はこうでなくてはいけない。 この日定期的に行っている歯のスケーリングのために宮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荒れる冬の海

屋久島は丸い島だ。島の中央部に高い山があり、周囲は太平洋と東シナ海に囲まれており、すぐ側を黒潮が通っている。 同じ屋久島でも季節によって風向きや気温が大きく異なる。大雑把に分けると島の北側(以前の上屋久町、通称カミ(上))と南側(以前の屋久町、通称シモ(下))とに別れる。 大きな商業施設や病院はカミに集中しているため、シモの人達…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぼけーっと

我が家は海まで100mほどの場所に建っている。海と言っても断崖絶壁なので易々とは海には降りられない。よく観光客の人がやって来て海に降りられないかと尋ねられるが、簡単じゃないですよと答えている。 そんな海がすぐ近くにあるのですが、家のウッドデッキからはほんの少ししか海は見えません。海の近くに防風林として木が植えられているからです。切…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

悪天候で沢遊びは中止

この日はお盆休みで屋久島にやって来ている孫たちを連れて、淀川歩道橋から沢遊びに出かけたのだが、車で淀川登山口に向かう途中で雨が激しく降ってきた。この状態では危険と判断し、沢遊びは中止としました。途中まで一緒に行ってくれた「ぱからのとーさん」と「南の島の素人大工さん」には申し訳ないことをしました。無理を強行して孫に万が一のことがあると…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まずは海水浴から

夏休みで屋久島にやって来た孫たち一行、最初は海に行くことにしました。この日も朝から快晴、温度もグングン上がって絶好の海水浴日和でした。 最初に寄ったのは家から10分ほどで行ける温泉で名前が知れている湯泊の海です。 子供たち3人はキャッキャ言いながら海に入っていきました。 ライフジャケットとゴーグルを付けて海の中のお魚を観察しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北と南で表情が違う屋久島の海

屋久島は島であるから当然だが海に囲まれています。同じ屋久島の海でも北部と南部ではその表情がかなり違ってきます。私の住む南部野海は表情が柔らかい、一方北部の海は荒い感じがします。勿論風向きによっては異なる場合もあるが、何となくそんな感じがするのです。 この日、私は北部の宮之浦にある総合病院に行きました。風が強かったので海が荒れていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荒れる海

屋久島の我が家、100m先はもう海です。断崖絶壁で20m以上降りるとそこは海なんです。 我が家の庭からは防風林などにさえぎられて海はあまり見えません。一箇所、逆三角形に開いた場所からだけ海が見えます。 風が強いと海が「ゴーゴー」と鳴きます。 三角波がいっぱいでき、白波が立ちま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海のグラデーション

この日屋久島南部は、ほぼ一日中薄曇りであった。 この日もベランダの修復作業のため材木を加工していた。ふと海を眺めたらブルーのグラデーションが広がっていた。薄曇りでも海がこんなに美しく見える時もあるのだ。 我が家の南には海が広がっているのだが、雑木で視界がさえぎられている。一部だけ逆三角形に海が開けている場所があって、そこからグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下が一直線の雲

夏休み、屋久島は大勢の観光客や帰省客で賑わった。そんな夏休みも終わり、屋久島もだいぶ落ち着いてきたように感じる。 今の時期観光客といえば、まだ休みの続いている大学生ばかりである。これらの大学生も10月に入ればいなくなり、静かな屋久島に戻る事だろう。 散歩の途中畑の向こうに海の見える場所、遠くに入道雲その手前に黒い雲があった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

幸志郎を連れて栗生の海へ

雨が上がったので、幸志郎を連れて屋久島の西にある栗生の海へ行った。ただ西風が強く吹いていて、海には他に誰もいなかった。 親子3代が栗生の海岸を散策している写真。 ここは砂というよりもサンゴのかけらが砂浜を作っている。この砂のように白いのは全てサンゴのかけらである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海の見える風景

犬の豆太と一緒に散歩するコースはいくつかある。時には県道から上の山側の農道を歩いたりもする。やはり、山側の方が涼しい。いや、この時期になると少し冷たく感じる。 そんな山側の道から県道に降りてくる途中、海が一望できる所がある。 見晴らしが良いのでこの道を歩くと気持ちが良い(^^) 秋らしく、ススキの穂が立っている。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

不気味に感じた船

屋久島の我が家、家の南側は海である。しかし、雑草が茂っていたり、防風林などでベランダから海が見えるのは、少しの隙間だけである。 そのわずかな隙間から見える海からでもときどき船が通るのが見える。 この日はかすかに小雨の降る天気、海の色と空の色が区別がつかないほど霞んでいた。ベランダから海を見ると、何やら白い物体が見えた。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

何の漁かな?

ベランダから見える海、逆三角形のわずかな隙間から見える海だが、ボーっと見るのが好きだ。そんな時、かすかに舟らしきものが見えた。この限られたスペースから船が見えるのは珍しい。あわててカメラを取りだした。普通に撮ってはとても写らないので、目いっぱいズームにした。すこしボケたが何とか撮れたようだ。 おっと、もう一隻の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家の前の海は見事なグラデーション

家の真上の空は曇り、今にも雨が落ちてきそうな天気でしたが、ベランダから南の海を見ると、綺麗なグラデーションが広がっていました。濃紺から薄い白に近い淡いブルーまで、見事なまでの彩色です。 安いデジカメでは、写真ではなかなかこの美しさは捉えきれませんが、とりあえずご覧下さい。 自然の創りだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

きれいな帯が引かれた海

屋久島、初春の海。我が家のウッドデッキから南側を見ると、逆三角に視野が開け、そこから海が見える。よくタバコを吸いながら、ここから海を眺めるのが好きで、日課のようになっています。 この日の海は、横にたくさん帯が走っていました。きれいです。 ズームしてみると、もっとはっきりと帯状の海が見え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more