テーマ:

一日できれいに畝(うね)ができる不思議

屋久島は雑草にとっては天国のような土地です。いろいろな外来種の雑草が蔓延ります。今一番蔓延っているのはシロバナセンダングサですがその他にも多種多様の雑草が生えています。農家の畑もちょっと放置すると畑だかブッシュだか見分けが付かなくなるほどです。 ところが、その雑草だらけの畑がある日突然きれいに整地され畝が出来てしまうのですから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粟(あわ)が栽培されてる

屋久島南部、私の住む家の近くの畑で粟(あわ)が栽培されていました。今まで見たことはなかったのですが、今年から始められたようです。 最初はトウモロコシでも栽培しているのかと思っていたのですがどうも違うようだと注視していたら何んと粟でした。 この辺りの畑ではウコンやジャガイモそして米などがローテーションして植えられているのですが粟は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風21号の後始末と22号への備え

台風21号は屋久島南部に強風をもたらし、多くの木々をなぎ倒して行った。我が家でも小枝や葉っぱの始末に苦労したばかり。なのにもう次の台風22号がそこまで迫って来ています。 尾之間にあるかあさんの畑でも21号の被害は甚大、オリーブの木が2本、グアバとレモンの木が1本ずつが倒されてしまいました。またバナナの木は数え切れないほどの木が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裏の小さな畑

家の裏の畑に久しぶりに行ってみました。猫に額ほどの小さな畑です。かあさんが時折草を取ったりしていますが、しばらく雨が降らなかったので土が固くなってしまいました。 こんなに固くなった土でもレモングラスはしっかりと根を張り背丈も伸びています。ハーブ類は荒れた土地や水の少ない土地でもしっかりと育つんですね。 畑の奥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウコン畑

散歩道の途中、ウコンの畑がある。 春には地面から直接咲くような可愛い花が咲いていた。 夏には青々とした葉っぱが茂っていた。 晩秋から冬にはその葉っぱが枯れて茶色になった。その後しばらく放置され、 2月の終わり頃葉っぱが全て無くなった。 そして掘り起こされ土の中からウコンがゴロゴロ。 そのまままた放置されていたが、今は畑の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今の時期畑で作られている作物(馬鈴薯)

ウコンに続き今屋久島南部の畑では馬鈴薯(ジャガイモ)が多く作られています。馬鈴薯と聞くと北海道がイメージされますが、ここ屋久島でも盛んに馬鈴薯が作られています。もちろん量的には北海道と比べるべくもありませんが。屋久島の馬鈴薯はタンカンの収穫時期とほぼ同じで2月から3月ごろです。たぶん北海道の収穫時期とはかなりずれているのでそれなりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今の時期畑で作られている作物(ウコン)

今の時期、屋久島南部の畑を見ると馬鈴薯(じゃがいも)とウコンが多く栽培されています。ウコンは薬用効果があり、粉末で飲まれたりしています。屋久島には地元のガジュツ(紫ウコン)を使った恵命我神散(けいめいがしんさん)という有名な胃腸薬を作っている工場もあります。 今の時期植わっているウコンは秋ウコンで、葉っぱが完全に枯れると収穫となり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開墾地は畑になった

8月4日の記事で書いた小島地区の農道沿いの開墾地、その後どうなったかというときれいに耕され農地になっています。今ではここがかって雑木林であったことすら分からないほどです。 この場所からは海が一望でき眺めが最高です。農作業をする人が一休みするときにこの景色を眺めるときっと疲れも吹っ飛ぶことでしょうね。 畑を耕すため…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稲、カライモ、ウコン

散歩で通る小島地区の畑や田んぼ、日照り続きの中作物は元気に育っているようです。夏の暑い中農家の人は汗水流しながらの農作業、本当に頭が下がりますね。 まずは田んぼ、一面午後の日に照らされて黄金色に輝いていて眩しいくらいです。聞いた話では8月初旬のお祭りまでには稲刈りを終わらせるとか、お祭りには刈り取った新米を神様に捧げるのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりに畑の草払い

前回かあさんの畑の草払いをしたのはいつだっただろうか。2ヶ月前だったかな。 久しぶりに草払いを手伝いました。快晴のこの日、3時間ほど良い汗をかきました。 青空に白い雲それにモッチョム岳良い景色です。真夏と違い爽やかな風もあり疲れ方が違いますね。 モッチョムの東側の山筋に見える人面岩もくっきりと見えました。 どうで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

休耕地に咲く花

犬の散歩をするルートの途中に畑がありますが、今は休耕地になっている場所があります。連作を避けて土を休ませているのかもしれません。 普通休耕地にすると屋久島ではそれこそ雑草が伸び放題でもの凄いことになるのですが、この休耕地は一面に白い小さな花が咲いていて綺麗です。 一般的に休耕地には蓮華などを植えることが多…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑のミカンは不作

今年の屋久島は10年ぶりの台風被害でミカン類は大きな打撃を受けた。屋久島の名産であるポンカンは既に収穫と出荷が終わったが、生産量は例年の半分以下だったとのこと。これはみかん農家にとっては大変なことです。2月に収穫するタンカンもやはり数が少なくなるという予測です。 もともと少ないかあさんの畑のミカン類も今年は更に生る実が少なくなって…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

畑の今

台風が去った後久しぶりにかあさんの畑に出向いた。もちろん草刈のためである・久しぶりの草刈だったので疲れた(><) だんだん朝晩が涼しくなってきたので、雑草の伸びも少しずつ勢いが衰えてくるころである。今年の草刈もあと1回か2回で済むかな。 台風でやられたせいもあるが、我が家のタンカンはこの1本の木だけが実を残し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑と田んぼの風景

私が犬の散歩をするコースの一つに海を見下ろす両サイドが畑の道がある。屋久島としては広大?な畑である。 畑は連作を避けているのであろう、毎年違うものを栽培している。どうやら今年は薩摩芋らしい。屋久島も鹿児島県なので薩摩芋と言うかと思いきや、唐芋(カライモ)と呼ぶ人が多いのは以外である。薩摩芋と言うのは県外の人の方が多いのかもしれない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑仕事が趣味

畑仕事はかあさんの日課である。この時期ほとんど毎日畑に出かける。畑までは車で約10分かかるが、苦にせず毎日せっせと通っている。 早いときは朝9時過ぎから行って、帰ってくるのは午後1時過ぎである。よくもまあそんなにやる事があるなと思うくらいである。 最もこの時期は屋久島では種蒔に最適な時期で、野菜作りをする人や花作りをする人にとっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑のバナナ

草払いをしたかあさんの畑、一番奥に植えられているバナナの木をチェックしたら結構実が生っていた。バナナは放置しておいても適当に実を付けてくれるから楽だ。 畑のバナナの木は2つのかたまりに分かれている。 こちらが東側のバナナ林で、 こっちは西側のバナナ林である。 まずは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の日も畑作業

かあさんは暇さえあれば畑に出かけ作業をしている。土いじりが最高の趣味?なのです。 何をするかというと、ほとんどが草むしりらしい。何しろ屋久島の雑草は次から次へと出てきますからね。まあ、これからしばらくの間は寒くなるので雑草の伸びもさほどではなくなるかもしれませんが。 この日も小雨が降る中、畑に出かけたかあさんでした。毎週木曜日と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジャガイモ畑が水田に変化

屋久島ではようやく馬鈴薯(ジャガイモ)の収穫が終わりを向かえたようだ。今年は雨が多く、なかなか収穫できずに農家の人は大変だったらしい。馬鈴薯の収穫は3日連続で晴れてからでないと、土が湿っていてうまく収穫できないのだそうだ。 散歩していて、つい数日前まではジャガイモ畑であった場所に、あっという間に水が入っていた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島南部の畑と水田風景

私の住む屋久島の南部、今ようやく梅雨明けを向かえようとしています。湿度が高いこの時期、植物の成長は凄まじいものがあります。雑草も1日で数センチも伸びてしまいます。そんな中、散歩で歩く近所の畑や水田は今どんな状態になっているでしょうか。 まずはこの畑、何を作っている畑だと思われますか。1カ月ほど前、畑に黒いシートとそれに等間隔に竹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かあさんの畑にベンチを設置

かあさんの畑、かあさんは何年もかけて、ここをハーブ園に仕立て上げたいと思っているのです。植物類はそう簡単には成長しませんが、人工物はどんどん増えていきます。 エントランス・アーチを作り、パーゴラを作りましたが、今度はそのパーゴラの下に小さなテーブルとイスそしてベンチを設置しました。先だって鹿児島に行ったときに格安で購入してきたものです…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パーゴラを作る(4)棟上げの続き

次はハーブ園?の入口にエントランスアーチを建てます。 ここで、アクシデント発生、何と大活躍していたユンボが故障し、エンジンがかからなくなってしまいました。こうなったら人力で頑張るしかありません。そこで、高さをカバーするために、軽トラを利用しました。 エントランスアーチは3mX1m平米の面積なので、柱や梁まではパーゴラほど重くはありま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パーゴラを作る(3)棟上げ

かあさんの畑のパーゴラとエントランスアーチ作り、土台も出来ていよいよ棟上げになりました。 ここから先はまたまたユンボが大活躍です。まずは、材木をそれぞれの位置に運びます。とても人間では持てない重さですが、さすが重機、楽々と持ち上げます。ぱからのとーさんの名人級の運転です。 この日は、ぱからのとーさん、屋久島の素人大工ショーンコネリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パーゴラを作る(2)束石埋め込み

かあさんのハーブ園?にパーゴラを建てるために、支柱を立てるための土台になる束石の埋め込み作業をしました。ぱからのとーさんと屋久島のショーンコネリさんが駆けつけてくれました。 まずは束石を埋める場所ユンボを使って穴を掘ります。さすが重機です、固い地面に穴は簡単に掘られました。 写真はエントランスアーチを建てる場所に穴を掘っているところ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パーゴラを作る(1)

かあさんがハーブ園に作り上げようとしている畑、4ブロックに分かれ、それぞれが石で囲まれているが、その中央十字路にパーゴラを建てるというので、自称素人大工こと、屋久島のショーンコネリーさんに頼み、設計図を書いてもらいました。その設計図に基づき、プレカットした材木(防虫防腐材を注入した木材)をオーダーしたのが、畑に届きました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

かあさんの畑作業風景

土いじりが大好きで、畑作業をしていればご機嫌なかあさん、暇さえあれば(もっともいつでも暇ですが(笑))、畑に出向いて何かしら仕事をしています。 この日は買い物の帰りにちょっと畑に寄りましたが、もうじっとしていられず、畑に穴を開ける作業をしていました。 モッチョムをバックに穴あけ作業に夢中になっているかあさんでした。また腰を痛めなけれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑で里芋と生姜を収穫

かあさんの畑、いろいろなものが植えられている。屋久島らしく畑にはバナナやパッションフルーツも植えられていて、里芋や生姜もそれらと一緒に植えられている。 里芋や生姜は何回か収穫したのだが、収穫しそこなった残りがまた大きくなってきている。 残り物とはいえ、折角生ったのだから量は少ないが収穫することにし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アスパラ畑

金曜日から、岡山県にあるかあさんの実家に来ています。 家の近くにアスパラ畑がありました。 さすがの屋久島にもアスパラ畑はありません。ここ岡山県北部では、たまにこのようなアスパラ畑があります。 とりたててのアスパラは柔らかくて、とても美味しいですよね。 屋久島でグリーンアスパラを買うと、とっても貧弱なものが数本で、ん百円しますか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

畑の散水試験運転

エンジンポンプを使った、かあさんの畑への散水環境がいよいよ整いました。とりあえず、試運転してみました。元が1本の水路から、4箇所同時の散水は圧力が足りず難しいかなと思っていましたが、意外や意外、4台の水まき用ラインスプリンクラーは勢いよく水を吐き出しました。やはり、ポンプの力はすごい! この写真は4面全部の畑を写したもので、ちょっと見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑の水まき用給水&排水管設置

かあさんがハーブ園にするという尾之間の畑に、水まきをするための設備を準備中である。湧水から水をタンクに給水し、そのタンクから各畑に水まき出来るようにする工事である。工事と言っても、エンビのパイプを配置するだけである。ただ、直射日光が当たるとエンビのパイプが劣化するので、できるだけ地面に埋めようにしようとしています。 給水は湧水からポン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

畑にタンク

かあさんの畑の給水用に、貯水タンクを購入した。容量は500L、畑全体に給水するには少し小さいが、夏場の渇水時にこれで一時しのぎが出来ると思う。 タンク自身はプラスティック製なので軽いが、水を入れると重くなりビクともしない。タンクに水を入れるには、エンジンポンプを使う。近々、配管をする予定である。 色は、周りの緑に合わせて、緑色にした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more