ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 首を出したオニタビラコのその後

<<   作成日時 : 2016/04/11 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


4月2日の記事でウッドデッキの板の隙間から顔を出した雑草のことを載せました。コメンテータの方(くるりんねこさん)からこれはオニタビラコという植物だということを教えてもらいました。
そのオニタビラコですが、その後も首を出したままです。面白いので切らずに残してあるのです。
そしてこの花は陽が差すと花が開き陽が沈むと花が閉じるということが分かりました。
前回ご紹介したときは閉じた花(蕾と言ったかもしれません)でしたから、今回は開いている状態をお見せします。
ウッドデッキから首を出した姿、何とも滑稽ですよね(^^)
画像

画像

画像



開いた花はこんな姿です。タンポポの花みたいですね。朝の写真なのでまだ全部は開いていません。10時過ぎには全部開きます。
画像

画像

画像



このオニタビコラという雑草、屋久島のいたる所で生えています。でも我が家のウッドデッキから顔を出したこのひと株は特別に思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ウッドデッキの板の黒さに、お花の黄色が映えています。
愛おしくなりますね。健気に咲く花--と言ってもいいですね
行き当たりばったり
2016/04/11 07:14
そうですねバックが黒だから黄色が映えるんですね。
面白いのでこのまま放置しておきますよ、行き当たりばったりさん(^^)
屋久島ジージ
2016/04/11 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
首を出したオニタビラコのその後 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる