ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS トキワカンゾウ(アキノワスレグサ)

<<   作成日時 : 2016/09/16 06:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6


今農道を歩いていると道端で橙色と黄色の中間の色をしたユリの仲間が咲いている。ちょっと前まではもっといっぱい群生して咲いていたのですが、9月も半ばになり終わりが近づいてきたようです。
花から見てユリの仲間は間違いないようですが、名前が分かりませんでした。
調べたところこの花はトキワカンゾウ、別名アキノワスレグサと言うらしい。南九州一帯に分布しておりノカンゾウと同じホンカンゾウの亜種だそうです。特に屋久島で多く自生しているようです。
屋久島ではユリの仲間がいろいろ(鉄砲ユリ、タカサゴユリ、コオニユリなどなど)咲きます。少しずつ季節がずれるのでいつも何らかのユリが咲いているような感じがします。
写真がトキワカンゾウの花。すでに盛りは過ぎているようです。
画像

画像


農道の縁石からちょこっと顔を出していました。
画像

画像

画像


真上から見た写真です。薄い橙色の花びらには白い線が入っています。中央のおしべは黄色。
葉っぱは濃い緑色で細長くスーッと伸びています。
画像


ところでノカンゾウは花や葉そして根まで漢方薬になるそうですから、同じ仲間のこのトキワカンゾウにも同じ効用があるのでしょうかね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
この仲間は、私にとって区別がむずかしい仲間です。
詳しい人には区別は簡単なのでしょうが。
でも、大好きな種類です。花が似てれば、効能効果も、確かに似ているでしょうね
行き当たりばったり
2016/09/16 07:15
ノカンゾウの仲間の区別はなかなか難しいですよね。どこが違うのか素人には分かりません。
それくらいですから行き当たりばったりさんのおっしゃる通りトキワカンゾウにも効能効果があるかもしれませんね。
屋久島ジージ
2016/09/16 14:41
沖縄でいうクワンソウですね。ノカンゾウと区別がつきませんよね。花が咲く時期が違うから、それで区別がつくけど。沖縄ではクアンソウを栽培しています。お茶とかにするようです。
うりこ
2016/09/16 15:12
クワンソウですか、所変われば名前もいろいろですね。
情報提供ありがとうございました、うりこさん。
屋久島ジージ
2016/09/16 15:18
こんにちは♪
数年前、今は誰も住んでいない宮之城の空地の草刈りをしていた時、土手下の湿地に群生している植物が気になったので…持ち帰って育てました。今、オレンジ色の花を次々とさかせています! ノカンゾウだと思っていましたが、屋久島ジージさんの写真と同じような花・草丈です。トキワカンゾウだったんですね〜!
祖父が台湾の台中の先生をしていて戦後持ち帰ったのか?祖父も、父も亡くなった今では知るすべは有りませんが… そう言えば、父は金針菜のメンマ風の甘辛炒めが好きでした。(=^ェ^=)♪
くるりんねこ
2016/09/16 17:38
この花にそんな歴史があるんですか、くるりねんこさん。ロマンですね〜。なんか羨ましいような思いです。おじいさんが台湾で先生をしていたなんて歴史を感じますよ。台湾って良い所です。まだ2回しか行っていませんがまた行きたくなりました(^^)
屋久島ジージ
2016/09/16 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
トキワカンゾウ(アキノワスレグサ) ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる