ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ頑張っているツマベニチョウ

<<   作成日時 : 2016/11/25 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


10月19日にも本ブログでご紹介した蝶、ツマベニチョウですが1ヶ月以上経ったのにまだ庭のハイビスカスに飛んできます。もう12月もそこまで来ていて、屋久島と言えども朝晩はかなり寒くなってきました。このツマベニチョウどうやって寒さを凌いでいるのでしょうかね。
おそらく越冬はせず産卵後、幼虫からサナギになった状態で冬を越すのではないかと思うのですが、今このように飛んでいて間に合うのでしょうか、ちょっと心配します。
じっとしていないでチョコチョコと飛び回るのでなかなかカメラにおさめられませんでした。
ようやくハイビスカスに吸蜜のため止まった瞬間をとらえたのが次の写真です。
完全に花の中に潜り込んでいて頭は見えません。頭隠して尻隠さずです。
画像


ちょっとの間蜜を吸っていましたが1つの花に長居はせずすぐに飛び立ちます。
羽をバタつかせて、
画像


花から離れ、
画像


飛び立ちました。カメラを動かすので完全にボケています。上の方に辛うじて飛び立ったツマベニチョウの羽が写りました(><)
画像


昆虫で成虫のまま冬を越すのはほとんどいないでしょう。この蝶もそろそろ子孫を残して人生いや蝶生の最後を迎えるのでしょうか。そう考えると晩秋は悲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
蝶も、人も、一生を精一杯生きていますね。
蝶には蝶の時間軸があるのでしょうか。
人間は、約100年---
行き当たりばったり
2016/11/25 07:19
屋久島には、親の状態で冬を越す次のような蝶がいます。ムラサキシジミ・ムラサキツバメ・キタキチョウ・ツマグロキチョウ・クロコノマチョウ・アカタテハ・ヒメアカタテハ・イシガケチョウ・ルリタテハ・ウラナミシジミ・アサギマダラ
てふてふ
2016/11/25 08:02
昔は人生50年、今は100年ですか(笑)
私には自信がありませんよ、行き当たりばったりさん。まあ、平均寿命まで元気でいられたら良しですね(^^)
屋久島ジージ
2016/11/25 14:32
そんなに越冬する蝶がいるんですか、初めて知りましたよ、てふてふさん。さすが蝶博士ですね。ご専門のアサギマダラも越冬するんですね。そういえば寒くなってきた今の時期農道でアサギマダラをよく見かけますね。
屋久島ジージ
2016/11/25 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだ頑張っているツマベニチョウ ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる