ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔓延るセンニチコウ(千日紅)

<<   作成日時 : 2017/03/25 06:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


庭の片隅に小さくてまん丸な花がいっぱい咲いている。以前はこんなになかったのに少しずつ少しずつ場を広げて雑草のように蔓延ってきた。センニチコウ(千日紅)である。
調べると色々な種類、色々な色があるようだが我が家の庭に蔓延ったのは薄い紫一色である。さらに花のように見えているのは花ではなく苞だそうだ。大きさは1cmほどであろうか。
雑草の中から負けじと首を出し咲いているセンニチコウの群生。
画像

画像

画像


一色だけなのであまり見栄えはしない。でもこれはこれなりに綺麗かも。
画像

画像

画像


私はセンニチコウと聞くと何故だかお線香をイメージしてしまう。そんな名前のお線香のコマーシャルを見たような・・・
ちなみにこのセンニチコウ、千日香とも書くようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
毎日日替わりで、いろいろなお花が載っています。
まさに花に囲まれた屋久島ライフ
行き当たりばったり
2017/03/25 07:34
屋久島は花の種類が豊富ですから次から次へと咲きます。この時期は特に多いですかね。屋久島は亜熱帯から亜寒帯の気候を同時に持っているので豊富なのでしょうかね、行き当たりばったりさん。
屋久島ジージ
2017/03/25 08:44
こんにちは♪
地面や石垣の隙間にぎっちり生える、タデ科のヒメツルソバだと思います〜鹿児島でもよく見かけます。鹿児島ぐらいの寒さには強いようです。(=^ェ^=)♪
くるりんねこ
2017/03/25 11:12
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)です。我が家の崖から庭に蔓延り、すごい繁殖力です。崖、雑草除けのグランドカバーに
使用されています。
ヤっさん
2017/03/25 11:21
ヒメツルソバですか、ありがとうございますくるりんねこさん。タデ科というと「蓼食う虫も好きずき」のあれですかね。だから虫もほとんどつかないんですね(笑)
屋久島ジージ
2017/03/25 11:29
何で蕎麦という名前がついたのでしょうかね。蔓がお蕎麦みたいに見えたのでしょうかね。
やっさんのところにもいっぱい蔓延っているんですね。まあ雑草よりは良いということですか。
屋久島ジージ
2017/03/25 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
蔓延るセンニチコウ(千日紅) ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる