屋久島の町なかを流れる二又川

かあさんが、尾之間(オノアイダ)にある草木染をやっているコポルというお店に行くというので一緒についていった。私自身は草木染に興味が無いので近くを見て歩いた。いつもは、車でさっと通り過ぎる場所だが、この日は待っている間、ゆっくりと観察してみました。

尾之間を走る県道は新しく出来たバイパス道路と旧道がある。コポルは旧道沿いにある。そこには、二又川という川が流れている。
向こうに見えるのが草木染のコポル。手前の橋が二又川にかかっている橋である。
画像



旧道沿いの橋のたもとにコポルの看板があった。
画像



これがコポル。屋久島に生息するいろいろな草木を使った染物を染めたり、教えたりしているようだ。かあさんは、自分の布を染めたいので、ここを見学に来たのである。
(00689)
画像





橋には川の名前が記されている。
画像




尾之間の集落の中を流れている川にしてはきれいな川である。上から覗いてみた。
画像



夏には水浴びもできそうである。木にロープが掛けられている。きっと子供のお遊び用だ。面白そうだ。
画像



小さな滝もあった。
画像



山(たぶんモッチョム岳)から下りてきた水は、あくまでも透明で、透き通っている。
画像


画像



日陰もいっぱいあって、夏は涼しそうだ。夏休みに孫が来たら、一度つれてこようと思う。
画像




この記事へのコメント

エグリー
2007年05月22日 05:32
22年前、コポルのHさん、海中温泉近くに住んでいたI さんと、私の三人で、草木染めの仕事をしていた事が有ります。Hさんまだ頑張っているんですね。
屋久島ジージ
2007年05月22日 08:34
そうですか、それは知りませんでした。エグリーさんは草木染の専門家なんですね。お見それしました(^^)。