我が家に自生するオニユリ?

たぶんオニユリだと思う、少なくともその仲間でしょう。屋久島の我が家に自然に生えてきます。屋久島ではもっと早い時期に鉄砲ユリの仲間が沢山咲きますが、夏も間近のこの時期はもう鉄砲ユリは終わりだ。鉄砲ユリと入れ替わりに我が家の庭や畑に自生しているこのオニユリが咲きだす。繁殖力が強く、毎年増え続けていますね。
画像

画像







鉄砲ユリとは違いオニユリは、花弁?が外側にくるっと巻いているのが特徴です。
画像







オニユリとハイビスカスのツーショットです(^^)
画像







屋久島は日本列島を縦にしたような気候だと言います。だから高度によって自生する植物の種類が変わります。我が家のような里の平地に数多くの種類が自生しています。ただし、その植物がもともと屋久島にあったかどうかは分かりません。外部から運ばれてきた種や、苗は、この温暖な気候の屋久島に適応しやすいと思います。




この記事へのコメント

やっさん
2009年06月25日 15:44
「鬼百合は 恋の花 愛する人に 捧げれば 二人はいつかは 結びつく」 違ったかな?黒百合でした。
私は古いね!
「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございましょう。屋久島の土地は荒れ放題、今の行政、右も左も真暗闇じゃござんせんか。」
と鶴田浩二が言っていました。
 
屋久島ジージ
2009年06月25日 16:27
またまた、古い歌を持ち出しましたね、やっさん(笑)
屋久島の行政を刷新するには、やっさんが立つしかありませんね。外国なんかに脱出せずに、一肌脱ぎませんか。
やっさん
2009年06月25日 18:39
「何から何まで 真暗闇よ すじの通らぬことばかり 右を向いても 左を見ても ばかと阿呆の からみあい どこに男の夢がある」傷だらけの人生、2番。
屋久島ジージ
2009年06月25日 20:40
私、頭が悪いので、禅問答は苦手です(><)
それに、やっさんの人生が傷だらけだとは、とてもとても思えませんが(笑)
むしろやりたいこと(夢?)を実現してきた、そして実現しているのではありませんか。
ミウ子
2009年06月26日 06:34
なんか、オニユリってカボチャみたい)^o^(
まるいじゃん!!それにオレンジ色!
みうは、ペンペン草食べれるから、オニユリ食べてみたいな…
屋久島ジージ
2009年06月26日 06:59
へー、ミウ子はペンペン草を食べられるんだ、すごい!、ビックリだよ。
でも、オニユリはなんだか毒があるような色だね。カボチャのように美味しくはないよ、きっと。
もうじき会えるね(^^)