パッションフルーツの木を切れなくなった

今年の異常気象で、生った実が全部ボロボロ落ちてしまった我が家のパッションフルーツ、切って別の苗を植え替えるつもりでしたが、枯れた枝の上から次々と新しい枝が出てきて、葉っぱも青々としてきた。切ってしまうのがもったいなくなり、そのままにしている。
画像










パッションフルーツは秋にも実を生らすと聞いていたが、本当に花が咲き実を生らしてしまった。
見かけは夏に生る実と違いがない。秋の実は酸っぱいと聞いているが、もう少し待って熟させてみようと思っている。
画像

画像










自分が手塩にかけて育てて3年、いざ切ろうと思っても、なかなか切れないものだ。そうこうしているうちに、このように葉っぱが復活し、実も生ってしまった。
仕方ない、もう1年様子を見るか。
画像









念のため別に苗を1本植えて、今育てている。
最悪、この苗で来年のパッションフルーツを確保しようと考えている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年10月10日 10:12
おはようございます。さすが生命力が強いですね。
切るぞという声が、パッションフル-ツの木に脅しのように聞こえて、それではならじと枝をだし、花を咲かせ、実を生らしたのでしょうか?
これからが楽しみです。
屋久島ジージ
2010年10月10日 13:52
あっはっはっ、そうかもしれませんね、行き当たりばったりさん。植物にも心があるのかもしれません。そう思うと納得します。