モッチョムから海に架かる虹の橋

夕方、小雨が降った後、西日を受けて東の方向、モッチョム岳から海にかけて虹が出た。大きな虹であった。
左端にあるモッチョムから大きなアーチがかかり、右端の海の方向に続いている。アーチが大きすぎて全部一緒には写せなかった。
画像







これは別の場所から撮った写真。
画像

画像








海に落ちているところ。
画像








屋久島の虹は二重に架かる事が多いのだが、この日の虹もこの写っている虹の上にかすかに薄くもう1本の虹があったのだが、薄すぎて残念ながら写真には写らなかった。
画像

画像







この自然現象は長くは続かない。せいぜい5分も経つと消えてしまう事が多い。この日は20分もの長い間虹が出ていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年09月06日 07:51
おはようございます。
屋久島の虹は魅力的なんですねぇ。
大きく色鮮やかで、しかも二重。はかないけれど、何度も見られる。これがみられるのは、こに住む人の特権ですね(笑)。
屋久島ジージ
2011年09月06日 08:30
屋久島に住んでいる特権?をフルに楽しみたいと思っていますよ、行き当たりばったりさん。
四季それぞれの自然をこれからもお届けします。