屋久島の里の紅葉

暖かい屋久島の里では紅葉が見られない。厳密に言うと、きれいな紅葉が見られない。
そんな中で唯一紅葉するのがウルシ科のハゼの木である。まあ、この木は1年中何処かの葉っぱは赤くしているのだが、さすがにこの時期は赤くなる葉っぱが多いし、落葉している。
散歩の途中、所々にあるハゼの木の紅葉を眺めては秋を感じている次第である。
画像

画像








空を見上げてハゼを眺めると、緑と赤のコントラストが美しい。あ~、秋だ(笑)
画像

画像








これがハゼの実である。この実が落ちて、また新しい芽がどんどん出てくる。かあさんはハゼの木の芽吹いたのを見つけると、必ず抜いている。かぶれ症なのだ。ちなみに私は鈍感なのか、まったく反応しない。
画像








ハゼの木の下を見ると、落葉した赤い葉っぱが散らばっている。これはこれできれいだ。
画像








そう言えば、もう何年も紅葉狩りなんて行ってないな。ハゼは、屋久島で秋を感じる数少ないシーンのひとつである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小川 靖則
2011年12月01日 08:12
はぜの紅葉は綺麗ですね。皆さん!はぜを嫌って切ってしまうので、大きなはぜの木が見られない。
我が家の屋久島かえでの先端が少しいろづいた。
でも暖かい秋ですね。
屋久島ジージ
2011年12月01日 08:54
異常に暖かいですね、やっさん。
まあ、そんな暖かな屋久島の里では、紅葉するのはハゼの木くらいですから、切らないでほしいですね。
スイミー
2011年12月01日 23:56
そうですか~知りませんでした。
暖かい所では木も紅葉しないのですか。
例えばモミジやイチョウなども一年中緑ですか?
それとも落葉樹は初めから生えない?
2011年12月02日 00:15
こんばんは。確かに紅葉です。地域地域で特徴があるんですね。南国屋久島、この紅葉を愛でましょう。
「紅葉狩り」そういえば懐かしい言葉です。こちらでも、残念ながらやっていません(笑)
屋久島ジージ
2011年12月02日 07:29
いえ、落葉樹は少ないですがあります。ただ自然の中にはほとんどありません。モミジを植えている家もありますが、寒暖差があまりないので、きれいには紅葉しません。屋久島でも、山に登れば紅葉が見られます。
屋久島ジージ
2011年12月02日 07:32
そうですか、今年は紅葉狩りどころではありませんからね、行き当たりばったりさん。
また、温暖化で紅葉にも変化が出てくるかもしれません。まあ、屋久島の里ではこれでも紅葉だと思って眺めています(笑)