ベランダのリフォーム(西側の縁台の骨組み)


ベランダが一応の完成となったので、今度は西側のベランダの一段低い位置に縁台を作こととしました。
骨組として新しい材木を使っても良かったのですが、勿体ないので以前ベランダを解体した時に出来た廃材を再利用することにしました。前は手摺りとして使われていた材木だと思います。
うまい具合にホゾが組み合わさった廃材のセットが3つ見つかりましたので、同じ長さ、同じ高さに揃えてカットしました。
画像

画像












そして、防腐剤を塗ると見違えるように新しく再生しました。
画像












土台となる束石も古いものを使いました。
画像

画像













この古い束石を並べて幾分土の中に埋め込みました。
画像

画像












この古い束石に支柱を立てて(先程の廃材です)、出来上がっているベランダの支柱とつなげることにしました。
写真のようにしっかりと固定することが出来ました。
画像

画像

画像










で、あっという間に(実際は1日掛かりましたが)、縁台の骨組みの完成です。
画像

画像










後はこの骨組みの上にベランダと同じように床板を張れば縁台の完成となります。
作業が慣れてきたせいもあってか、廃材を利用して上手く縁台の骨組みを作ことが出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年04月14日 23:59
こんばんは。応用問題ですが、簡単に解けたようですね。一気呵成に仕上げてください
色塗りもお手の物ですね。
屋久島ジージ
2013年04月15日 06:35
廃材が利用できたので、今回はかなり楽にできましたよ、行き当たりばったりさん。