海中温泉もグローバル化


久しぶりに平内海中温泉に行った。最近はかあさんが尾之間温泉に行くようになった。1台の車で行かないと不経済なので、つい一緒に行ってしまうのだ。
かあさんが不注意から打撲をし、顔が腫れてしまったのでしばらく温泉にいけない状態になった。お陰で(笑)私は久しぶりに海中温泉に行けることになった。
車を駐車場に置いて周りを見渡す。ここから見る海の景色に変わりはない。
画像

画像






駐車場に隣接している公衆トイレも変化なし。きれいに花も植えられている。これも以前と変わりはない。
画像

画像







ここを降りると海中温泉がある。さあ、温泉に入るぞと坂を降り始めた。
とっ、看板が目に入った。以前もここに看板があったが、新しくなっているような気がした。
画像







ん?、と思いじっくりと観察した。
変わった、変わった。看板が変わっているではないか。
画像







以前は日本語だけの表記であったが、日本語に加え、英語、朝鮮語(ハングル)そして中国語の4ヶ国語で書かれているではないか。前から海中温泉は外国人がけっこう訪れていたが、ここのところアジア特に韓国や中国や台湾からの来訪者が増えているので看板を新しくし、各国語で書いたのだ。
画像

画像






それでは4ヶ国語で書かれた平内海中温泉の説明書きの一部をご覧下さい。
面白いことに中国語が一番短くなる。全てが表意文字なので、1文字の持つ重みがあるからなのだろうか。
画像

画像

画像

画像





都会では駅の表示などがバイリンガルで書かれていることは珍しくなくなった。
屋久島も年々訪れる外国の方が増えてきている。いよいよ屋久島もグローバル化してきたのかな。海中温泉だけでなく、島の各所の案内もバイリンガル化しないといけない時代になったのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年06月23日 07:35
おはようございます。看板が変わったことを知らなかったぐらい、入っていなかったのですね。こちら福島の「花見山」という春の花でいっぱいになる小山があるのですが、ここにも外国語の表示板が見られます。行政の方からの以来・指導もあるのでしょうかね。
屋久島ジージ
2014年06月23日 08:39
そうですね、これからは日本全国どこでも案内表記などは英語はもちろん、中国語や韓国語で併記されるようになるのでしょうね、行き当たりばったりさん。
大阪の屋久島好き
2014年06月23日 17:43
尾之間温泉は熱過ぎて、嫌だったですよ。
平内のこの温泉には何度か入ったですよ。
その時はグローバルではなかったですい。
屋久島ジージ
2014年06月23日 21:04
はい、今はグローバルになった平内海中温泉ですよ、大阪の屋久島好きさん(笑)
この温泉は外国の人が大好きでよくやってきます。
nenek
2014年06月23日 21:49
こんばんは
1月の屋久島では平内海中温泉に主人は入りました(^^)/
屋久島で住めるようになったら夜中の干潮に入り星空を眺めるのが夢です。
尾の間温泉の温度は、私には適温です。
私が入るお風呂のいい温度が、45℃でした。
さすがに46℃は熱かったです。
しかし我ながらヤバい温度かな(^^;)
屋久島ジージ
2014年06月24日 06:10
そうですね、晴れた日の夜中の海中温泉は満天の星空が見れて最高ですよ、nenekさん。
45℃が適温って凄いです。でも、尾之間温泉では時々湯あたりしてひっくり返る人がいますので、お気をつけくださいね(笑)