新しい手造りパン屋さん


尾之間のバイパス沿いに新しく手造りパン屋さんがオープンして2ヶ月が経ちました。
名前は「パン・ド・シュクル」、舌を噛みそうな名前だ(笑)
この場所、以前は手作り豆腐のお店だったが、お店が閉じられてしばらく時間が経っていた。豆腐屋さんを改装してパン屋さんにしたのだが、相当内部を変えたことが予想される。
実はこのパン屋さん屋久島の高級ホテルでパンを作っていた人が独立してここにお店を出したのだ。
尾之間バイパス沿い、お店の入り口にかかっている看板。
画像






そしてこれがお店、看板がなければとてもパン屋には見えない。それどころか、お店とも見えない。
画像






開店して2ヶ月あまり、評判は上々のようだ。我が家でも時々ここからパンを買っている。
この日買ったのはこの2種類のパン、カンパーニュとカレーパンである。
結構美味しかった(^^)
画像






新しくお店が増えてくれるのは消費者にとってはありがたいことです。スーパーで買うパンよりも手造りパンの方が美味しいですからね。
でも、狭い町なので今までやっている手造りパン屋さんは競争相手ができて大変そうだという話を聞きました。どうしても限られたお客を取り合う形になってしまいますからね。
屋久島で商売をするのは大変なことなのです。
私たちは従来からやっているパン屋さんでコーヒー豆は定期的に購入するようにしています。そしてパンも種類によって買い分けるようにして、両方のパン屋さんが共に商売できて行ければと願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年08月20日 06:34
おはようございます。新しいパン屋さん、顔見知りでもありますね、きっと。療法の顔を建てる--。そう言えば、むかし、田舎町ではそうして生活していましたね。
共存共栄--。おいしいパン、それは食べたいですよね
屋久島ジージ
2014年08月20日 09:29
屋久島で商売するのはなかなか難しいですよ、行き当たりばったりさん。まして、競争相手がいる場合は尚更です。
私はパンが大好きですから、パン屋さんが増えるのはありがたいことですがね。
nenek
2014年08月20日 10:59
おはようございます。
このパン屋さんは、レストラン春の隣のお店ですよね。
春で食事をした時に店舗が、空いていたので様子を伺いました。
春の前の景色が好きだと言われる人が、パン屋さんをするとの事でした。
私達も好きなところです。
どっちにしろまだ今すぐ行けませんのでボチボチ情報収集ですね(^^)v

大阪の屋久島好き
2014年08月20日 11:48
ペイタと云うパン屋さんによく出入りしていました。
シベリア鉄道に乗ったことがあるご主人とも、お互いの青春時代を懐かしんだものです。このシベリア鉄道でヨーロッパに当時の若者は入国したんですよ。
ここの娘さんのお薦めのコースで屋久島からの帰路、南阿蘇に入り、高千穂などを走り回って、宮崎港に行ったですね。
30日間の旅を楽しんだです。
屋久島ジージ
2014年08月20日 19:01
そうです、レストラン春の隣にできたパン屋さんです。
前は豆腐屋さんだったんですよ、nenekさん。
ちなみに、コンビニのアイショップはもう閉じたようです。
屋久島ジージ
2014年08月20日 19:04
私がコーヒー豆を買うのはペイタさんですよ。
ペイタはこのお店のオーナーの名前が「平田」さんだから付けた名前のようですよ、大阪の屋久島好きさん。
今は姉妹が頑張っていいます。看板娘が二人もいるのは羨ましい限りです(笑)