雲のある風景


冬に向かう屋久島は北西の風が吹くことが多いので、雲は西から東に流れる。夏の入道雲と違いこの時期の雲は低く黒いのが特徴だ。快晴の日もあるが、雲のかかる日のほうが多いかもしれない。
この冬の雲はその雲間から太陽の光が筋状に漏れ出ることが多い。雲は刻々と流れるのでどんどんその姿が変化するのが面白い。
画像




今時期の雲は濃い所、薄い所そして切れ間が適当にあり、薄い所からは淡い光が、切れ間からは明るい光が差し込む。その光が色々な光景を生み出すのだ。面白い。
画像





この光がくっきりと見える時にエンジェルラダー(天使の梯子)が現れる。この日はちょっと光が弱かったので現れなかった。
画像




海の上にこのエンジェルラダーが見えるとき、その下の海面だけに日が差して明るくなる。このような光景はこの時期屋久島のどこでも見られるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年12月08日 08:07
おはようございます。エンゼルが、海から空に登っていく時に使う階段?そういう名前がつくほど、ステキなんですね。でも、やはり晴天の空がいいかなぁ~~
屋久島ジージ
2014年12月08日 09:13
ここ数日、屋久島は曇天が続いています。
今日も曇り空ですよ、行き当たりばったりさん
(><)
早く晴れないかな~(^^)
nenek
2014年12月08日 16:32
こんにちは
うわぁ\(^o^)/
天使の梯子 キレイな呼び名ですね。
スピリチュアル系の人には堪らないでしょうね。
屋久島には不思議ちゃんがいっぱいいるみたいだから(^^)v
そんなに何時も出てくれるのですか?
凄ぉ~い
屋久島ジージ
2014年12月08日 18:10
この時期は曇り空が多いので、毎日のように出ます。今度は海に出ているところをお見せしますね、nenekさん。