PM2.5屋久島に来襲


西や北西の風が強い日は里から見る屋久島の山々が霞んで見える。中国大陸からやってくるPM2.5のせいだ。遠くが霞んで見えるから遠くだけかと思うと実はそうではない。里でも当然PM2.5が飛んでいるのであるが、近くて見えないだけだ。少し離れるといくらか霞むのだから低い位置でもあるのだ。長時間外にいると喉がいがらっぽくなるから間違いない。
PM2.5を写真に撮るのは難しいが、山々を写すとこんな感じに霞むのだ。右端はモッチョム岳、一番手前の山なのに霞んでいる。
画像

画像




こちらはもう少し奥の割石岳、こちらも凄い。晴れているので本来空は真っ青のはず。
画像

画像





反対側は海なのだが水平線は完璧に見えない。どこに海があるかさえも分らないくらいである。
画像

画像





空を見上げると太陽さえも霞んで見える。半端じゃない。
画像




毎日ではないがこれから西や北西の風が強い日には注意が必要だ。澄んだ屋久島の空気をこれだけ濁らすのだから相当量のPM2.5が飛来しているに違いない。
黄砂はある意味しょうがないと思うが、PM2.5は人災である。中国は防衛費の一部だけでも環境問題に回すべきではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nenek
2015年02月25日 18:38
こんばんは
恐るべしPM2.5ですね(*_*)
水平線や太陽まで霞ませてしまうのですねぇ
人の迷惑顧みずですよね。
環境問題を考えてくれるような国民性はないのでは…
風下にある日本列島が恨めしいですね(^^;)
屋久島ジージ
2015年02月25日 20:21
日本は位置が悪いですよね。よりによってあの中国の東、風下にあるなんて最悪です。この前中国でサミットがあったときだけPM2.5が無くなったそうですね。北京政府の意向で工場を止めたからだそうです。ずーっと止めておいて欲しいですよね、nenekさん。
2015年02月25日 23:53
今晩は。南にあれば、そこに近いところの影響が真っ先に来ますね。いいことも悪いことも----。早く春になれ!!
強風で、どっかに飛んで行け---と言いたいですね。