道端に咲くヒメオウギズイセン


この時期屋久島の道端や草むらの中でよく見かける花があります。赤っぽい橙色の花でアヤメ科の花、名前をヒメオウギズイセンと言います。
屋久島に来て最初にこの花を目にしたときは同じアヤメ科のグラジオラスだと勘違いしていました。
画像

画像




このヒメオウギズイセンは南アフリカ原産ですが、ここ屋久島の気候に合ったので野生化したのかと思っていたら日本全国で野生化して繁殖しているようですね。何と佐賀県では栽培が条例で禁止されているとのことです。
画像

画像




ちょうど写真を撮っているときに蝶々が飛んできてヒメオウギズイセンの花の蜜を吸っていました。黒いアゲハ蝶ですが分かりますか。
画像

画像

画像



安房など一部の地域ではこの花をトビウオバナと呼んでいるようです。この時期屋久島名産のトビウオ漁が盛んになるのでこう呼ばれたのではないでしょうか。残念ながら今では昔ほどトビウオも捕れなくなったと聞いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年06月27日 08:17
おはようございます。
繁殖力が強いのでしょうか。栽培禁止する県まである--。
好きな花の一つではあります。
トビウオバナ--なるほどです。
以前調べた時には、トビウオの水揚げ、屋久島が一番だったようです。
屋久島ジージ
2015年06月27日 09:28
繁殖力が強すぎるのも困ったものですね。でもきれいな花ではありますよね、行き当たりばったりさん。
トビウオは屋久島の代表的な現金収入の一つですから、捕れて欲しいですね。
てふてふ
2015年06月27日 10:02
花に飛来しているアゲハチョウは、尾状突起がないこと、白い紋があることからナガサキアゲハの♀のようです。
屋久島ジージ
2015年06月27日 15:22
毎度ご教授有難うございます。
ナガサキアゲハのメスですかよくわかりますね。本当に感心しますよ、てふてふさん。やっぱり蝶々の専門家ですね。