ポンペイ遺跡


いよいよ待望のポンペイ遺跡の見学です。TV番組などで何度も見たあの2000年前にヴェスヴィオ火山の噴火で埋もれてしまった古代の都市をこの目で見るチャンスがやって来ました。何だか胸がわくわくします。
ちなみに下の写真がポンペイを火山灰で埋め尽くした火山ヴェスヴィオ山をナポリ湾から見た姿です。写真左下のなだらかなあたりから下がポンペイです。
画像


ナポリからバスで30分、ポンペイ遺跡の入り口までやってきました。
入る前に外から見るだけでも圧倒的な迫力がありました。
画像

画像

画像


イタリアの都市はみんな城壁で囲まれています。
何故か夾竹桃が咲いていました。
画像


この坂を上り凱旋門を潜り中に入ります。
画像

画像

画像


坂道を登っている途中から古代都市の建物が目に入ってきます。
画像

画像



それでは中に入ります。かあさんも気合が入っているようです。
画像

画像


中に入りました。道路はすべて2000年前の石畳です。
この道路はメイン道路、ここを馬車や荷車が通ったのです。
画像

画像


道路に横たわっている円盤状の石は横断歩道だそうです。車道より歩道のほうが1段高くなっているのは現代と同じですね。すごい知恵です。
画像

画像


これは車止めです。ここから先に車は入れません。
画像


これは古代の水道の跡です。
画像


さあ、次々と古代遺跡が目に入ってきます。どれも素晴しい、思っていた以上の光景です。
画像

画像

画像

画像


何故か一番広い広場にブロンズ像が転がっていましたが、これは現代アートだそうです。何でこんなものを世界遺産の古代遺跡に置くのでしょうか。古代と現代のコラボレーション、イタリア人の感覚なのでしょうね。私には理解できませんでした。
画像


これは住居の一角です。ポンペイはローマ人の別荘地でもあったそうです。
画像

画像

画像


こちらは貯水槽です。飲み水をここに溜めていたのです。
画像

画像

画像


かあさんも見るもの見るもの驚嘆。
画像


そしてここは昔の娼館、旅人の男を相手の商売です。描かれている壁画もちょっとエロっぽい。
いつの時代も男は・・・
画像

画像

画像



さらに進みます。ポンペイ遺跡から掘り出された遺跡が陳列されていました。この壺は後から見た酒屋で使っていました。
画像

画像

画像


遺跡で見つけた空洞に石膏を流し込んで取ったら人間の形が・・・中には子供の姿も。
逃げ出す余裕がなかったことが分かる動的な姿が多い。
画像

画像

画像


発掘された建物の中の壁画、色はあせていますが見事なものです。
画像

画像

画像


それにしても広大な遺跡です。まだまだ発掘途中だそうです。凄いですね。
ポンペイ遺跡には本当に感動しました。
画像

画像

画像

画像


あまりにも多くの写真を撮ってきたので、ここで1つの記事の最大容量を超えてしまいました。
続きは次回にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くるりんねこ
2016年11月02日 07:37
おはようございます♪
ポンペイ最後の日…鹿児島市に住んでいた中学生の頃に読んで、桜島が爆発して大変な事にならないかな…と、心配したことを思い出しました(笑)今では、へ(灰)でも有りませんが~
ヨーロッパは西洋キョウチクトウが沢山咲いているそうです。日本のキョウチクトウとの違いは、西洋キョウチクトウは香りが無いらしいです。
日本のキョウチクトウは香りがしますか?気ずきませんでした(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2016年11月02日 14:15
なるほど鹿児島市は桜島が大噴火すると日本のポンペイになりかねないと思ったわけですね。中学生ならそう思っても不思議はありませんよね。
きっと西洋キョウチクトウなんでしょうね、教えていただきありがとうございます、くるりんねこさん。香りは嗅ぎませんでした。
2016年11月03日 23:45
今晩は。
ポンペイですか、初めて見ました。これらがすべて火山灰の下に埋もれていたのですね。ビックリです。
感動ものですね
屋久島ジージ
2016年11月04日 06:38
いや~、本当に感動しましたよ、行き当たりばったりさん。まだ日本では縄文時代か弥生時代ですからね、信じられませんよ。