タンカンの季節


2月も半ばに入りました。この時期屋久島はタンカンの出荷が行われます。1年間丹精込めて育てたタンカンを収穫し出荷する農家の人たちにとっては1年で一番忙しくそして嬉しいシーズンなのです。
タンカン畑ではもう収穫が始まっていますが、集落によって収穫する順序があるようで、まだ鈴生りのタンカンを見かけます。
画像


まだ出始めたばかりですが、屋久島南部の無人市では少しずつタンカンが販売されています。無人市では7個~10個(約1kg)が一袋に入って100円です。もちろん農協などに出荷する上等なタンカンとは違い大きかったり小さかったり少し傷があったりの品物ですが味には関係ありません。早速何袋か仕入れてきて食べたところ甘くて濃い味が口いっぱいに広がりました。
画像

画像


今年のタンカンは出来もよく豊作のようです。
我が家の1本だけ残っているタンカンの木にも実が生っていますが、収穫するのはもう少し後です。
タンカンには比較的小さな在来種と大き目の垂水1号(通称タルイチ)という種類があり、在来種のほうが熟すのが早いので先に収穫されます。我が家のタンカンは垂水1号なのでもう少し後に収穫したほうが良いとの判断です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年02月14日 08:08
おはようございます。
いよいよタンカンの季節。待ち遠しかったですね。
甘い果汁がジュワァ~~と口の中にこれにはたまりません
屋久島ジージ
2017年02月14日 11:54
どこのタンカン畑を見ても今年は豊作のようです。良かったですよ、行き当たりばったりさん。ただ、我が家のタンカンの木は残り1本になってしまいました。何年か前に苗木は植えてあるのですが育ちがイマイチです。ちゃんと手入れしないと駄目ですよね。