早くも来年の準備?タンカンの花


2月に収穫が始まり3月初旬まで出荷が行われた屋久島名産のタンカンですが、早くもは花が咲き始めました。タンカン畑の近くを通ると良い香りが風に運ばれてきます。
タンカンは1年おきに多くの実を生らすものが多いようです。ですからこの時期に花の咲かない木は来年の収穫はお休みとなります。ですが毎年多くの実が生る木もありますから一概には言えませんがね。
写真手前の木は咲いた花で白くなっていますが奥の方の木は葉っぱの緑が多くあまり花が咲いていないようですね。
画像



この木4なんかもの凄い数の花で木全体が白くなっています。
画像



花は白くて星型の可愛い花です。そして何より香りが良いです。精神が安定するような香りです。
画像



おっとこちらの木には採り忘れでしょうか、黄色いタンカンの実が1個残っていました。
実が残っていようが無かろうが花はどんどん咲きます。
画像



と言うわけでタンカンは来年のためにもう花を咲かせています。初夏になるとこれが小さな実になります。そして来年の2月ごろまた収穫となるのです。こうしてみるとタンカンって休まる時期がほとんどありません。ちょっと可哀想な気もします(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年04月13日 08:04
おはようございます。
タンカンの花ですね。数えきれないほど咲いて---。
結実しないのもあるでしょうし、途中で間引きもするでしょうし---。1年がかりの作業ですね。
福島でも今は果樹農家の皆さん、梨、モモ、リンゴなどの作業で大忙しです
屋久島ジージ
2018年04月13日 08:33
今のシーズン、果実の生る木は花を咲かせるものが多いですよね。いずれ結実し実が出来るのが楽しみでもあり、農家の人にとっては作業が必要になってきます。福島ではやっぱり桃やリンゴが多いのでしょうかね、行き当たりばったりさん。