タカサゴユリが咲き始めました



屋久島では空き地や草むらなどでタカサゴユリ(高砂百合)が咲き始めました。その名が示す通り原産地は台湾らしいです。
屋久島では5月後半からテッポウユリが咲き6月初旬にはオニユリが咲きそして夏にはこのタカサゴユリが咲きます。3種のユリは咲く時期を少しずつずらしながら共存共栄しているようですね。
まさにこれから開こうとするタカサゴユリ、向こうの海を眺めながら咲こうとしています。
画像

画像



蕾はこんな状態です。
画像



こちらでは一輪だけ咲いていました。顔を出して「こんにちは」(^^)
蕾のときからある赤っぽい筋が特徴です。
画像

画像



正面から花の中を覗かせてもらいました。
画像



屋久島に生息しているいずれのユリも根よりも種子で増えるようで作られた種が風に運ばれてあちらこちらに散らばり増えていきます。ですから毎年同じところに咲くこともありますがとんでもなく離れた場所に突然咲いたりします。植えてもいないのに我が家の庭にも3種類のユリが時期をずらして花を咲かせます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年07月22日 21:50
今晩は。
百合が時期をずらして次々と咲く---いですね~。
これも自然の摂理なんでしょうか
香りが強そうです。強い香りの百合、大好きです
屋久島ジージ
2018年07月23日 06:38
日本にはたくさんの種類のユリが咲きますが、福島にも違った種類のユリが咲くのではないでしょうか、行き当たりばったりさん。
ユリは香りが強いので鼻炎症の家内は室内には持ち込みません。野外なら香りが広く広がるので大丈夫だとか。