サフランモドキ


年に何回も咲くサフランモドキの花がまた咲いています。サフランモドキはタマスダレ属の花で地下に球根があるメキシコやグアテマラ原産の多年草です。
家の近くの空き地ですが最近ここは除草剤がまかれたようで雑草が茶色く枯れている場所です。他の雑草は枯れている中茎を出し鮮やかなピンクの花を付けています。
画像

画像



雨後なので花が垂れて水玉も見えます。
画像



雄しべと雌しべがしっかりと見える花です。
画像

画像



最初は輸入されて花壇などに植えられていたのでしょうが今ではこのように雑草と混じり自生する姿のほうが多く見られる花です。球根なので上を切ってもまた茎を伸ばしいつの間にか花が咲いているのです。
屋久島では比較的多く見られる雑草花です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2018年09月10日 06:46
おはようございます。
ピンクの花びらに、黄色いおしべ---かわいいですね。
根性のある花と、記憶しておきます
屋久島ジージ
2018年09月10日 08:47
サフランモドキは除草剤にも強いということが分かりました。球根が守っているのでしょうかね。
同じように白いタマスダレも生命力の強い花ですよ、行き当たりばったりさん。