雲のある風景


屋久島は中央が山、そこから急峻な斜面があり海に続く。人間は海から山の麓の辺りの僅かな土地に家を建てて暮らしている。そんな人の住む里から見上げればいつも山がそこにある。名のある山や名も無い山いろいろである。屋久島の山は深いがそれは里からはほとんど見えない。見えるのは前岳と呼ばれている。対して見えない奥の山は奥岳と呼ばれている。
毎日のように見る前岳だがその都度景色が変わる。特に雲が掛かっていると次々と変化し見ていて飽きることはない。
私の好きな風景は前岳に雲が低く掛かっているときの姿である。
そんな風景画雨上がりのこの日も見ることが出来た。
画像

画像



ここの前岳はせいぜい500~600m程度だと思うから雲がいかに低いか分かる。
画像

画像

画像



東の端っこに尖がっているのはモッチョム岳で940mほど、その斜面が海に向かっているのが分かる。
画像

画像



右がモッチョム岳、左の雲で囲まれているのがが割石岳でモッチョムよりも500m近く高いのだがやや奥まっているので写真ではその高さの違いはみえない。
丸い輪のようになった雲間から顔をちょっとだけ出している割石岳。
画像

画像



続く山並みに白い雲が長々とかかる景色は何んとも言えません。散歩をしていてこんな景色に出会うとついカメラを向けてしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

行き当たりばったり
2018年09月14日 08:02
おはようございます。
きれいに映っています。
カメラもいいものですね
ここに登るのも、楽しみの一つ。
今夏も、多くの人が訪れたことでしょう
屋久島ジージ
2018年09月14日 17:09
雲は刻々と変化するので見ていて飽きませんよね、行き当たりばったりさん。屋久島の山々にはいつもいろいろな雲がかかっています。