白い彼岸花



過日自宅の花壇に咲いた真っ赤な彼岸花ご紹介しましたが、今度は県道を走って毎年彼岸花を咲かせている場所に行ってみました。確かここには変わった色の彼岸花があったはず。
まず目に入ったのは定番の真っ赤な花でした。ただ自宅と違って多くの花が咲いていました。
写真にある木はヒカンザクラの木で早春に咲くサクラの木です。
画像

画像



これだけの花が咲くと見ごたえがあります。
画像



で、赤の花の群生をずーっと見ていくと途中から白い彼岸花が現れました。そう、ここに来たのはこの白い彼岸花を見るためです。
画像



白い彼岸花の群生はずーっと奥まで続いていました。ものすごい本数です。
画像

画像



1頭のクロアゲハが飛んできて白い彼岸花に止まりました。
画像



赤と白の彼岸花を接写して比べてみました。赤は丸くなっているのに白は丸くなっていません。何故ですかね。
画像

画像



さらに奥を覗くと黄色の彼岸花がありましたがこちらはすでに咲き終わったようでした。残念!。
画像



この場所には「延命慈悲地蔵菩薩」というお地蔵様が祭られています。もしかしてこのお地蔵さんがいろいろな色の彼岸花を生み出しているのかもしれませんね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年09月09日 10:00
おはようございます。
白い花は、シロバナマンジュシャゲとかいう名前のようです。ヒガンバナ、かなり種類が多いようですねこれだけ数あると、見事です
屋久島ジージ
2018年09月09日 12:02
なるほど、シロバナマンジュシャゲですか、まんまの名前ですね、行き当たりばったりさん(笑)
ここの彼岸花は人が手入れしているようです。