ジョロウグモ(女郎蜘蛛)との闘い



私の毎朝の日課となっているのは?・・・
蜘蛛の巣退治です。朝食が終わった後タバコを吸いながら庭に出て庭木や家のひさしなどに張りめぐらされた蜘蛛の巣とその糸を取り除きます。朝一番で歩くと顔や手足に蜘蛛の糸が絡みついてきます。毎朝取り除いてはいるのですが翌朝になるとまた糸が張られていてイタチごっこです(><)
一番多く存在するのがこの蜘蛛です。おそらくジョロウグモ(女郎蜘蛛)だと思います。
画像

画像





見事なまでの巣作りです。綺麗な円形に巣を編み上げる技術には感心させられます。ただこの巣を支えている長い糸が見辛くて油断して歩くとよく顔とか頭にくっつきます。
画像

画像

画像




基本的に蜘蛛は益虫だとは思うのですがあまりにも数が多くやたらと糸を張りめぐらすので困ります。そこで蜘蛛さんには気の毒ですが毎朝糸を払っています。屋久島ならではの変な日課ですね(笑)




この記事へのコメント

2018年11月20日 08:23
おはようございます。
毎日払っても、翌朝にはクモの巣がいっぱい---それだけ、餌になる虫、生き物が多いということですね。虫好きには羨ましいですが、やはり、ほどほどがいいですね。
毎朝、ご苦労様です
屋久島ジージ
2018年11月20日 10:00
蜘蛛7には気の毒ですが毎朝糸を払っています。確かに蜘蛛の餌になるような昆虫はいっぱいいますね。そういえばまだアゲハチョウが飛んでいます。でも滅多に蜘蛛の巣にかかることはありませんよ、行き当たりばったりさん。